コーチングを使ってお子さまの可能性を伸ばすピアノ教室@東京都北区★ぽこあぽこ音楽教室

自分で考え、行動できるお子さまに育てるために、開けてみませんか?音楽のとびら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暖冬・・・?

2006-11-30 17:50:04 | 日記
 今年は暖冬と言ってよいのだろうか?
 もうすぐ12月だというのにとってもあったかい。

 灯油はずいぶんと値上がりしたらしいので
 そちらのほうはありがたいのだけれど、  
 主婦にとって助っ人の 
 《なべ料理》
 があまり喜ばれないのはなんとも苦しい。

 今日はずいぶん冷えたらしいけれど、
 エアロビですごい汗を流してきたのでその実感もない。

 こんな風だから、
 突然寒波がやってきたらみんなで風邪をひくのよねえ・・・。
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif


コメント

チェリスト 溝口肇さん

2006-11-29 23:48:52 | 日記
 私はラジオをよく聞く。
 昨日は チェリストの溝口肇さんがゲスト出演していた。

 最初はピアノを習っていたという溝口さん。
 途中でピアノがいやになったのだとか。
 せっかく今まで音楽をやってきたのだから 
 やめてしまってはもったいないと、お母さんの薦めもあり
 途中でピアノからチェロに転向したらしい。

 今の楽器は使い始めて一年余り。
 そこからの話に、思わず夕食を作っていた私の手が止まった。

 その楽器は生まれて300年。
 《彼女》という指示代名詞を使うってことは
 楽器に性別があるの~と驚いた。

 「自分が使った後も、この楽器は
 あと200年くらいは生き続けていくだろう」
 という言葉がなんとも不思議に私の耳に響いた。

 文明がどんどん進化し、遺伝子にまで人間の手が加えられる現代。
 こんな風に何百年も前のものを次の世代につなげていくということに、
 楽器の刻む 深い歴史を感じた。

 自分がチェロを手にし、そしてそれを
 そのまま次へ受け継いでいくという溝口さんの言葉が
 じーんと心に響いた。
 すごいなあ・・。

http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif

コメント

もうすぐクリスマス会

2006-11-28 23:34:20 | レッスン
 今年もあとひと月。一年が過ぎるのは本当に早い。

 来月は子供編、大人編に分かれてクリスマス会を開く予定。
 大人の生徒さんは半年に一度のミニコンサートなので今は最後の追い込み。

 ただ、発表会とは違って親睦が目的のイベントなので、
 ここに来てみなさんあせりモード。
 私的にはひとつの経過地点と考えているので、
 完成度だけを重視しているわけではないのだけれど、
 生徒さん自身が
 《ミニコンサートに間に合わせないとまた半年練習しないから・・》
 とのことで、
 最近のひとりごとノートにはそれぞれの本音が見え隠れしている。 

 さあ、打ち上げの会場の予約をしなきゃ!
 その前に子供たちのビンゴの景品を考えるのが先だなあ~

http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif

コメント

浜松国際ピアノコンクール

2006-11-28 20:01:55 | 感動 感激 感謝
 名古屋の中学生 北村朋幹くんは 15歳にして堂々3位
 すばらしい

 おめでとうございます!!
コメント   トラックバック (1)

氷点

2006-11-27 23:23:19 | 日記
 三浦綾子原作《氷点》を見た。

 この作品は三浦作品の中で二番目にお気に入りのもの。
 何度かドラマ化されていてそのたびにいろんな感想を持ってきた。

 今回の配役はまさに私のイメージどおりの人。
 母親役の飯島直子をはじめ、
 きっとのだめコミックに取り付かれている人が、
 あのドラマのキャスティングはぴったりという
 興奮にも似た 感想を抱いたように、
 私も氷点のキャストはお見事だと思った

 同じ作品もそのときのこちらの状況で感じるところが違うと思う。
 前に見たときはまだ結婚する前だったし、
 深いところまではぜんぜん考えたことがなかったけれど、
 今回はいろんなことを考えていた。 

 根底に流れる三浦綾子のカトリックの精神。
 生徒さんにこの話をしたら
 《そうそう、三浦綾子さんってうちの学校の卒業生らしいです・・》
 って!
 まあ・・・。こんなに身近に・・。
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif

コメント

それぞれの一日

2006-11-26 00:36:37 | 子育て
 娘の学校から電話がかかってきた。

 柔道の授業中に頭から落ちたようなのでと受診をすすめられた。 
 ちょっとした怪我だったら
 保健の先生が対処してくださるようなのだけれど、
 一応頭を打ったということで車で迎えに行くことにした。

