ダメでもともと!

面白いドラマを書いて、「一声」かけていただく。だめでもともと。

なかなか、難しいなぁ・・・

2019-02-12 17:54:21 | セルフドキュメント

いじめっ子といじめられっ子の間に先生が入ったとして、同じクラスで仲良くできるものなのか・・・

いじめっ子にしてみれば、クラスで我が物顔で振る舞い、いじめられっ子をディスる、蔑むことが生きがいだったのに、それが出来なくなったらどうなる・・・

やっぱ、同列にはなりにくいよね。

それを、50歳と60歳の大人がやってるんだから・・・

でも、外面ってニュースとかでよくパワハラ、モラハラで見る。

たとえば、アメフト、たとえば、レスリング、たとえば、女性議員が秘書に暴言!

全て周りの人は、「まさかあの人がそんな人とは」とは誰も思ってない。

女性議員もそれが暴露されてから消えた。

その本性を知らないから当選して議員になったのだから、

それが外面の怖さ。

でも、俺は、「正しき者に背を向け、不正を働く者に媚びる」をずっと、12年間ずっと言いたいことがいえたから、なんか違う。

ストレスってほんとプレッシャーで、←それをストレスプレッシャーと私は呼ぶ。

そのストレスプレッシャーって、ほんとストレスになる人から離れてもずっと付きまとう。

日常生活に悪影響を及ぼす。

ほんと、それを訴えてほんと楽になった。

けど、本日、会社で顔を合わせれば、相手は、仕事中に好き勝手、煙草もすえたのが吸えなくなり、自己中の人が自己中できなくなると、自己中の人にとってはそれがストレスだよね。

将軍様と呼ばれていた人が、上等兵になって働けるか?ってことなのかな。

でも、俺的には言いたいことを言えたのは、実情を知らしめることができた、それをした!ということが良かったと思う。

ほんと、新元号、新時代は、いい時代になったらいいなぁ~

 

 

コメント

いい朝

2019-02-10 08:11:38 | セルフドキュメント

なんか、今まで亡者のストレスで脳が変形しているんじゃないか、と常に目に見えない悪性腫瘍に悩まされていた。

けど、それがない。

まぁ、ほんとどうなるかわからないけど、でも、行動して、

俺は「正しき者に背を向け、不正を働く者に媚びる」んじゃない。

それに戦いを挑み、その結果、俺が負けても、それは負けじゃない。

不正を働く者、不正を働く者に媚びる者、そいつらに追従した結果、俺が負けたとなれば、それは負けじゃない!

俺は聖人君子でもなんでもない。

ただの小心者の臆病者だけど、間違った者に媚びなかったんだ!という自負がある。

その自負が今まで俺の頭の中にいた亡者に打ち勝ったんだ!

というのが、亡者=ストレスを撃退したのかな。

 

昨日はNHK、土曜スタジオパークに入れなかったが、ゆっくり出来る場所を見つけ、そこでヤングシナリオ応募作を第一回修正なのかな。

本日は、冷却というか、ボディコンバットでしかも人気というか今、ホームにしているところのエースが代行でやってくれるので、楽しめたらいいな

そして、明日、御朱印巡りして、第二回修正が出来ればいいかな。

ほんと賞なんてノーチャンス。

でも、応募すれば読んでいただけるだろう。

決してつまらないものを書いてないので、ほんと「賞は上げれないけど、一声ぐらい」と思っていただければ・・・

かな、

目指すはただ一つ「一声、かけていただく」

それだけでもいいという考えが先方にあるかどうかが問題ですが・・・

それと、せっかくだから、本日は創作メモを見て、ちょっと手元にあるネタをいじるのではなく、新ネタを考えてみよう。

やっぱ、新しいって、楽しいよね。

 

朝、そうじして、シャワーをかけて、好物のすじこのおにぎりを食べて、朝の入り方はいい

楽しい一日になったらいいなぁ

 

 

