令和は楽しく、それは神様の思し召し。

シナリオ載せてます。視聴率低迷の昨今。制作会社の方、映像化しませんか?視聴率?どうなるか?それを実験企画で!ぜひ!

この三連休は出荷準備

2019-02-09 07:24:23 | 日記

なんかあいつと出会い、姑息な手でいじめられていた。

課の社員は姑息なドブネズミの味方。

不正を働く者に媚びていた。

ほかの課の人には、外面がいいから、実情はわからない。

それが、社長の手によって解放された。

ほんと、会社から退社しても休日になっても、常に頭に悪性腫瘍のように苦しめていたものが取り除かれた!

これが普通なんだろうな。

やっと健常者になれた気がする。

こう書いていても、胸糞悪くこともない。

ストレスフリーになった

今までこんな境遇の中、よく創作していたなぁ~とほんとよく書いていたよ。

とりあえず、この三連休は出荷準備と、時間が余ることはないと思うが、あまったらテレビ局に番組企画書を出す!

素人番組の究極であり、ネタの宝庫であり、スペシャル、もしくは深夜枠でやって、好評ならレギュラーにしてもいいのでは?

と思える。

居酒屋トークでの企画だったら、日がたてば覚めるけど、決して冷めない。

芸能人が飯食ったり、生活見せびらかしたり、散歩したりするのなら、こういう番組は受けると思う。

 

それにしても、朝、テレビをつけると、高速で煽り運転とか、野田で小4の女のこが大人によって、親によって虐待とか、もうわけわかんない。

なんか、同じ思いをずっとしていたせいか、こういう大人、胸糞悪い。

いじめもそうだけど、

いじめを考えたことがある。

それは義務教育の限界なのでは、と思った。

義務教育だから、「学校に来てやっている!」的な感覚があるのでは?

これが義務ではなく、無料教育にして、いじめをした生徒には警告を出し、改善されなけれが学校に来る必要なし、とその子と改善できなかった親を追放すればいい。

学校で教育といっても、先生は生徒をたたく(暴力でない叩き)こともできない。

体罰も隠しているから問題であり、生徒をたたいたら、先生は親に「こういう理由で息子さんをたたきました。以後たたかれないようにご自宅でしつけをお願いします」というようにすればいい。

親が「忙しいからしつけの時間がない」とか、あり得ない。

それで、親に代わって先生が子供を叱責したら、ペアレントモンスターになるなんてありえない。

世の中が昔と違うのだから、そこらへんも話し合って改善したほうがいい。

役所もどう対処したらいいか、判断に困るのなら、そういうのを全て責任を持つ権力機関を作ったほうがいい。

と、

朝から何かいてるんだ、的なことを書いたが、まぁ、自分のブログだし、ちょっとニュースを見て、胸糞悪いから考えを書いてみた。

さて、なんかこういうことを書くと脳がきしむんだけど、自分の境遇が解放されたのがうれしい。

「正しき者に背を向け、不正を働く者に媚びる」

その課の環境が、きっと変わる、変わってほしいと思う。

部長より権力を持ち、不正をしていた者が正され、年下の部長が課を掌握して正しいほうへ導いてくれることを、願って。

 

でも、なんか、いいなぁ~

50でいじめられてるなんて、すごく悲しいし、そんなの恥ずかしくて訴えることが出来なかったけど、人って「そんなの恥ずかしい」で声を上げないから世の中悪い方向へ進むんだね。

年齢とかプライドとか、関係なく、悲鳴を上げるときは上げないといけないんだね。

レスリングのパワハラ、アメフトのパワハラ、世間にはびこるモラハラ、

そういう目にあっていたら、そういう目にあっているということを発することを恥ずかしがることなく声を上げなければいけないんだね。

人生は、ほんと生きてる限り勉強だね。

さて、おこめも冷めたかな、

俺の大好物のさけおにぎりを握るか、

 

 

ジャンル:
きいてきいて
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 今日の「まんぷく」、なんか... | トップ | 来週の「まんぷく」は、幸せ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (地方のテレビマン)
2019-02-09 13:02:06
時々、ブログを読ませて頂いています。

職場の問題が解決されたようで何よりです。

ブログの内容が自身の仕事に少し関係のあることだったので、お節介ながら書き込みさせて頂きます。

もし、テレビ局に企画書を出すつもりならば、いわゆるキー局では無く制作会社がおすすめです。
キー局に出すとシステム上、間違い無くプロデューサーには届かないですが、制作会社ならば担当者の目に止まる可能性は数パーセントあります(個人ややり取りの無い宛名からの郵便はまず見ないので、プロデューサーの性格やタイミングなどが良いという、かなり奇跡的な確率ですが・・・)

その際には企画書にはフォーマットがあるので、ネットなどで調べて体裁を整えてからお出しになることもおすすめします。

余計な書き込み失礼しました。
良い年になることをお祈りしています。
アドバイスありがとうございます。 (みや)
2019-02-09 17:26:41
キー局に出さず、制作会社。
でも、この分では自分には制作会社も自分には大きすぎるのかもしれませんね。
放送作家事務所に出したほうが目を通してもらえる機会があるのかな・・・
一声、かけてもらうだけでいいので、それにはコスパ0円ですから、そこでなんとか、チャンスをというところなのかな。
自分の企画は、ほんとコスパはいいと思うし、何よりこすられてない分、新鮮だと思うし、と考えてはいるのですが、

参考になりました。

自分の会社の件、ほんと単純労働で固執する仕事ではないのですが、普通にお金にもアンダーグラウンドにも体力のある人なら、とっくにやめてしまう会社だと思います。
そこで「不正に媚びる」人たちにこだわる必要はないのに、そこにしがみつくしか生きるすべがない自分の非力さだと思います。
それでも、本当に不正が正されれば、変わるのは自分ではなく、不正に働く人、媚びる人なので、なんとも・・・

でも、企画書の忠告、キー局に出そうとしただけにとても参考になりました。
ありがとうございます。
Unknown (地方のテレビマン)
2019-02-09 19:26:34
お返事ありがとうございます。
気になったので、お節介ながら再度の書き込みお許し下さい。

放送作家事務所はテレビ局よりも可能性が低いので、個人的にはおすすめしません。

もし自分が一切業界とは関係の無い立場からテレビにアプローチするとすれば、企画に合った制作会社に送ると思います。
みや文明さんの企画書を知らないので何とも言えませんが、みや文明さんご自身がお好きな番組や企画案に似ていると思う番組を担当している制作会社に送ることをおすすめします(エンドロールやウィキペディアなどに出ています)。

また会社名や役職名ではなく、プロデューサーや担当作家など、個人名で送ると読まれる可能性が少し上がると思います(会社名だと事務かアシスタントが先に封を切ることが多いので、まず上の人間には見られないため)

お節介な長文失礼しました。

ありがとうございます。 (みや)
2019-02-09 20:55:42
自分は何も知らないので、企画書を出すときそのようにしようと思います。

とても参考になるので印刷させていただきました。
ありがとうございます。

少しで近づけるのなら、一声頂ける可能性のあるほうへ、だめでもともとでやってみます。

余談ですが、
フジテレビのハートブルーの制作者の方が退職されたというニュースを読みました。
内容は、ハードがたくさんできている中、ソフトは求められるので退職して勝負、のようなことが書いてありました。

ほんと、だめもとで、
もともとだめだから、ほんとだめもとで。です。

日記」カテゴリの最新記事