 学校までは何度か車で行ったことはあっても、
 いつも主人の運転する横でボーっとしている私が、
 もちろんその道を覚えているはずはない。
 学校からの電話の後すぐにインターネットで地図をプリントして
 どきどきしながら車に乗り込んだ。

 自信がなく不安な気持ちを久しぶりに味わった。
 ただ、実際運転してみて、こんなにもわかりやすい道なのかと
 やっと 今までの主人の言葉が理解できた。

 これで、もう大丈夫!!
 子供たちが自信をつけるってこんなことなんだなあ~。
 なんだかとってもうれしくなった。

 娘は、あまりに元気なので、
 病院でも真剣に話しを聞いてもらえず(怒)何もしないで帰宅。
 この後、
 《もう少し病人らしく話さないから、
 あんな横柄な態度の先生に当たっちゃうのよ》
 と私に八つ当たりされた娘は、なんとも災難な一日だったと
 あとで 私も反省した。 
 
 それぞれの一日・・・・

http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif
コメント

文部科学大臣からのお願い

2006-11-25 00:38:20 | 子育て
 娘が学校からお手紙をもらってきた。
 発行元は見慣れないところ。
 なんと《文部科学大臣からのお願い》なるものだった。

 お父さん、お母さん、ご家族の皆さん、学校や塾の先生、
 スポーツ指導者、地域の皆さんへという見出しで 
 いじめに関すること、子供の生命を護る責任をお互い再確認したい・・・
 と結んであった。

 この紙切れ一枚が 大きな意味をもたらすとは思わないけれど、
 この小さな動きひとつから今までのことを繰り返さないように
 みんなが考えるひとつのきっかけになればと思った。

http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif
コメント

オープンキャンパス

2006-11-23 00:39:51 | 子育て
 娘とともにオープンキャンパスに参加してきた。

 今日出かけた大学は西の果て。
 だんだんと田園風景が広がる景色を見ながら
 なんだかどこかに旅にでも出かけたような不思議な感じがした。

 ローカル線のにおいのするその電車は、
 なんと改札は自動ではなく、
 私が育ったところでよく見かけたパッチンという
 駅員さんの切符切り風景。
 娘はこれにたいそう感激してしまい記念撮影。

 説明会に参加しながら、
 やはり華やかな学園祭ではなく
 オープンキャンパスに参加したほうが
 《素》の姿を見ることができると実感。
 
 とは言いながら、同時開催されていた学園祭の
 充実した模擬店に舌鼓!
 
 国際色豊かな学校だけあって、
 いろんな国の料理をたくさん食べることができて
 こっちのほうも大満足!
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif



コメント

北村朋幹くん いよいよ本選!

2006-11-22 22:10:35 | 感動 感激 感謝
 浜松国際ピアノコンクール第3次予選の結果が発表され、
 出場最年少の北村朋幹君がみごとファイナりスト6名の中に残った。

 3次予選の演奏曲は
 60分以内でプログラムを組み立てるというもの。

 ほかの演奏者がラフマニノフやプロコフィエフといった、
 私的にはとっつきにくい(?)難解な曲がずらりと並ぶ中、
 彼の選曲はバッハのイギリス組曲やらシベリウスの樹木の組曲など
 なじみのあるものだった。

 モーツァルトは本当にすばらしかったし、
 シベリウスのもみの木はとても参考になった。

 いよいよ本選!
 今日同様楽しみ楽しみ。
 もしかしたら一位になっちゃうかも?(!)

 PTNAのサイトで彼のインタビュー風景を見た。
 演奏しているときの表情とはまったく異なり、
 普通の中学生が写っていた。

 このギャップがおばさまにはたまらないわぁ。
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif



コメント (4)

第6回 浜松国際ピアノコンクール

2006-11-21 22:31:18 | レッスン
 第6回浜松国際ピアノコンクールの第3次予選が行われている。

 なんと、今回からストリーミング配信が行われていて、
 私はうちのパソコンの前で会場の演奏をライブ中継で聞けるようになった。

 会場で聞ければ最高なのだろうけれど、
 それでもリアルタイムで聞いた今日はなんだかドキドキしてしまった。

 今までのものもサイトで聞けるようになってはいるけれど、
 音と動作に微妙なずれがあるのがとっても気になる。
 ライブのときはこんなことなかったのに。

 てなわけで、
 明日は日本代表の15歳の北村君の演奏がある。
 ライブでは聴けないけれど夜に聞くぞーっ!
 楽しみ 楽しみ
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif



