ダメでもともと!

面白いドラマを書けば、波紋は広がる、派生していく。まずは「一声」、自分から動かないと何も始まらない。

お台場を知る。

2018-09-15 20:20:12 | 東京探訪

本日、お台場に行ってきた。

池袋から埼京線で行けるんだね。

途中から、りんかい線になるのだが、お台場を非常に近く感じた。

そして、東京テレポート駅?

フジテレビが出来たころに一回行っただけだから、ほんと何もなかったのに、いろいろある。

まず、ダイバーシティに行ってみた。

そこにガンダムがあるとのこと。

ちょうど下調べで12時に動くとか、しかし、到着したのは12時過ぎで、なんも動いてなかった・・・

それから、小腹がすいていたので、会社の将軍様に、ごきげんとりも含めて、へりくだって聞いた

なんでも天丼がおいしいと、

ダイバーシティは行ってしまえばショッピングモールでそれ自体はなんていうこともない。

七階にラウンドワンがあるから、友達と行って遊ぶにはいい。

でも、近場にあるのならなにもお台場に行かなくてもいいのかな、とも思ったが、まぁ、デートや遊びならお台場に行きたいでしょう

結構、ラウンドワンは人も入っていた感じがした。

上に下に言った末に、天丼は二階のフードコートにあることを知った。

「お店ではなく、フードコートなんだ」と思った。

天丼や有名店らしい。

せっかく行ったし、先週、落選してなんもおいしいものを食べてないというか正直、落選ショックより会社のストレスもひどく体重もほんとダイエットした以来かな、71キロ代に落ちた。

出てきた天丼はどんぶりはさほど大きくなく、エビも小さかった・・・

なんか、コストパフォーマンスとか考えちゃって、ダイバーシティの場所代(家賃)とか考えるとこの値段になっちゃうのかな、と思った。

てんぷらはてんやとスーパーの天丼と池袋のフジという天丼しか食べたことないが、池袋の方が正直リーズナブルで美味しいと思った。

が、まぁ、場所や雰囲気を味わうものなのかな、

なんかほんと人が多くて、普段でさえ池袋に出ると、それを町に出ると行ってしまうのだが、ほんと人が多くて、通勤列車の帰り電車に乗ると、人の多さに、「ちょっと」と思ってしまうのだが、本日はそんなもんじゃなかった

お台場は本日三日間イベントの初日、たしかウルトラジャパンというダンスフェスがあるらしい。

だから、なんかへそ出しの女性や、はっぴ来ている人や、なんかさらし?巻いてる人もいた。

トランスミュージックなのかな・・・

まぁ、とりあえず、ダイバーシティで腹ごしらえして、ちょっとフジテレビに行ってみようと思ってフジに行った。

行って思ったね。

「本当は、受章者としてここに来たかった」と、

とりあえず、フジのショップを見て、球体展望台「はちたま」に行ってみた。

まだ小雨が降っていて天気は悪いのだが、せっかくフジに来たし、ちょっと行こうと思って、550円のチケットを買って球体展望台へ行った。

昔、来たときはもっと広いと思ったのだが、案外狭い気がした。

それでもなんかボルダリングとヘディングで卓球をするようなスポーツが有料でできるが、俺は一人だったのでやらず、二人でもやらないと思うが、とりあえず、球体から見える景色を見た。

眼下に自由の女神が見えたので、そこも行こうと思った。

天気が良ければ、だったかな、

それから帰りは球体から一階降りると、めざましテレビのセット(レプリカ)があった。

球体の受付嬢も可愛い人だったが、めざましの受付嬢も可愛い人だった。

そこで思った。

「やっぱアイドルとかタレントとか、そういう仕事をしたい人が働いているのかな?」

でも、だからといって、フジテレビでそういう形で働いて果たして楽しいのだろうか?

とも思った。

まぁ、その人がそれでよしといえば、それでいいと思う。

人の意思は尊重されるもので他人がとやかく言うことではない。

でも、ちょっと聞きたかった。

「テレビ業界を目指しているのですか?」と、

でも、まぁ、おっちゃんがそんな不躾な質問をするのは失礼。

でも、それはそれでなんかドラマのキャラクターにも使えなくはない。

なんか、フジで石田ゆり子と天海祐希のスナック「あけぼの橋」というたまにやるバラエティがあったが、俺はなんとなく、スナック「未練」を頭の中でこさえてしまった。

テレビ局に来る人に、少なからずアイドルになりたかった、タレントになりたかった、スターになりたかった、という人が何か、何か、何かはわからんがほんと何か、一抹の思いを秘めてテレビ局に来ても決して不思議ではないと思う。

