はかりの三和屋 はかりブログ 

計量士 はかりの三和屋の店長や担当者がおすすめするはかりや計量器を紹介するはかりブログ。

職人さんが「上皿さおはかり」にこだわる理由(2)

2013-05-24 15:57:26 | 計量器専門店 はかりの三和屋


計量士がおすすめする計量器の通販サイト はかりの三和屋

こんにちは。
はかりの三和屋、奥田です。

昨日はみんなが「暑い、暑い」と言っていたのですが、
高知市では今年最初の真夏日だったそうです。

さて、昨日の記事で、パン屋さんなどでは、
「ものを同じ重さにする」ために上皿さおはかりを使う、と言いました。
未読の方は、こちらをどうぞ。
(⇒職人さんが「上皿さおはかり」にこだわる理由(1))

この場合、なぜこのはかりが適しているのでしょうか?

そのために、まずは上皿さおはかりの使用方法をご説明します。
下の図(TPB-1 田中衡機)を参考にご覧ください。

本体に乗っている「定量増しおもり」とは、下記の写真のような形状の分銅です。
写真では、おもりを3個重ねています。
材質は1kg未満は、真鍮製。1kg以上は鋳鉄製となります。 

■一般的な「ものの重量を知る」方法
  
(POINT⇒先にはかるものを乗せる)

(1)まず上皿に、重量をはかりたいものを載せます。
(2)増錘台増しおもりを載せ、おおよその釣り合いをとります。
(3)次に、桿のスライドするおもりを動かし、釣り合いを見ます。
(4)完全に釣り合ったら、増しおもりとスライドの目盛の合計が重さ!

■職人さんが「ものを同じ重さにする」方法
  
(POINT⇒先におもりを乗せる)
(1)作りたい重さに近い増しおもりを増錘台に乗せる。
(2)桿のスライドするおもりで重さを微調節し、作る重さちょうどに設定。
(2)パン生地など、重さを一定にしたいものを上皿に乗せます。
(3)重すぎたら減らし、軽すぎたら増やして生地を調整。
(4)はかりが釣り合ったら生地の重さOK!次の生地へ!

想像すると確かに、先に重さを決めてしまえる
上皿さおはかりは、定量化作業の効率がとてもよさそうです。
デジタルの上皿はかりならどうでしょうか?

例えば100gの生地をたくさん作りたいとき。
上皿さおはかりなら、釣り合うか合わないか、白黒ハッキリです。
しかしデジタルのはかりでは、
どうしても数値を読み取る必要があります。

「今120gだから、20g多い」
「これで90gなので、あと10g増やさないといけない」

どうも、サクサクというわけにはいきません。

こういうわけで、先に重さを決めてしまえる手動のはかり、
「上皿さおはかり」は職人さんから愛用され続けている
ということでした。

余談ですが、他にも、
米屋さんで「F型台はかり」を使っているということも聞きました。

(写真はF型台はかり 20kg B-20 大和です)

載台(上皿)の位置が異なりますが、
「上皿さおはかり」と仕組みが良く似ています。
やはり、定量詰め作業に使われているそうです。

現在では、デジタル式のはかりで、
定量作業用の機能が搭載されているものもあります。
デジタル式のはかりが普及しつつある中、
アナログからデジタルへと変えていく方も少なくはありません。

しかし、やはり見方、扱い方、感覚が全く変わってしまいますので、
長年使い慣れた上皿さおはかりの使用感には、
なかなか勝てるものではないでしょう。

⇒上皿さおはかり(上皿棹秤/上かん)はこちら
⇒台はかり(F型台はかり)はこちら

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

≪定量詰め用機能の例≫
大和製デジタルはかりで、

チェッカ機能(上下限判別機能)付きのはかり。
定量詰め作業時に「軽量」「適量」「過量」を表示します。

UDS-1V/1VNシリーズ
(UDS-1VDにチェッカ機能はありません)

UDS-210Wシリーズ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 職人さんが「上皿さおはかり... | トップ | シンプルでいて奥が深い「圧... »
最近の画像もっと見る

計量器専門店 はかりの三和屋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事