はかりの三和屋 はかりブログ 

計量士 はかりの三和屋の店長や担当者がおすすめするはかりや計量器を紹介するはかりブログ。

比重、濃度、密度をはかる「ボーメ比重計」

2013-07-16 15:51:29 | 計量器専門店 はかりの三和屋


計量士がおすすめする計量器の通販サイト はかりの三和屋


こんにちは。
はかりの三和屋、奥田です。
ダブル高気圧の影響も、週末で落ち着いたようです。
今朝は先週より、通勤が楽だったように思います。
各地の猛暑も少しは低下していますでしょうか?

昨日は海の日でしたね。
海の日というと、海に泳ぎに行く日のイメージがありますが、
本来は、海の恩恵に感謝し、海洋国である日本の繁栄を願う日として
祝日法により制定されているそうです。

海と言えば、塩辛い海水。
海水など、塩水の比重をはかるのが「ボーメ度計」です。
ボーメ比重計、浮秤(ふひょう、うきばかり)とも言われます。

「ボーメ」とは、ボーメ度計を考案した
フランスの化学者「アントワーヌ・ボーメ」の名から取られ、
重液用の「重ボーメ度」と軽液用の「軽ボーメ度」があります。
(重液=純水より比重が重い/軽液=純水より比重が軽い)

ボーメ度計は、液体の比重、濃度や密度の測定に使われます。
具体的には、うどんやラーメンなどの製麺や、
観賞魚の生育環境管理などに使われているそうです。
ちなみに、海水の比重は3度前後です。

使い方は簡単で、ボーメ度計を水中に浮かべます。
比重が低ければ沈み、比重が高いほど浮くので、
水面に一致する目盛を読みます。

◆比重計 塩ボーメ

下の黒い部分がおもりになっています。
注意する点は、液体にボーメ度計を浮かせる深さが必要なことです。
浮き沈みで目盛を読むため、ボーメ計が浮かなければ、
測定はできません。

こちらのボーメ度計は重液用で、
長さ200mm、目盛0~30となっています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「2階建て高気圧」と熱中症の... | トップ | アナログ式アスファルト用温度計 »
最近の画像もっと見る

計量器専門店 はかりの三和屋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事