少なくとも、本日、球体に行った客の一人はその想いをもっていた。

そして、その渡り廊下ぐるりと回れるのだが、シートもあってゆっくり出来るんだよね。

そこが一番居心地が良かった。

喧騒を離れて、静かにのんびりできる。

のんびり海を見ていたかな、そして、ここで合評やってもありかな、とも思ったがまぁ、それはTPO的にあかんか、と、

でも、なんかヤンシナ応募作出来たら、ちょっとここに持ってきて、シート(ソファ)において、写真撮りたいかな、と思ったかな。

そして、エレベータに乗って降りた。

そこでも大学生のバイトなのかな、エレベータボーイをしていたが、

「やっぱやりたい仕事ではないだろうな・・・」とつい思ってしまう。

そんなことなら、男の子も女の子もドラマのエキストラや死体役の方がやりたいだろうな、と思ってしまう。

が、それは余計なお世話かな

でも、やりたい仕事をやること以外、幸せを感じれないのかな、と思った。

そう思ったのは、自由の女神を見に海の方にいって、「あ、自由の女神だ」←どうも見物して楽しむというのがいまいちへたくそなのかな

そこから海に降りようとデッキ通路を歩いていくと、男二人に女一人の若人が、撮影っぽい話をしていた。

確かにお台場は撮影にはいろいろあるからいいだろう。

海もあるし、レインボーブリッジもある。

「こういうのをやっていた楽しいことじゃないかな」

第二の「カメラを止めるな!」を目指してもいいと思う。

そして、お台場の海に、

つい魚影をさがしてしまう。

いた、チヌ(クロダイ)が、

そして、水上船があったので、今度来たとき乗るかもしれないので、どういうものなのか聞いたら、周遊するのではなく、お台場から浅草とかに行けるんだね。

値段は会社によって違うが、1000円弱から1400円弱かな、

そして、浜辺をあるいてまたフジへ行こうとしたら、ちょうどヒルトンホテルで結婚式をしていて、鐘をならしていたなぁ~

なんか、いいもの見た

「人の門出は祝うもの」

なんかまじかで二人の女性も観てたけど、なんかはしゃいでいたな

なんか、いいなぁ~、

和む

そして、フジを見て、「また作品を作ったらここに来る」と思って、ダイバーシティのガンダムを見て←変形している姿を見た。

その隣で行われるウルトラジャパンには人が増え始めていた。

まぁ、でも思ったのが、ダイバーシティでもそうだったが、モデルのような人や、アイドルのような人、そう思ってもおかしくない人がいたなぁ~

いるところにはいるもんだ

なんか沢尻エリカさんっぽい人もいて、「顔小さいな!」と思ったら、彼氏も顔が小さかった。

こりゃ、アイドルみたいなもんなんだろうな。

そして、ウルトラジャパンに続々とおそろいのコーデで来る女性たちを見て、思わず思った。

「マブイ!」

その言葉が思わず出たことに、自分自身衝撃!

「マブイ」なんて思ったことないんじゃないか?と、

そして、ビーナスフォートに行った。

大観覧車が見えたのでちょっといくらぐらいなのか見たかった。

千円だったのには驚いた。

案外安い。

そして、ビーナスフォートではイベントでタイの現地の人の踊りをムキムキの日本人が踊って盛り上がっていた。

 

楽しみ方は人それぞれ。

お台場にショッピングに来る人もいると思うし、俺はやっぱフジテレビかな、

あとはダイバーシティのとなりの野外ライブが出来るスペースでの催しだろうな。

みんなそれが目当てなのかな。

 

でも、フジにいって、球体から一階おりた通路で、ふとトイレが目に入った。

なんていうのかな、ここフジテレビに何か、自分の何かを残したいという思いはあった。

そんな気持ちと尿意がリンクして、思わずトイレに入ってしまった。

もう、犬じゃないんだから!

でも、多くの人が夢を見て、去っていくのかな、

ほんと砂丘であるはずもないダイヤを探すようなもの。

そのダイヤは誰かがなくした、置いていったダイヤ、それを探せ、というものなのかもしれない。

 

でも、もっとバイタリティが必要なのかな、とも思った。

来週の三連休はテレ朝と新国立美術館を見に行ってもいいかな(距離が近ければ)

 

でも、良かったと思う。

なんか人をたくさん見ることで、ほんと東京に住んでいておかしいが、いろんな人がたくさんいるから、なんか今書いているテレ朝のシナリオも少し手直しした方がいいのかな、と人を見て、ふと思った。

でも、昨日、やっちまったヘルニア再発、ほぼ決定が結構痛んだなぁ

去年の五月から始まってもう一年は過ぎてるのに、これで再発二回目、三月?そして、九月・・・

悪いことは立て続けに起こるが、いいことっていうのはおこらんなぁ~

 

でも、ちょっともがいてみよう!

「ダメでもともと!」

それが必要!

 

でも、テレ朝、シナリオ、もう一山越せば、あとは楽だ!

 

それにしてもヘルニアの再発は辛いなぁ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 東京 | トップ | 自己陶酔と客観的視線。 »
最近の画像もっと見る

東京探訪」カテゴリの最新記事