ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

10月総括

2010-10-31 19:32:59 | 日記
今日で10月はおしまいなんですね

あっという間だったのかなぁ~
ネズミ屋敷を出るまでは、ずいぶん長かったけど、ほんと精神的に疲れましたわ

10月は、ほんとそれだけだったのかな。
リアルドキュメント「文明は何処へ」が全てでした。
しかし、創作的に非常に学ぶべきものも多く、また、ネタとしても使おうと思えば使える。
なんせ実体験なんだから←ある意味、ヘミングウェイだな

でも、引っ越してきた場所は、一階だけどまぁいいかな、
でも周りをかなり気にしています。
うるさくしないように
でも、二階のあんちゃんなのかな、足音もさることながら、おそらく、アパート暮らしを経験したことがないのかな、
あまりにもどたどたしすぎ。
家と外を一緒にしている。
でも、まぁ、ガタガタいう気はない。

このアパートは次へのステップのため、荷物を減らして、身軽になる。
けど、立地条件はほんといい
なんせ精神的支柱の体育館がそばにある。
それに駅もまぁまぁ近いし、スーパーや商店街は充実しているから。

けど、俺も40を超えてるし、まじプロになりたい
いい加減、創作中心の生活にしたい。
会社の大人げない大人連中と縁を切りたいし、二月まではシナリオコンクールに向けて全力で行く。
万年一次落ちでも全力で、おもろいもの書いた
受賞作に負けない!
そう思えるものを書く。

テレ朝に向けて書こうとしたやつ、これは七月にNHK創作に向けて書こうとしていたものだったのだが、どうもつまらん。
そこでテレ朝にと思ったが、やはりつまらん

いいシーンはある。
しかし、シーンで書くのはあかん!
シーンで書くというのは、そのシーンを見せたいが為に、伏線ドラマ的なものを作ってそれをレールのように敷き詰めて、いわゆる置きに行って、見せたいシーンを見せるという、正直、非常に退屈な創作です
こういう作りをすると、ほんとショートなら誤魔化せるが長編はあかん。
それに見る人が見れば、
「ああ、このシーンを見せたいが為に作った。いわゆる置きに行った。しかも、置きに行っても良いが、あまりにも見え見えでは・・・」
となる。

やっぱり、去年かな、スーパーダッシュ小説に出した中編が非常にためになっている←未だに評価シートをもらってない。返信用の封筒を切手をつけて宛名もかいたのに、一年経つぞ!
届いてないのかな?
まぁ、それを来年1月にあるであろうTBS連ドラ・シナリオ大賞に出す。
一話だけシナリオに脚色しないといけないのかな、
どこかで時間を作らんとあかんな

まぁ、テレ朝には六月に書くつもりでいた一時中断した作品のもう一つの方を書いて出すつもり←一作は9月に完成したのかな、これはヤンシナへ。

概要は出来ている。
けど、今週は、まず創作法を読み直してモチベーションや、たたき込めるもの、強調しなければいけないもの、それを強調して、作品を書きたい。

特に、強調しなくてはいけないものは、どうも、テーマだと思う。
テーマなんて、20年敗の中で全く考えていないものだった。

「おもろきゃいいやん」

で、面白さだけを求め続けた。
けど、そうは行かないのかな?

傾向もなければ対策もない。
娯楽だけをずっと考えてきたから

「どうすれば面白くなるのか」

まぁ、今週は非常に大切というか、案外今夜が大切!
まずは11月3日(水)休日までに創作法をしっかり浸透させること。
そこから、概要は出来ているが、売りとかそういうものをはっきりとさせて、出来れば土曜日には、シナリオ1ページでいいから書き始めたい。

まぁ、10月は引っ越しでバタバタでした

ちなみに11月で「龍馬伝」は終わってしまうのね。
いつかDVDを買いたい作品です。

ちなみに「てっぱん」は、ネズミ騒動があって、見る気が中々沸かず、たまに見るのだが、どうももっと面白く出来るというか、そういう隙があるドラマやな。
もっとヒロイン押しでドカンといってもええような気がする。
ヒロインとヒロインの生みの母、そして、祖母と、これにこだわるなら中途半端に脇にふらずに、がっちり受け止めてドラマを作っていった方がええような気がするな~

まぁ、他人の作品というのは、100%客観的になれるから、よく見えるんだよね
自分のだと、テクニックやら手法やら、意図的なものやら、そういうものがあるから、客観視するのは難しいんだよね


まぁ、11月はテレ朝に全力投球!
そして、1月のTBS連ドラ・シナリオ大賞に脚色した一話を、
そして、二月のヤンシナに出来れば二本は書きたい。
頭の中で見えているし、

そのあとに小説で、切なくて愛おしいのを書いて、六月の文藝春秋の文学界新人賞に応募してみたいかな。

そのあと、娯楽作を書いて、

まぁ、「悪徳大家」は少しずつ書いていこうかな?←傷が癒えた頃に、

まぁ、10月は新天地で心機一転なのかな・・・

本でチャンスを、
と思っていたけど、デモテープは効かなかったかな
まぁ、チャンスっていうのは中々手に入らないもの・・・

でも、面白いの、書きます。
HPに掲載しているのより、自分的には全然いいと思う。
けど、落選しちゃうんだよなぁ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ちょっと気合い入れないといかん | トップ | 天は二物を与えるもんなんだね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事