令和は楽しく、それは神様の思し召し。

シナリオ載せてます。視聴率低迷の昨今。制作会社の方、映像化しませんか?視聴率?どうなるか?それを実験企画で!ぜひ!

ヤングシナリオ大賞「俺のセンセイ」の感想、というか見たよ

2016-12-30 00:34:21 | 日記

総括としては、まぁ、いいんじゃないかなぁ

まぁ、こういうドラマ、というかこういう人生もあるよな、という目で見たせいかな、

どんなドラマも、「そこにそういう話がある」と言われれば、「そうか」としか答えられない。

まぁ、思う人は、漫画家の世界は、アシスタントは腐るほどいるし、アシスタントで生計を立てている人もいる。

月収200万とか、ベストセラー漫画家のアシスタントはまさに漫画家を目指さないアシスタントもいる。←ナカイの窓(日テレ)の漫画家SPでいっていた。

と、現実を引き合いに出せば、そりゃ、突っ込みどころは満載なるが、それはそれ

「そこにそういう話があるんだから仕方ないだろ」目線で見れば、「それはそれ」だよな。

26歳?

まぁ、セオリーというか、見本通りって感じがした。←俺が26歳って、何かいてたかなぁ、「残された世界」かな

作りも、スランプの宮本さんからはじまり、売れっ子の石橋杏奈のもとへ、

まぁ、もやもやありながらもアシスタントをやる。←こういういい方は好かんが、伏線として、杏奈はおばあちゃん子で手術を前にしたばあちゃんがいる。

杏奈が影響を受けた宮本というが、影響の受け方が、「私の方が出来る」

そして、見せ場は、原稿を届けるも濡らしてしまう。

杏奈は、編集者と賭けをして、宮本に持たせたのはコピーといい宮本を追い出す。

ここで終わったかのようにするが、実は、原稿はコピーではなく本物。

杏奈は宮本を信用していたってこと。

そして、完成させて、ハッピーエンド。

まぁ、見本通りって感じがした。

というか、なんていうのかなぁ、遠い昔を懐かしむ感じ、ノスタルジックっていうのかなぁ

作品もそうだし、ヤングシナリオ賞自体も俺にとってはノスタルジックな感じがしたなぁ

これが千本以上の作品の頂点にたったのかぁ~

ほかの作品はどんなのだったのかなぁ~という想いもある。

ああ、俺はこのヤングシナリオに作品を応募したんだっけ←ほぼ皆勤賞的な感じ、第一回を出さなかったぐらいじゃないかなぁというか知らんかった。三回ぐらいは出してないかも、

ほんとノスタルジックな感じで見ていた。

石橋杏奈さんが好きだから、見た

エレカシの宮本さんの演技にはまぁ初だからおおめにみてって感じだけど、エレカシファンは楽しめたんじゃないかなぁ~

挿入歌でつないでいたけど、シナリオは色々書いてるんだろうなぁ~と思ったが、まぁ、読まん。

これから、次の作品の構想をこの正月休みに考える

自分が応募した作品は、公開しますが、二月過ぎになるんじゃないかなぁ~

そのとき、載せるんで、興味がある方は読んでください。

老犬をいたぶるようなコメントはいらんよ←なんか、ノスタルジック、傍観者なのかなぁ

まぁ、今までとさほど変わらんか。

シナリオ版、にしにしお(宮本さんの役名)、かな俺は

 

まぁ、でも、ほんと遠い過去、そんな感じで見れるのも、やっていたからかなぁ~

こないだ書いたクリスマスプレゼント作品は、とりあえず、シナリオなのでヤンシナに出すけど、

48歳←あ、今日なった。

ほんと、爺さんになったなぁ

まぁ、40代でアイドルの人もいれば、40代で大企業の社長もいる。

40代でスーパーでお惣菜が半額になってると、「買いたい!」という衝動が走るおっちゃんがここにいるけど

もうヤンシナには縁がないと思ったのは、

一言、

ヤングじゃない!

それに尽きる。

俺の年ならディレクターかプロデューサーだよ

まぁ、決定的なのは、才能かな・・・

それでも、今、新しい思考を生み出すのが好きだし、作品を考えるのも好きだし、

それにほんとフォーマット、型がなくなった今、面白いだよね

でも、俺に運と才能と若さがあったら、ちょっとは人生、変わっていたのかなぁ~

ほんと来年は、いい出会いがあるといいなぁ~

まぁ、老犬だからなぁ、

老犬にグラマーで美人な飼い主なんているのかなぁ

ヤンシナ、がんばってください。

でも、この作品では、第二のみや文明が生まれるかもしれん←間違っても、人生かけて、気が付けば30年敗して、何もなしえなかった、っていう、こう書いてみると嘘のような本当の話だから、……俺、俺、人生かけていたのか、人生かけて、30年敗して何やってんだろ、ただの「残酷物語」じゃないか

コンクールを目指すものにとどめを刺す作品とまではいかない。

ほんと、見本のような作品だった。

ただ、シナリオはどうなのかはわからんが、

でも、セリフは非常に生きていた気がする。

26歳、有望じゃないかなぁ

この人が十年後、朝ドラ、大河を書いてるかもしれない。

自分がこのドラマの主人公にならなければ、の話だけど。

がんばってください!

やっぱ、ドラマは面白いドラマを見たいよね

でも、いいなぁ、プロの世界は

石橋杏奈さん、いいなぁ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« クリスマスプレゼントがでけた。 | トップ | タイトル「夢を履き違えぬよ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事