大志を抱いて駆け抜けろ!

シナリオ載せてます。制作会社の方、映像化しませんか?低予算で作れると思いますよ!漫画、アニメのコラボもぜひ!一声!

平成の終わりに、

2019-04-30 18:04:05 | 日記

平成も本日、最後。

実家に帰省し、平成最後、そして、令和を実家で迎える。

いや、また何もないゴールデンウィークを、吉報一つ持ち帰ることが出来ない不甲斐なさを感じている。

そして思った。

シナリオは、ほんと年齢ないし、そこで引っかかると完璧にアウト。

そして、チャンスも少ない。

少なからず、小説の方が公募も多いし、小説投稿サイトもある。

シナリオをブログで公開しても、なんのチャンスもないし、まぁ、読まれない

という俺も人のシナリオを読もうとはしない。

受賞作品でさえ、一ページ読んでなんとなく・・・で終わる。

まぁ、それは仕方ない。

テレビドラマでさえ10秒持たないときもあるのだから・・・←ヤフー感想調べによると、月9はよくなってきたとあったなぁ~、上昇気流を描くのか?おそらく今週か来週のフジの週刊フジテレビ批評は今期はじまったドラマ放談だと思う。おそらく「昨日何食べた?」を押すコメンテイターが多い気がする。見たことないけど、前回の「ぼろ宿紀行」を押していて、俺も見たけど、ドラマとしてはなんもないという感じ・・・

 

というか、令和というか、今は、出来れば八月締めの野生時代、ないし、ボイルドエッグに出す。

原稿用紙も200枚と、シナリオが50枚なのだから、全然書けない枚数ではない。

ただ思った!

いきなり、1行目から200枚は無理だろう。

家だって、建てるのに、土台はしっかり作るが、一階を作って二階とはいかない。

そりゃ、スカイツリーは一段一段作っていったが、平屋建てを作ってから、次二階を作るか、とはいかない。

いきなり、1行目から小説のディティール?

本屋大賞を受賞した「そして、バトンは渡された」を立ち読みで1ページみたけど、はじめ、母らしき人が娘のために、大事な日に、朝食をつくるところから始まっていた。

ドラマとしては、必要で繊細な部分だが、ラジオドラマとかやと、そんな朝飯作るけど、そこに時間はさけん!

ナレをかぶせて話を進ませる。

となる。

俺に出来ることはシナリオなら、環境さえよければなんの苦も無く書ける。←というか、いい環境なんて一度もないけど・・・

とりあえず、昨日も図書館でネタを弄って、三つに絞ったネタの中でさらに絞ってみた。

それを、ちょっとシナリオに、

いや、シナリオプロットといったほうがいい。

まず、シナリオで、そうだなぁ~百枚ぐらいかけたら、それにディティールという肉を肉付けしていけばいい。

よく、小説家がシナリオの勉強をした。

というか、これはシナリオをプロットに、一番書きたいところをプロットにして、それに地の文をつけていく形をとっているのかな?

でも、ちょっとハードなネタを考えると、ちょっとほっこりしたいネタのドラマで自分を癒したい気分にもなる。

出来れば、ハードな方はなんかネタとして出したが、ほっこりモードになれるソフトネタをちょっと考えていきたいかな。

その二つを天秤にして、作れたらいいのかな。

そうこのゴールデンウィーク、シナリオプロット作り始めが出来たらいいかな。

 

安倍総理の言葉じゃないが、「一人一人が花を咲かせられる、そんな時代が令和」

 

シナリオプロットから、

一話完結でない分、テレビドラマ向きではないし、俺の影響を受けたというか、雷鳴轟いたドラマは一話完結ではない。

シナリオプロットからの肉付けし~の、小説、

それが一番俺にあってると思う。

それにチャンスが多いのが小説なら、

勿論、レベルはシナリオの比ではない・・・

なぜなら、今のシナリオがほとんど小説、漫画の原作ありきだから、

そういえば、NHKで「進撃の巨人」がやっていた。

諌山さんって三十歳になったばかり?

こういう人を天才というのかな。

「俺のスカート~」は24歳?

ん~。

野島伸司さんのような時代の寵児になるには、なかなか難しいものがあるなぁ~

今後の活躍に期待しましょう。

 

果たして令和はどんな天才が出てくるのだろうか・・・

でも、スポーツでは十代の天才が出てくるけど、ドラマって運動神経とは100%違うと思うけどなぁ~

 

令和に一人一人の花が咲くように、幸せが訪れるように、

 

ちょっと軽く天秤になるように、ソフトネタを考えてみるか、ソフトネタは遊びでいいんだ。

 

 

この記事についてブログを書く
« 惜しい! | トップ | ゼロよりイチ。 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事