はかりの三和屋 はかりブログ 

計量士 はかりの三和屋の店長や担当者がおすすめするはかりや計量器を紹介するはかりブログ。

動くものをはかる!デジタル台はかり「水産型」

2013-04-25 10:44:35 | 計量器専門店 はかりの三和屋


計量士がおすすめする計量器の通販サイト はかりの三和屋

こんにちは。
はかりの三和屋、奥田です。

何気なく商品ページを見ていると、
気になる名前のはかりを見つけましたのでご紹介します!
その名も水産型デジタル台はかり

水産型デジタル台はかり 150kg DP-6700M-150 検定品 大和

DP-6700シリーズは全7タイプで、ひょう量の違いを省くと3分類。
しかし、当店で水産型と称しているのはこちら1点のみです。

こちらの「水産型デジタル台はかり」、
一体、他のはかりと何が違うのでしょうか?
調べてみました!
まとめて比較すると、このようになります。

【DP-6700シリーズ比較】

 型番 検定 ひょう量 防水 固有機能
DP-6700K 30,60,150kg -
DP-6700M 150kg 表示固定機能
DP-6700N × 30,60,120kg 使用地区補正機能
スパン調整機能

※DP-6700シリーズ共通機能:零点リセット、ワンタッチ風袋引き機能、プリセット風袋引き機能、オートオフ機能、マルチファンクション機能(定量計量機能、チェッカ機能、ランク選別機能、計数機能)

この「表示固定機能」がまさに、水産業の方におすすめする理由。
漁業などによる計量にピッタリなんです!

例えば、跳ねる活魚を乗せたとき。
一般的なはかりですと、台の上が揺れれば
重量の数字がチラチラと動いて、読み取ることが難しくなります。
しかし「表示固定機能」によって、重量表示の安定が実現。
動くものでも正確にはかることができます。

同シリーズで同ひょう量の
DP-6700K-150と比較すると、現時点での価格は同じ。
計量単位が他より大きいものの、
100gと水産市場で要求される単位に対応しております。

IP65の防水・防塵で、もちろん全体に水をかけて洗うことができます。
漁業など、水産物を扱う方にぜひ使っていただきたい台はかりです!

⇒その他の防水型デジタル台はかりはこちら

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« JA(農協)は一体いくつある? | トップ | 気温だけでは手に入らない快... »
最新の画像もっと見る

計量器専門店 はかりの三和屋」カテゴリの最新記事