令和は楽しく、それは神様の思し召し。

シナリオ載せてます。視聴率低迷の昨今。制作会社の方、映像化しませんか?視聴率?どうなるか?それを実験企画で!ぜひ!

考えてるだけでは前に進まない。

2019-04-03 20:55:48 | 日記

自己陶酔になれる。

自画自賛できる。

自己満足に浸れる。

そんなドラマを考えていたが、そろそろ考えることも超実践的にしていかないと、机上の空論のままで、考えてるままで終わってしまう。

超実践的。

まずはそこまで持っていて、そこから見えるものもある。

小説公募のよく出来てるサイトがあった。

ページ数が書いてあるのがいい。

 

小さな賞に、応募できるように、

でも、前途は依然多難だな・・・

 

創作テレビドラマ大賞「週休四日でお願いします」は、こういう、「辛いのはあなただけじゃない。みんな同じ」「だから、いいんだよ!」ということを言いたかったんだろうな。

「がんばらなくていいんだよ」って自分も悟った道をこの脚本家さんも通っているのかな。

 

でも、俺はどうしても、そういう設定でも痛快というか、最低、ほのぼの、救いは入れたいし、「週休四日~」には、ほのぼの救いはあった。

 

そういえば、急に「クロコダイルダンディ」が見たくて、DVDをチャプターで見た。

ヒロインのリンダ・ウズラウスキーがまぁセクシー!

しかし、日本語版がなかった・・・

確か、主人公のポールホーガンを広川太一郎がやっていたと思ったのだが・・・

そう、俺が書きたい感じのドラマかな。

Amazonでのレビューはみんなよかった。

「クロコダイルダンディ」を見たことない人におすすめ!

三十年?ぐらい前のラブストーリーだけど、めっちゃいいよ!

 

俺の自己陶酔には、リピ見(リピートして見る)、リピ読み(リピートして読む)、そういうドラマでないと面白くない。

小説でもただ読んでおしまいではなく、面白い小説はリピ読みする。

それはバラエティも、面白いバラエティはリピ見して何度も笑いたい!

確かに芸能人私生活情報番組は興味から見るが、なかなかリピ見はしないと思う。

今、俺の中でリピ見するのは、当たりはずれはあるが、「激レアさん」と「スクール革命」、「イッテQ」かな、

あ、こないだ「アメトークSP」の部活弱い芸人は笑った!

そこだけ何度もリピ見してしまう。

 

ドラマもバラエティも、リピ見してしまう番組が多くなるといいな。

 

令和をいい年に、

 

 

 


創作テレビドラマ大賞「週休4日でお願いします」の感想。

2019-04-03 19:07:40 | ドラマ感想

まずは、しっかり見続けることはできた。

脚本家さんは実力者だと思う。

他の賞にも出しても十分賞を取ると思う。

 

このヒロインは包容力がある。

ということは、脚本家さんは結構、いい年齢なのでは?

三十代後半以上ぐらいかな?

 

ドラマの感想というか、俺とは価値観が違う、と思う。

見ていて、ドラマの主旨、内容が身につまされるから・・・

人生は厳しく、辛いことが多い、でも、みんな同じ、辛い人生を送っているのはあなただけじゃない。

それをこけし好きのヒロインが緩和している。

こけし(アイテム)の使い方が非常に上手い。

 

俺には完璧に書けないドラマだ。

というのも、やはり主旨、身につまされる、そう感じるドラマは俺は書けない・・・

現実は厳しい、生きるのは厳しい、でも、君だけじゃないよ、みんな同じだよ、というのは・・・

確かにヒロインとのラストで救いはあるけど・・・(そこは書けるかな)

 

俺は現実が厳しいから、せめてその厳しい現実を忘れさせてくれるようなドラマを書きたい。

たとえ、厳しさを書いても、幸せな気持ちにしてくれる、なんか忘れさせてくれるドラマを、を目指しているから、

 

でも、とてもいいドラマだと思う。

ここ数年の受賞作の中では一番な気がする。

素朴だけど・・・

でも、みんな上手いね。

ヤンシナの他の受賞作も映像になれば見れるんじゃないかな?

 

ああ、女性が受賞者なのね。

この包容力というか優しさは女性だったのね。

 

あとヒロインの飯豊まりえさんが、なんかガッキーに見えた。

 

感想としては、百点満点でいうと百点満点だと思う。

 

 

追伸、

ああ、でも、このドラマを見て、こういう感じなのが賞には好まれるのかな。

なんか、ヤンシナ、ちょっとは、というか、かなり期待していたのだが・・・

せめて一声、かかるのでは、と・・・

 

令和をいい時代にするのは、面白いお話(小説)しか可能性はないのかな・・・