コメント

親の言うことなんて・・・・

2006-11-20 07:57:06 | 子育て
 反抗期の子供たちの子育ては本当に気力がいる。

 娘の高校は私服。
 毎日考えるのは大変なので、擬似制服を作って着て出かけている。

 今日は寒いからと声をかけても、
 相変わらず短いスカートに薄いセーター一枚しか着ようとしない。
 中学生のころなんか衣替え早々真冬のように着込んでいたのに・・・。

 親が何を言っても聞かない。
 風邪ひいたって知らないからねーっ!! 
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif



コメント (5)

あのときの涙の訳は・・・・

2006-11-19 11:57:32 | 子育て
 娘のピアノの送り迎え担当の主人が予定外の出張。
 急遽私が連れて行くことになった。

 レッスンが始まって10分ほど過ぎたところで
 なんだか鼻がグスグスしている気配。
 (風邪じゃないだろうにどうしたのかなあ~)

 私の座っているところからは娘の後姿しか見えない。
 はじめは、大して気にも留めないでいたが、
 鼻をかんだ後も 一向に治まる気配がない。

 「泣いてるの?」

 レッスンはいつもと同じ雰囲気。
 取り立てて何か・・・ということもない。
 言葉少ない娘の性格も手伝って 
 このときは先生も私も真意を図りかねていた。

 帰りの車の中で真実判明!

 どうも 思ったとおりに弾けなかったのが悔しかったらしい。
 家での練習ではもう少しできていると思っていたのが、
 レッスンを受けているうち
 ガラガラと崩れ落ちてきたという感じのようだ。

 ふーん。子供って変わるんだなあ。
 末っ子の甘えん坊さんで、マイペースな性格だったのが・・。

 娘の変化にちょっとうれしい母でした。
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif



コメント

紅葉を描きに・・・・

2006-11-18 22:51:08 | 日記
絵手紙教室、
今日はお隣の町の公園までスケッチに出かけた。

 子供を遊ばせるために出かけたことはあっても、
景色を楽しむために出かけたことはなかった。

赤く色づき始めた木々の葉っぱはとても見事で、
なんだか見知らぬところに旅行に来た気分になった。

 絵が大嫌いだった私が、今日は描くことが本当に楽しかった。
そんな自分を楽しみながらあっという間に時間は過ぎた。

 帰りは、みんなで河川敷を約一時間歩いて我が家へ!
 私、こんな素敵なところに住んでいたんだぁ。

http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif


コメント

ソステヌートペダルつきの アップライトピアノ

2006-11-17 00:48:43 | レッスン
 昨日の講座では
 グランドとアップライトピアノの音色を実際に比較して聞いた。

 アップライトを壁につけないで客席に向けたらどうなるか?

 財団においてあったアップライトはすごくいいやつらしく、
 ちっちゃなグランドよりは音が出るかも?という感じを受けた。

 それに驚いたことがひとつ!!

 ソステヌートペダルは
 グランドの特権だと思っていたら
 なんと、ヤマ○アップライトピアノ最高峰SU7というものは
 なんとこのペダルが付いているのだとか。
 村上先生も驚いておられた。

 お値段もC3LAと同じくらいするみたいだけれど、
 予約殺到で今注文しても納期は年明けになるらしい。

 その値段を出すのならグランドを・・
 と思うのだけれどどうなのかなあ?
 一度弾いてみたいなあ・・。
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif



コメント

東洋の魔術師 村上輝久さん

2006-11-16 00:30:47 | レッスン
 東洋の魔術師、村上輝久先生の講座を受けてきた。

 今まで何度も受けている先生の講座だけれど、
 話を伺いながら
 心からピアノを愛していらっしゃるんだなあという思いが
 じんじん伝わってくる。

 今回は、最近(もう結構前?)ペダルの本を出版された
 ピアニスト堀江真理子さんの演奏も聴きながら90分を楽しんだ。

 ただ、今回の講座はブロードバンドで全国配信。
 そのおかげであちこちに機材が散らばっていておちつかない。 

 それに生放送というわけなので、
 最後の演奏ドビュッシーの《花火》を聞いているときなんか
 スタッフの動きが激しくて閉口した。

 どうも時間内に終わるかどうかで気をもんでいる様子。
 結局ぎりぎりセーフといったところだったけれど
 裏事情も一緒に見なければいけなかったので
 なんだかこちらまでどきどき。
 演奏を聴いた気がしなかった。

 堀江さんの演奏はとてもよかったけれど、
 あそこのピアノは
 私的にはあまり好きな音色ではなかったので少し残念!
http://homepage3.nifty.com/poko-a-poko/image/image12.gif


コメント