コメント

大岡裁き、

2019-02-08 18:59:59 | セルフドキュメント

なのかな。

仕事のふりしてネット見て、人を蔑み、ディスり、自分より年下の部長を使って、いつも俺だけ目の敵にされて説教させていた亡者。

会長が引き抜いたお気に入り。

その亡者に怒鳴りつけてからなくなっていたのに、火曜日に久しぶりに食堂に呼び出され、もうクビ覚悟というか、もう平成も終わるのに、こんな嫌な思い、平成まででいい、もうクビでいい。

そう思い、社長に暴露報告書を渡して、本日、どうも社長がその亡者と話したのか、亡者は仕事中、仕事のふりしてネット閲覧もせず、(していたとしても1分あるかないかかもしれない。今までは20、30分当たり前、午前中全部、残業時間半分以上)、仕事中、ベランダで煙草を吸うこともなかったと思うし、作業場での喫煙ももしかしたらなかったのかな、「そういえば、あの煙草の強い刺激臭がないな」と思ったから。

そのとき、社長が亡者と話したんでは?と察した。

周囲の人たちも何か俺をぞんざいにしない、と感じた。

ほんと普通、社長は孤独というけど、俺は社長ではなく、課では50でも最年少、なのに、批判、蔑みの標的だった。

みな亡者に賛同し、亡者の悪行には何も言えず、俺に関してはぼろくそ、だから、久々に食堂でつるされた。

その怒りと悲しみと、平成も終わるし、もうクビでもいいと渡した報告書。

それで首になったら、「正しき者に背を向け、不正を働くものに媚びる」で、正しい者を切ったんだから仕方ないと、思えるからもういいや

と思っていたら、社長は亡者を正した!

自浄能力のない会社で、もうお手上げ状態だった課を社長はただした。

正直、うれしかった。

課で孤立していたのに、社長は見てくれたということが←社長は40代で会社では下から3番目の若さ。俺より年下。

部長に俺は切られるのか?

と尋ねたら、そんなことはない、と言ってくれた。

なんせ会長のお気に入りを批判したのだから、軽く首に出来る。

ほんと、手取りも多くて23万、単純作業で、固執する仕事ではない。

TBSの宇垣アナウンサーなんて「5年もいたから」で、あのTBSを退職できるのに、かたや、シナリオしか書いたことがなく、それも14歳の少女に結果負ける、17歳のときに目指し、ヤングサンデーの原作大賞に応募し、ABC放送のシナリオにも、まだヤングシナリオ賞がないときから応募し、今、50になっても未だ勝ち星なし。

33年敗か・・・

ほんと、

「人生って、こんなもん。そんな中で小さな幸せ、ささやかな幸せがあれば、ありがたいな」

と人生を悟りはじめた今。

でも、いつ首になってもおかしくない。

大手ではないのだから。

でも、固執することはないし、それに「正しき者に背を向け、不正を働く者に媚びる」で俺は不正を働く者と戦ったというだけでもいいのかな・・・

というか、不器用だから、ゴマも擦れないし、臆病者だし、小心者だし、昔はおしゃべりだったのだが、今の亡者と出会い、おそらくブログに書いている字数より言葉を発してないし、

ほんと、いろいろ書いているとみじめになるし、悔しいし、

でも、その不正を働く者が社長によって正され、それに媚びる者たち、俺をぞんざいに扱ってきた者たちも少し変わった感じがした。

それも、ほんと世間一般では、何言ってんだろ、こいつ、というほんと浮世離れしている世界なのだが、そいつらが正されたということがなんかうれしかったな。

でも、亡者は怒鳴った時もそのときだけ改めて、喉元過ぎれば熱さを忘れる、ようはお子様だから怪しさ満点なのだが、

 

でも、今日はこれでも、ぞんざいに扱われ、目の敵にされていた俺が社長のとりあえず大岡裁きで、亡者が正されたことは、ささやかな幸せというか、自分の正義が勝ったのかな、と、

ほんと、今年というか新元号はいい年になればいいなぁ~

とりあえず、このセルフドキュメントはこれでおしまい、になってくれるといいな。

長々と書いてしまったが結論からいえば、社長は俺の訴えを聞き入れ、亡者の悪行をさばいた。

ということです。

そして、一応、俺は首にならなかった。

まぁ、小心者で臆病者の訴えが勝った!

