令和は楽しく、それは神様の思し召し。

シナリオ載せてます。視聴率低迷の昨今。制作会社の方、映像化しませんか?視聴率?どうなるか?それを実験企画で!ぜひ!

2010年の総括

2010-12-30 07:38:10 | 日記
どうも眠りが浅い

本日は、みや文明の誕生日なんだ
でも、くれに生まれると年代の感覚がなくなるんだよね。
というのは、まぁ、もう年もバレバレ←携帯で見ると生まれた日がのってるし、本にものってるからなぁ
42才になったんやけど、それは今日なったわけで、今日と明日の大晦日を過ごすと来年は43になるわけよ。
すなわち、正月になったら、
「今年で43になるのか」
と思うわけよ。
しかし、43になるには、12月30日まで待たんといかんし、なったらなったで二日間だけ43才気分で年を開ければ、
「お、今年で44才か」
となるわけよ。

もうごっちゃごちゃです

まぁ、42才になっちゃったよ

それは兎も角、まず12月の総括として、

「作品を書いた」

これは大きい、しかも、みや文明の中では今のところ、NO1かな、

「ん!?」

9月に書いたのも確かNO1といっていたなぁ

まぁ、今回書いたのは、みや文明第二期のはじまりとしての作品であり、第二期第一作なのでNO1なのかな
でも、もう、落ちても、書いた作品に関しては満足と言えるようになっていることは間違いないですな
けど、あかんのも書くよ。
即興系はあかんのが多い!←第一期はまさにこれ、第二期はテクニックが融合されている

12月は作品を書いたことはいいが、会社で仕事が出来る出来ない以前にそれ人としておかしいだろ、というおっさんに絡まれた

もっと条件良くならんかなぁ~
別に高望みをしてるわけじゃないんだけどなぁ~

でも、今年は全体的にはそうだったのか、色々ありました、もがきました。
最大のもがき、八月に本を出すまでは、校正が多くて、大変でした。

0勝20年敗の男
みや文明
文芸社

このアイテムの詳細を見る


編集の人に、
「重箱の隅をつつくような、感じです」
と言われたかな。
でも、自分の誤字脱字や色々、
「こりゃ、俺には見えんなぁ」
と思った。

そして、創作的には、この本を出すことで、みや文明のキャラというのが改めてわかった感じがした。
ある意味、自己分析になったのかな、

そして、次なる山は九月に来たのかな?
リアルドキュメント「文明は何処へ」です。
小説にするときは「悪徳大家」になるまさにモデルというか実体験ですな。

もしかしたら、今年一番の作品かも
それぐらい、山あり谷あり、ネズミありだったかな
仲介屋のリフォーム会社の社長との精神戦
仲介のリフォーム会社の社長の名言、俺にはなった電話で口論しているときの一言、

「お金が欲しいんだろ!」

「畜生!」

小説にするときは、スーパー弁護士、堀北真希さんイメージの弁護士が、
「あなたはバカよ!」
といわれる。

でも、これがもしかしたら今年の一番の出来事だったのかも知れない。
それで14年間いたアパートを引っ越した。

引っ越し前、



引っ越し後、



引っ越し前の風呂、シャワーだけだった。


引っ越し後、東京に出てきてはじめて、おうちで湯に浸かれる身分になりました
バスタイムを手に入れる。


お、はじに黄色いのがあるが、これがスキューバの人も使う水中でも使えるマグネットメモ板です。
お風呂はけっこう、考え事したりして、ネタが浮かんだり、色々浮かぶので、忘れようにかいているのです。

そう、今年はバスタイムが手に入ったのだ。

ほんと引っ越し前のアパートは汚かった。





大家がアパートそっちのけで、別荘に行っちゃう人だったから、
しかもネズミが出ても全く顔を出さない。

俺はその人を、ただ、更新料がなしにしてくれただけで、いい人呼ばわりしていたんだから、アホだったわ

これが、2010年最大の出来事、いや、本を出したのが最大かな、
プロへのチャンスを求めて出した。
ドラマ制作会社にもデモテープのつもりで送った。
けど、チャンスは手に入らなかった

でも、名もなき無名戦士の本は、国会図書館に残る。
まぁ、誰かは買って見てくれたかもしれない。
そりゃ、水嶋ヒロさんのようにはならんけど、10冊は人の手に触れて読まれたかな、そう思いたいな

創作的には、自分のカラーを追い求めたのが28才ぐらいじゃないかな?
そのころだと思う。
やっとカラーが手に入ったのかも知れない。
だから、「らぶコメ」で第一期終了と言い切ることが出来た。
けど12月に作ったのが第二期で、9月、テレ朝の11月の2作品は、どっちかというと第一期にあたるかな、というか、今あるネタはほとんどが第一期時代のもので、それにテクニックをくわえているに過ぎない、けど第二期だな。

みや文明の本、「0勝20年敗の男」を出したことと、
ネズミ騒動引っ越し戦争のリアルドキュメント「文明は何処へ」での引っ越し、
そして、みや文明創作、第一期終了し第二期に突入

この三本ですね

引っ越しは前より安いのに、実に良いところに来た
なんてったって、湯に浸かれる、バスタイムを手に入れた
そして、俺の精神的支柱、上板橋体育館の近くに引っ越して来た
雨の日でも歩いていける距離
それが嬉しい

それが俺の2010年だったかな。
来年の抱負は元旦にでも書きます、暇だから

こんなブログにおつきあいしてくれて、ありがとうございました
来年はご多幸の多い年になったらいいなぁ

それとも、ゴタゴタの多い年かな
まぁ、あの会社にいる限りは

でも、がんばります


ちなみに、
来年は、凄いセクシーでボッキュンボ~ンの女性に、

「私がほしいんでしょ」

と言われたい。

「お金よりも、私がほしんでしょ」

みや文明、
「ぜひ」


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ヤンシナ大賞作「さよならロ... | トップ | 2011年は、ぜひ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事