ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

第19回テレビ朝日新人シナリオ大賞オリジナル配信ドラマ部門「初恋島」 人物表

2019-03-11 18:20:06 | テレ朝落選作「初恋島」

人物表

 

笹原ひとみ(25)(5・15・18・20)

笹原尚登(25)(5・15・18・20)

 

老師(80)

飯塚良樹(28)

安田丈治(30)

牧野祐介(30)

牧野萌絵(32)

 

藤谷美香(23)

 

今井卓(35)

 

この「初恋島」は、2018年9月に書いた作品。

正直、「初恋」は、初めての恋、初恋というと中学ぐらい、もしくはちょっとSFチックにするなら、眠り姫みたいに、植物人間というの暗くなるけど、どこも悪くないのに眠り続ける奇病にかかった少女が突然、目覚めた、から始まる恋というのも・・・

そこでふと最近振り返って考えたのは、たとえば、俺の年代での未婚率って高い、から、ふと思ったのが、なんらかの形で「初恋の人と結婚しなければ死刑」、たとえば政府がらみとか、考えても見た。

なら、「最後の恋」は、なんとなく余命いくばくもない中での恋、もしくは死んでしまう、「大恋愛」のように、

「初恋と最後の恋」主人公にとって初恋も相手は余命いくばくもないなら、たとえば少年にとっては初恋だが、すくなった相手にとっては嫁いなく最後の恋になり、そこに年の差があり、戸惑いながらも進んでいくドラマとか、

どうにも、やはりネタがこすられすぎ、というのが、俺の中で飽きがあった。

そこで、テレ朝のコンクールの文言に、(テレ朝からコピペ)

【作品テーマ】
A)「初恋」 B) 「最後の恋」 C)「初恋&最後の恋」

*上記テーマを1つ選択の上、そのテーマに沿ったドラマ作品にてご応募ください。テーマの解釈は自由です。

の、「テーマの解釈は自由」で、自由というか、ありがちかもしれないが、自分なりにそのとき思って書いたのが「初恋島」

2018年の新作になった。

「万華鏡」を読んだ二人に読んでもらったら、「万華鏡より面白い」とは言ってくれたが、「テレビドラマ向きではないのでは?」と言われた。

だから、ネット配信ではないのかなぁ~という点から、オリジナル配信ドラマ部門に応募した。

 

「あの頃の~」は、面白いと思った人はいるのかなぁ~

ほんと技術らしい技術もなく、ただ流して、それなりにまとめたっていう感じのエンターティメント性がないドラマ。

読んでもらっている読書家さんは、「読んだ作品の中で一番悪い!」と切られ、もう一人の人は、「こういうドラマ、アンビリバボー的なものでありそうでよね」と言われて、まぁ、評価は「初恋島」に軍配が上がった。

けど、一次落ちなんだよね。

理由は解釈からくる素材の扱い方だろうな。

とても10代にはちょっとよろしくないだろう。

けど、エッチなシーンが出てくるわけではないのだが、それを匂わせるものはあるというか、そういう解釈をしたから、

軸、テーマが嫌われたということかな。

一応、全七回と刻んだが、まぁ、読まれるものでもないので、というか、シナリオは読めんよ!

だからといって、これを小説にしたいとは思わない。

もう自己陶酔を作るに向けて、昨日から書き出している。

 

楽しんでもらえれば、幸いです。

テレ朝は四月上旬に結果発表とあるから、どんなドラマなのか?

範疇か、別次元からのアプローチを見せてくれるのか、

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 第19回テレビ朝日新人シナリ... | トップ | 第19回テレビ朝日新人シナリ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆな)
2019-03-11 19:25:59
読みましたー

正直、会社の方から不評だったのも納得です。
というか、ストーリーの意味もラストもよく分からなかった…

辛辣なコメントですが、すみません。
読んだからには何かコメントをと絞り出しました。
感想、ありがとうございます。 (みや)
2019-03-11 19:48:03
なるほど、不評だった理由がわからなかったので、そういうことだったんだなぁ、と痛感。
「初恋島」ももし読んだら感想ください。
一次落ちだし、もう自分の中では終わったものなので、忌憚のない感想を、
おそらく、解釈の素材の扱いに異を唱えるとは思いますが・・・
でも、読んでもらった人、二人は面白かったといっていたので。

とりあえず、デトックス(公開)は「初恋島」の後はヤンシナ結果、NHK応募結果次第ないので。
Unknown (ゆな)
2019-03-17 19:11:12
最新話読みました➰
一つ思ったのは、会社の読書家さんに過去のみや文明さんの作品を読んでもらったら、何かしらヒントがあるのではと思いました。
というのも、昔の作品の方がみや文明さんが何を書きたいのか、少なくとも伝わると思ったからです。

ホームページを見ると10年近く前のものなので、不本意かも知れませんが、少なくとも私は今の最新話よりも起承転結が分かりやすいといつ意味で読みやすいのかなと思いました!

それか、しょせんシナリオは設計図なので、普段シナリオ形式で読む習慣の無い人にとつては、設計図を見せられて答えようがないかも知れません。
そういう意味では完成形のものが見られる小説の方がいいのかも?

お節介失礼します。
ありがとうございます。 (みや)
2019-03-17 20:05:31
正直、作品は作り手の手を離れてしまうと受け取る側の人の解釈が全てだと思っています。
過去の作品は、正直、インパクトがないと、印象に残る映像がないと自分も覚えがないのもあります。
ドラマって難しいですね。
プロでさえ、テレビドラマでつまらないといわれるのもあります。
こればかりは受け取る側の趣向もあるのか・・・

自分も20歳ではないので、我が道を行くだけです。
もう迷いたくないし、

世間と自分との間に娯楽の乖離があるのなら、もう埋めるつもりもないし、趣向の違いは埋まらないと思います。

つまらないものに自分もしがみつきたくはなく、今はただ究極の自画自賛、自己陶酔、自己満足でいいと思っています。

小説家にというか専業作家にはなりたいと思いますが、ほんと今は働かなければ食えないから環境悪の会社で、なんとかごまかしながら前に進めれば、
そこで、そういう悪環境を忘れさせてくれる娯楽が、自己陶酔、自画自賛、自己満足が書けたらなぁ~と、

プロとして映像にすれば、それなりには楽しんでくれる人も少数いるとは思うのですが、残念ながら、それはなかったのかな。
世間と自分の娯楽、面白さの隔たりがあまりにもありすぎるのかな・・・
それはもって生まれたツボのようなものだから、仕方ありません。

が、今はほんと自己陶酔を、
それが出来て、応募もできて、落ちたら小説投稿サイトで発表して、数人でも自分の作る話が面白いって言ってくる人が、いればいいのかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレ朝落選作「初恋島」」カテゴリの最新記事