 

 

 

 

コメント

社長、預かり・・・

2019-02-07 18:12:02 | セルフドキュメント

俺が仕事の素行の悪さを報告書にまとめ、部長から社長へと渡った。

もともと、その60歳の自己中、自己顕示欲の亡者は12年前、ちょうど俺と同じ時期に、俺は今の部長、当時は課長に、家から近所ということもあって、会社に雇ってもらうようお願いしたが、亡者は今の会長、当時、社長のお気に入りとして、引き抜かれてやってきた。

亡者は取引先の一配達員だったのだが、当時の社長や常務に個人でお中元、お歳暮を贈っていたというの、なんともマメというか、ごますりの亡者でもあるだけに、ツボを心得ている。

そんな亡者の素行を暴露するということは、現在、会長のお気に入りをつるし上げることになる。

それは、イコール、クビ。

それがあったから、また、そうなるまえに自分は入社した時、一年以内にシナリオでプロになれると思っていたから・・・

それが結果12年たってもならず、どころかもう可能性0%になった・・・

でも、次の新元号もこの亡者のこもりはもうたくさんと思い、クビなら、失業手当も出るから、と思って踏み切った。

結果は、とりあえず、社長が「うまくやっておく」ということになった。

正直、首を宣告されるか、亡者が首になるのか、と思っていたから。

報告書には、というかこの会社で思わず出てきた言葉。

「正しき者に背を向け、不正を働く者に媚びる」

それがこの会社・・・

ほんと、外面って、身内をディスること、蔑むことがでしか話せないから、俺がいなくなれば誰かがディスりの標的になる。

 

どうなるのか・・・

でも、トップに伝わったことでなんかホッとはしている。

ほんと新元号は幸せを感じれる年にしたい。

 

 

 

コメント

ピンチをチャンスに、

2019-02-06 22:47:14 | セルフドキュメント

ストレスの9割は人間関係だったかな。

兎に角、日常生活で満員電車もストレスだけ、コールセンターのクレーマー(今は録音されていてクレーマーは犯罪になるんじゃないのかな)、会社の人間関係・・・

そう思えば、どう転んでも俺にとってはチャンスと思えばいいのかな。

ほんと、

人生って、こんなもの。

その中でささやかな幸せ探そうと悟り、

でも、何かが動くときって何かを動かさないと動かない。

何もせずジッとしていても、何も来ない。

動くから始まる。

なんか、自分ドキュメントになってきたのかな~

カテゴリに、セルフドキュメントのコーナー、作っておこう。

 

今月、ヤングシナリオの締めじゃないか!←足引っ張られるなぁ

まぁ、もう作らないから、あとは推敲をちょこっと、

年齢的にアウトだから、ちょこっとね。

日曜日に図書館に行って、公募ガイドを読んだとき、「宝島」で直木賞、山田風太郎賞を受賞した作家さんの記事があって、新人に求められるのは文書力よりも面白いドラマ、ストーリーと言っていた。

そうだよな!ごもっとも!

やっぱ、見るのは文書ではなくドラマだよ。

文章は編集者と磨いていけばうまくなるが、面白いドラマは技術もセンスも必要。

それは編集者が教えてどうこうなるものではない。

もしなるなら、編集者は編集者やめて小説家、原作者になる。

そのほうが稼げるし、先生になれる。

まぁ、面白いのは書いたと思うので、あとは審査員のみかな・・・

週末の三連休は推敲、加筆修正をちょっこし、かな。

 

 

 

 

