ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

NHK  放送記念日特番

2010-03-22 22:46:48 | 日記
「変革を迫られるマスメディア」を見て←NHKの「日本はどうなる」的なの好きです

最近、得意の見ながら書きです。←ツイッターっていうのがそれなのかな?

確かにテレビも、司会者をタレントからサラリーマンであるアナウンサーにしたり、元タレントをアナウンサーにやとったりとしている。
経営が厳しいみたいだ。
ドラマの視聴率も右肩下がりで、6%~8%の連ドラもある。
これはドラマを作っていきたい人間にとっては脅威である。
いつか、ドラマが消えてしまうのでは?と。

マスメディアは確かに淘汰の時代に来ている。
媒体として昔は、新聞、テレビ、ラジオだったが、今はパソコン(インターネット)、携帯電話とある。

音楽が良い例かも知れない。
CDが売れず、今やダウンロードの時代。

メディアの生き残りも人の生活でその生存が決まる。
あなたは、朝起きて、何をしますか?

テレビをつける人、ラジオをつける人、新聞を取りに行く人、パソコンの電源を入れる人、携帯電話を見る人、

私は、パソコンの電源を入れます。
そして、テレビかな。

新聞は経済的にもお金がないのでとっていません←ドラマを書く人間ならこれは必要だと思うんだけど・・・

バラエティも、吉本かジャニーズかの二本柱だと、どちらも受け付けない人は見ないだろう。

ドラマは3Dにして面白いドラマが生き残るドラマかも知れない。
すると会話劇はあまり受け入れられないかも知れない。
「ジョーズ」の3Dとか見てみたいけど、トーク番組の3Dはどうも・・・
エロの3Dは男性なら興味があるし、グラビアアイドルもいち早く3Dにして面白い、ポーズとかショットを編み出した人が生き残るのかな?

まだ3Dは、テレビが普及されてないだけに早いかも知れないが、映画の世界はすでに3Dになりつつある。
アバターがそれを物語っている。

トーク番組、会話劇は淘汰されるだろう、たぶん。

「アバター」もこれは、はじまりでしかなく、それを越えるモンスター級のドラマが出てくるだろう。

淘汰されるドラマは何か?
モンスターは何か?

そんなことを考えるのもいいかな



ほんと、まぁ、こんな三連休もありかな


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« NHKドラマ | トップ | 第二回TBSドラマ原作大賞作「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これからのドラマ (2区)
2010-03-23 22:05:25
どうも。
面白そうな話なので、レスさせていただきます。
「アバター」の大ヒットで、これから3D映画、さらにはドラマが続々と
出てくるだろうことには異論がありません。実際、「アリスの不思議な国」
とかもう出来てるみたいだし。
ただ、個人的には、そんな流れ(流行?)もすぐに治まると思っています。
以前、「ジュラシックパーク」を観て、「うおっ!スゲェ!着ぐるみでも
マペットでもなく、こんなのがCGで映像に出来ちゃうんだ。これじゃ、近
い将来、すべてCGの映画ばかりになっちゃうんじゃないか?もうギャラの
高い俳優なんかいらないだろ、この先。」なんて思ったものです…。

が、実際は違いました。あれから十年以上も経ってるのに。
CGはあくまで映画を盛り上げる要素、脇役のままであり、主役はやっぱり
生身の人間でした・・・。

で、3Dの恩恵を一番受けるのは、ゲーム業界だと思います。CGの時と同様に。

むしろ、この先、ドラマ書きにとって脅威となるのは、おそらくプログラミング
・ストーリーだと思います。
そんな名前のものが実際あるかどうか知りませんが、近い将来、例えば泣ける話とか
笑える話などが、プログラム・ソフトにより、簡単に作ることの出来る日が来ると
思います。
つまり、誰でも考え付くようなパターン化したストーリーは、わざわざ人間が考える
までもない、プログラミング・ストーリーだということです。それは、コンピュータ
ーが自動的に作り出すことなど、実に容易なことだと思うのです。
間違いなくヒットする映画やドラマを作るためには、スポンサーは、より確実性の高い、
プログラミング・ソフトのストーリーを選ぶことになるでしょう。
作家の創造力ほどあてにならないものはないですから・・・。

だから、これからシナリオを書いていこうとする人間は、かなりのオリジナリティな能力、
誰にもまねの出来ない、新鮮な作品を産み出す能力が必要とされているように思います。

まぁ、かなりハードルの高い話ですが・・・。
2区さん、こんにちは (みや文明)
2010-03-24 00:00:19
ジェラシックパークは衝撃でしたね!
私はその頃、知り合いに劇団員の人と知り合い、演劇をよく見に行きました。
新宿梁山泊、善人会議(現在、扉座)、唐十郎の赤テントなどよく見に行きました。
熱海殺人事件も紀伊国屋で千円でやっている時見ましたが、
ジェラシックパークを見たとき、自分の中の演劇熱というものを全て踏みつぶしてしまいました
値段といい、あの迫力といい、確かに3Dが全てにはならないでしょう。

確かにゲームは3Dにはもってこいでしょうね。
自分はゲームはしませんが、モンスターハンターとかいうのを3Dでやったら凄いでしょうね。
任天堂のウィも3Dだと凄いでしょうね。

プログラミングソフトの前に、自分は台本は書いて、それを演じさせることが出来るソフトが出たら、誰でも簡単にドラマが作れて、ブログで連ドラを文章ではなく、映像で魅されれるようになったら、自分はいいなぁ~と思っています。
それが、携帯電話でも見れたら、テレビドラマと対決も出来るし、パロディを作る人も出来るし、世界は広がるような気がします。

3Dで思ったのは、世界遺産とかやったら、面白いな、と思いました←行った気分が味わえるかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事