ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

第四十九回「新天地」

2010-10-23 01:15:48 | リアルドキュメント「文明は何処へ」
21日、木曜日、仏滅、小雨の降る中、引っ越ししました。
仲介の社長は、朝来て引っ越し屋にお金を払うはずだったのだが、前日に「昼頃に行くから立て替えといて」といってきたので、まぁ、そうだろうと思った。

そして、引っ越しして、それから仲介の社長さんが来た。
俺はてっきり、大家の印鑑が教えてある明け渡し契約書をもってくるものかと思ったが、大家の印鑑はなく、まずは立て替えた引っ越し代をもらった。
そして、その場で仲介の社長さんは、明け渡しと引き替えの金額を20万と書いた。
実際はそんな額ではない。
しかし、仲介の社長さんがいうには、まだ一、二年、部屋を貸すので、畳とか買えるのに敷金を当てるのだがないから、その分も含めて、20万明け渡し金としましょう、と言ってきた。

ここで疑問に思ったのは、三世帯あるうち、二世帯は来年一月で契約が切れて結ばない、だから、契約が大家と直接の俺は契約切れがないから立ち退いてくれとそれを言いに来たのではないのか?
修繕したらネズミ駆除に20万近い金がかかるから、立ち退いてもらった方がいいと、

なのに、たたみ直して1、2年貸す?
それじゃ、残り二世帯だって一月で契約が切れて結ばないなんてことはしないだろう。

そして、契約した際に不動産の社長さんが、東京都の賃貸紛争防止条例というのを話してくれて、生活で痛んだり汚れたものに関しては大家さん持ち、とのこと。
借り主持ちはペットとかたばこで黄色になったとか、そういうのだと聞いたが・・・
畳の傷みは生活すれば痛むだろう・・・

どうも仲介の社長さんのいうことは理解できないが、別に反論もしなかった。
こんなところで話がこじれるのはイヤだったし、精神的にかなり疲れていたのもあるし・・・
けど、宅建ももってないから契約書というのに、わたしは無知だ。
その無知を突かれたのだ・・・
俺が20万請求したようになったが、それもまた自分の懐に入れるため、また、もめればもめたで俺を悪人にすれば、大家の心証は良くなるのかな・・・
まぁ、疑心は尽きない。

しかし、新しい住まいに来たのだ。
ほんと今までより三千円安いのだが、ランクアップも桁が一桁も二桁も違うランクアップだ!
まず、駅に近い。
商店街やスーパーが充実している、
精神的支柱の体育館が近い。
行列の出来るラーメンやも近い。
駐車場も変わる予定だが住まいのすぐそばになる。
そして、リサイクルショップがあって、それがいい。
本日も、粗大ゴミ(有料)かな、と思っていたガスファンヒーターをもっていったら、千円になった。
ただでも引き取ってくれればと思ったのに、
そして、着ていない服やPS2(これは無料で引き取るといっていた、分厚い旧式なので)も金になるものは金になって1300円ぐらいになった。

ただ、ガスエアコンが壊れているのでこれを直してもらえれば、ほんと嬉しい限りですわ





なんか、ドラマっぽい部屋だなぁ~

明日は、お風呂の浴槽に湯をためてバスクリンをいれて入ってみるつもり

東京に出てきてシャワーは使えたが湯につかるのは銭湯だっただけに、東京ぐらし20年強してきてが、やっとここまで来ました

でも、ずっとボロというか、なじんでいたので、ホームシックじゃないけど、なんか他人の家という感じです

まぁ、フローリングは掃除しやすいからいいんだけど、俺、畳好きだからなぁ~

でも、もうヘンなことはないでしょう。
仲介の人に新居を知られたのは辛かったが、大家には言わないといっていた。
まぁ、天秤にかけてるのかな・・・
でも、ほんと疲れたし、これから創作しなくちゃいかん。

まぁ、前向きに行きたい。
けど、ネズミ屋敷からは出たが、大人げない大人がいる会社はある。

こないだも口論になった。
色々分けわかんないのがいるわけで・・・
「お前、相当金もってるだろう」
とか、言いがかりをつけられて
ずっとフリーターしてきて、無職時代もあって、手取り17万、残業30時間してやっと20万行くのに、どうしてお金が貯まるんだよ!
車だってあるし駐車場代だってあるんだぞ!


まぁ、シナリオ書いて、切なくて愛おしいドラマを書いたら、地方で農業系でいいから、なんとか仕事を探したい、将来自活出来る技術を身につけたいし、自給自足しながら娯楽ドラマを書き続けていけたらいいかな、
そりゃ、プロにはなりたいし、負けるつもりはない、
けど、一次も通らん

ドラマの番宣が流れているが、イマイチ、コメディ要素が入っているせいか、どうも緊迫感や緊張感がない、しまりがないんだよな。
シリアスだからといって緊迫感や緊張感があるわけでもない、そこにはテクニックがある。

まぁ、今回の騒動で、自分の学びしものを忘れてしまったので思い出さなくてはいかん。
勉強しなおさないと、
11月のテレ朝にもちょっとチャレンジしたいかな。

このリアルドキュメント「文明は何処へ」は、とりあえず、というか、もう終わりでしょう。
これ以上引っ張られたくないし、けど、ドラマはあったね。
学ぶべきことも多かった。

ちなみに引っ越しで実用的な考えは、
たとえば、これ使うかも知れない、と思いとっておこうとするとき、こう思いなさい。

「いつか使う、いつか読む、いつか見る」

これは、絶対使わない、読まない、見ない、と思ってもいいと思う。
そして、備蓄は一週間分まで、が目安。
一つ増えたら二つ減らすぐらいがいい。
兎に角、身軽にして前に進んでいきたい。

ちなみに、わたしの部屋は一番安いのだが、東京ガスの人が来たとき、この部屋でガスを使うのは五年ぶりですね、といっていた。

「五年間、いなかったのか?なんで?」

さて、11月のテレ朝に向けて、テーマを自己流に解釈した方法があるので、それを試してみたいかな。
10月はちょっと独学で学びしものを、読み直さないといかんな。

さて、がんばるゾ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第四十八回「疑心の海」 | トップ | これ以上ない心機一転の朝かな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リアルドキュメント「文明は何処へ」」カテゴリの最新記事