コメント

やっぱ臆病なのか、小心者なのか、

2019-02-06 21:13:26 | セルフドキュメント

この会社に入ってずっと苦しめられてきた仕事中に仕事のふりしてネットを見ている←シナリオでも「ドブネズミはしたたかに生きている」だったかな。

それに書いた自己中の人を蔑んででも上に立ちたいという自己顕示欲の亡者の実情を暴露する報告書を本日、部長に渡し、部長がそのことについて社長を話すよう手はずをとったと聞いてから帰った。

ほんと外面がないから、八方美人でもないから、ほんと俺はゴマすることができないから、不器用なのか、長い落選が自分に自信というものを完璧に喪失、粉々になっていて・・・

もっと、ケセラセラ、なるようになるさ、となかなか思えないのも、26年闘病の末、母を亡くしたという青春時代もあるせいか、

どうにもポジティブになれない。

いや、ずっとプロになれるとまじで信じていたというか、自信過剰というか、通過点に過ぎないと思っていたのが今や終着駅、しかも、幻の終着駅、蜃気楼のように俺の前に見えているだけの終着駅なのかな・・・

まぁ、今年はほんと年収370万と過去最高のような気がする。

それでもなんか貧乏だった。

ほんと東京に出てきた21ぐらいのときは、ほんと家賃3万の四畳半で皿洗いで月13万ぐらいの給料でやっていたのかな。←でも仕事は厳しかったけど、楽しかったなぁ~

それを50歳で、とはいかないもんなぁ~

ほんと白黒はっきりしてくれたほうが、楽になれる。

でも、

「正しき者に背を向け、不正を働くものに媚びる」

それが、社長の手に本日、渡ったと思う。

どうなるのか?

人生、ゴマするだけでいい思いをしてきた人が勝つのか、不正を嫌悪する者がどんな目に合うのか?

それが楽しめればいいのだが・・・

人生がどうも谷というか底なしだけに、なかなかポジティブに考えられないのは、今まで生きてきた人生からなのか、

ほんと、せめて新元号はいい風、よそ風でもいいから、心地よい風が、人生を送れたらいいな。

よくも悪くもその第一歩が今日ならいいのだが・・・

 

 

コメント

50歳で無職か・・・

2019-02-05 19:31:12 | セルフドキュメント

まだ、決まったわけではないが、仕事のふりしてネットを見ている外面の60歳に絡まれ、この年になって部長に食堂に連れていかれた。

誰もいない食堂で、ああしてくれ、こうしてくれ、と要望というか、

ほんと自分は仕事のふりしてネットを見たり、仕事中にバルコニーに出て喫煙したり、社内禁煙なのに喫煙したり、

そういう人が他人が気に入らないと、ほんと難癖付けてくる。

俺に怒鳴られたのも、もう二、三年前・・・

外面ってほんと怖いわ。

ちょっとガス抜かせて、

外面で、超自己中心で、超自己顕示欲の塊で、自分が上に立つためなら知ったか、虚栄心(嘘)、人を蔑み、ディスってまでして上に立とうとする。

その意味がわからない・・・

外面でしかも風見鶏だから、ほんと外の人にはわからないんだよね。

外の人には好印象。

俺は態度も人によって変わるってことがないというか不器用だから・・・

 

いやぁ、でも、前向きにとらえれば、あいつは死ぬまで会社にいるわけだから、気に入られてない俺が首になるのはいいのかな。

元号も変わるし、

それに、人生は、

変化を恐れるな、変化を求めよ!

確かに今の女性が3人いるけど、主婦とだし・・・

課では50歳、最年少というほんと浮世離れしている。

こんなの設定でしかも東京で、なんてやっても誰も信じないよ!

でも、前向きに、

50歳だけど、変化を恐れるな、変化を求めよ!

それに出会いがあるかもしれないし、

今のままでは、出合いさえもノーチャンス。

人生は、こんなもの。

その人生で小さな幸せを見つけて喜べれば幸せなのかな。

そう悟ったんだし、

 

ほんと平成はつらいなぁ~

新元号はいい風が吹くように、

銭湯でいろんな疲れをとってこよう。

 

 

コメント