はかりの三和屋 はかりブログ 

計量士 はかりの三和屋の店長や担当者がおすすめするはかりや計量器を紹介するはかりブログ。

1円玉ではかりの点検はできるか?

2013-07-10 14:49:35 | 計量器専門店 はかりの三和屋


計量士がおすすめする計量器の通販サイト はかりの三和屋


こんにちは。
はかりの三和屋、奥田です。

今日は、はかりの自己点検についてです。
「1円玉は1枚1g」ということは、有名な話。
私も小学生のころ、理科室の上皿天秤で実験をしました。
これが不変ならば、1g分銅(代用)は1円、50gは50円、
100gは100円で検査ができるということになります。

しかし、1円玉はどうしても硬貨ですので、
利用しているうちに欠けたり摩耗したりしています。
使う1円玉の枚数が増えるほど、誤差も増えていきます。
ということで、ご家庭や個人で使われる場合は自由なのですが、
点検としては、やはりおすすめはできません。

はかりは、最初は正確でも、使用していくうちに
徐々に誤差が生じていることが少なくありません。
点検用の分銅を利用して、時々検査をしていただきたいところです。
一部のポケッタブルスケールなどでは、
点検用の分銅が付属していることもあります。

分銅には、1円玉のようなアルミニウムは使われませんが、それでも
強い衝撃で欠けたり、酸化したりと、誤差が生じることもあります。
なるべくピンセットや手袋を使い、きちんとした保管をお願いします。

点検用の分銅には、3種類の形状があります。

  価格 精度等級 質量
円筒型
¥3,500~ F1級/F2級 1g~20kg
円盤型
¥3,400~ F1級/F2級 10~5kg
枕型
¥3,800~ M1級 500g~20kg

【500g分銅での価格比較】
※同じタイプの分銅のうち、もっとも安価なものを比較しています。
◇円筒型(F2):7,900円
◇円盤型(F2):7,400円
枕型 (M1):3,800円

精度等級は、上位からF1>F2>M1>M2と定められています。
電子はかりの点検では、分銅の最大許容誤差は、
目量の±1/3以下です。
つまり、目量が小さいはかりほど、
精度の高い分銅が必要となります。

はかりの点検をしたいけれど、どのような分銅を使えばいいか
分からない、という場合には、お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
TEL:088-803-6232
FAX:088-883-6275
はかりの三和屋 お問い合わせフォーム

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 水分補給とペットボトル症候群 | トップ | 湿度と髪の毛の関係と利用 »
最新の画像もっと見る

計量器専門店 はかりの三和屋」カテゴリの最新記事