令和は楽しく、それは神様の思し召し。

シナリオ載せてます。視聴率低迷の昨今。制作会社の方、映像化しませんか?視聴率?どうなるか?それを実験企画で!ぜひ!

TBS連ドラ大賞、応募しました

2015-08-14 22:28:08 | 日記


シナリオは、たいした書けなかったかな

まぁ、今回はある意味、悔いなしじゃないかな

それに、夏休みも失敗で終わるところ、まぁ、なんとか応募したんだから、それはそれで良しかな

次は、小説だ!

テレ朝、来年のヤンシナは、リトライかな、

でも、それでほんとシナリオ人生は最後になるかな

気が付けば、ほんと三十年

家が貧乏で、17才のとき、ジュールベルヌの「皇帝の密使」というラジオドラマと出会い、

創作人生はそこからはじまった。

漫画も小説もテレビドラマも知らない。

ほんと唯一アニメだけだったかな←母が病気になったとし、19才までテレビ八時以降見れなかったから

ほんと貧乏から抜け出すために、はじまったんだ。

そして、母が病気になって、吉報と、いつか母を、おばあちゃんがなくなった時、会いに行けなかったから、

マイクロバスに医者を連れて、田舎にお墓参りさせたい、と思うも、

何一つ親孝行できず、26年の闘病生活の末、亡くしてしまった。

そして、今も実家に、何一つ吉報をもってくることが出来ず、気が付けばほんと三十年過ぎたよ。

貧乏から抜けるために、夢をもってはじめて、結局、今年47才になるのに、手取り19万、貯金ゼロ、湿気っているアパートぐらし、

ほんと、浦島太郎はまだ竜宮城で夢のような生活をしたけど、

俺は、この世で、面白いドラマを作るんだ!と挑んで、結果何もできず、

負けたと思えない負けも、俺に未練を残し続け、チャンスがあると勝手に思い込んだ結果なのかな。

でも、それも人生なのかなぁ~

まぁ、親孝行できないのは残念だけど、俺としては、ほんとコナミでレスミルズやって楽しんで、そして、なんか面白いドラマ見たり、かけたりしたら、

それでいいのかな・・・

「あのとき」

というときは、ほんといくらでもあった。

でも、足かせも多かったなぁ~

まぁ、これからは小説家というより、ほんと「これみたい!」「いいもの作った!」と胸張って言える作品を作れればいいかな。

世間で認められずとも、誰かが読んで、「お!おもろい」と言ってくれる人がいれば、それでいいのかな。

もう、人生も悟りの境地というか、そうなのかもしれん。

と、

まぁ、これでシナリオとは、ほぼ縁を切った形になる。

これからは、新しいアプローチで、おもろいモノを書く。

ただ、欠点は、美味しい天ぷらも揚げるコツがあって、コツさえわかれば、あとはフランチャイズ、チェーン展開出来るってところに、

なんか面白味がない、と思うところかな。

でも、これをめっちゃ書きたいというのを、構築していって、なんとか今年中にめどが立ったらいいかなぁ~

ただ、俺の弱点としていろいろあるけど、安易なんだよねぇ

ある意味、ちゃっちぃのかな~

でも、

この夏休み、一区切りつけたし、日曜日はボディコンバットにボディアタック、楽しみにしているアニメ、アルスラーン戦記がある

それに九月はシルバーウィークもある


まぁ、面白いの、作っていこう。

とりあえず、TBS、終わった





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 夏休みのおすすめ、映画編 | トップ | そろそろ作品作りに向けて、... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事