ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

第19回テレビ朝日新人シナリオ大賞オリジナル配信ドラマ部門「初恋島」 第三回(全七回)

2019-03-14 08:05:19 | テレ朝落選作「初恋島」

「第三回」

 

〇島民たちの居住区(夜)

  町中にサイレンがなり、家々の明かりが灯る。

  家々から島民が出てきて叫び声をあげる。

島民A「女が逃げた!」

島民B「探せ!」

島民C「捕まえろ!」

 

〇同・島の全貌(夜)

  島に明かりが灯る。

 

〇島民たちの居住区(夜)

  所々に、ひとみを探している住人がいる。

  丈治とひとみ、建物の陰から町の様子を伺っている。

 

〇牧野家の外観(夜)

 

〇同・台所の勝手口

  牧野祐介(30)が勝手口のドアを開ける。

  丈治とひとみが素早く入る。

丈治「彼女を助け出した」

  ひとみ、祐介を見る。

祐介「そうか、よかった。警報が鳴ったから心配したよ」

 

〇同・居間

  丈治、祐介、牧野萌絵(32)が座って、顔を突き合わせている。

  そこへ、萌絵の服を着たひとみが入ってくる。

  皆、ひとみを見る。

萌絵「サイズ、あった?」

ひとみ「ええ、ピッタリです」

萌絵「お腹すいてない? 残り物しかないけど」

ひとみ「いただきます」

    ×    ×    ×

  テーブルに島の郷土料理がある・

  それを、ひとみが食べている。

丈治「この島は狂ってる!」

  ひとみ、丈治を見る。

丈治「初恋婚の夫婦を別れさせないために、他の者と交わってもいい。初恋婚の夫婦しかいないというのを守りたいがために不義を働くことを島の掟としょうして正当化している。それが俺は許せないんだ!」

ひとみ「……」

萌絵「丈治は奥さんと死別したの」

祐介「丈治はイケメンだから島の女にモテる」

萌絵「でも、丈治は今でも彼女のことを思い続け、純潔を守り抜いているのよ」

丈治「俺はただ、今でも好きなだけだ」

  ひとみ、羨望の眼差し。

丈治「初恋はもっと清く美しいもので、いつまでも人の心に残る。俺は彼女との思い出と共に生きていく。それだけだ」

  ひとみも萌絵も羨望の眼差しだが祐介は俯く。

祐介「……」

  台所の勝手口を叩く音が聞こえてくる。

  一同、警戒して静かになる。

  祐介が勝手口に行く。

  祐介と一緒に今井卓(35)が入ってくる。

丈治「卓」

卓「男の居場所が分かった! 彼は海岸の洞窟に連れられて行った!」

丈治「そうか」

ひとみ「男って私の夫?」

丈治「そうだよ」

卓「囚われの身だけどね」

ひとみ「……」

丈治「大丈夫。これから彼を救出しよう」

卓「外はだいぶ落ち着いてきたよ」

丈治「よし、じゃ行こうか」

  祐介、浮かない顔。

 

 

              つづく

 

コメント