みうらクリニックのブログ

統合医療(ホリスティック・自然療法)・食事療法(マクロビオティック)・東洋医学・漢方・オゾン治療・免疫療法

ようこそブログにお越し頂きました!

みうらクリニック院長・三浦直樹です。  当院では、現代医学や漢方治療、最先端の点滴療法などに加え、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎず、体に優しい治療を提案させて頂いております。 このブログでは、当院の治療に関する考え方やさまざまな治療方法、生活習慣改善のご提案などをご紹介させていただきます。 また、私個人のセミナーや、イベントの情報、推薦図書なども併せて紹介しています。

第4回 放射線ホルミシス講演会

2011-07-26 10:28:33 | ホルミシス療法
7月24日(日)、東京理科大学において

第4回放射線ホルミシス講演会が行われ、私も参加してきました。


前日の17時にクリニックで行われていた食生活デザイナー養成を終え、東京に移動。

翌朝は10時から17時30分までのスケジュールで講演会が行われました。


会場の東京理科大学・記念講堂は、予想以上の大盛況。

約200名の参加者が来場されていました。


自然療法に関わる方なら知っておられる方も多い

東京女子医大付属青山自然医療研究所クリニック所長で

東京女子医大・准教授の川島朗先生のお話から始まり、

中盤は電力中央研究所の研究者による放射線が健康にもたらす影響の解説。

ラットを使った実験のデータから、糖尿病、心臓病、リウマチなどの改善例が示されました。


名古屋大学名誉教授・飯田先生からは、正しい放射線量の測り方の解説。


公園の最後は、東京理科大学薬学部教授・児島周二先生からは『放射線の光と影』というタイトルで、

原発事故による環境・健康被害の話と、一方で低線量放射線を使って

免疫力を高めることができることを証明した実験の発表が行われました。


最後のセッションでは、低放射線ホルミシス療法を実際に治療として使っている

医師5名と小島教授がパネラーとなってのパネルディスカッションが行われ、

会場から活発に発せられる質疑に対し、先生方がお答えになっておられました。


すべての先生方のお話は、かなり専門的かつ具体的な内容でしたが、

私自身もかなり勉強になりました。



内容をまとめますと、

1.今回のような原発事故はもちろん健康被害をもたらすため、経過の観察が必要である。

  しかし、広島・長崎・チェルノブイリなどのデータや世界中にある研究結果・論文などを

  考慮すると、全ての被ばく地で直ちに健康被害が出る可能性は低いため、

  必要以上にパニックを起こさないことが大切である。(政府がきちんと声明を出すべきだ)

  放射線被害も直接健康状態を悪化させるが、心理的なストレスは2次的に健康被害を起こす。


2.われわれの生命活動には低線量の放射線が必要である。放射線ゼロでは、免疫力が落ちる。
  (細胞内のミトコンドリアの生命維持には、ある程度の放射線被ばくが必要)

  鳥取県の三朝温泉や世界の高放射線地域に、ガン患者や奇形児が多いという報告もない。

  このような放射線に関する知識を高校生までに、きちんと教育に組み入れる必要がある。


3.実際に低線量ホルミシス療法を行っている医師からは、副作用などの報告もなく

  患者様の生活の質(クオリティー・オブ・ライフ)が向上する例があると報告された。



原発事故が終息していない現状で、『放射線は健康に良い』などとは言いにくい現状ですが、

使い方によっては免疫力を上げる事を証明するデータがたくさん発表されました。


私自身の考えでは、低放射線ホルミシス療法の最大の効果は活性酸素を減らす事だと考えています。


当院で行っているオゾン療法などの他の治療も、これを目標にしています。

活性酸素を減らし、錆(サ)びない体を作るためには、非常に有効な治療だと、

改めて感じた講演会でした。


クリニックでも毎日、がん患者様を中心に5~10名の方が
ホルミシス・ルームを利用されています。


より高い治療効果を出すためにも、さらに研究を続けたいと思います。


新兵器? ラドンガス吸入器

2011-04-17 10:21:07 | ホルミシス療法
昨日は岡山の業者さんから新たな機械を貸していただきました。

特徴は放射性ガスを酸素マスクのようなものを付けて直接吸える事。

ラドン系やトリウム系のガスを直接吸うことで、効率よく免疫力を上げてくれます。

低放射線ホルミシス療法の最大のメリットは活性酸素を除去し、
抗酸化力を高めてくれることです。

全ての病気治しの基本の一つは、抗酸化力を高める事です。

福島原発事故の影響で、このような治療は危険と思われる方もおられるでしょうが、
この機械は岡山大学医学部・三朝温泉センターなどで温泉療法を研究されていた
山岡聖典先生が開発にも関わられたものだとか。


昨日今日と、ガイガ―・カウンターを片手に、
色んな実験(人体実験)を行っています<笑>


この機械は、かなり高額なので、現在はお借りしている状態ですが、
色んな使い方ができそうで楽しみです。


ますますマニアックなクリニックになっていきますね<笑>



また、昨日は久しぶりに、たまっていた書籍を乱読。

ガン治療に関する本を20冊ほど読みましたが、
その中の2冊に『とんでも情報』が。

その中の一冊をご紹介すると

『がんの特効薬は発見済みだ!』岡崎公彦著・たま出版

この内容が本当なら、すでに簡単に手に入るビタミンB剤で
ガンが治る、予防できるとのこと。

かねてから私も時々実践しているエドガー・ケイシー療法の
生アーモンド食が有効な理由もこれにつながります。

さっそく、有機生アーモンドをケイシ―療法専門店『テンプル・ビューティフル』さんで注文しました。
(店長の光田さんとは、先日の小豆島・断食会でご一緒させていただきました)

書かれているビタミンB薬剤は週明けに薬屋に発注してみよう。


こちらも情報確認を急ぎたいと思いますが、
知人が直接、著者に会いに行ってくれることになりました。

この著者は京都で開業されている医師ですが、
アレルギーや膠原病などの自己免疫疾患にも
オリジナルの治療法をお持ちです。

こちらもぜひ、調査しなくては・・・


現在進行形で調査中の治療法もあり、自分一人ではとても時間がたりません<泣>

一日も早く皆様が良くなる治療を確立することが私の仕事です。

と、言うわけで、今から実験用に昨日作ったお水を飲んでみたいと思います。

大丈夫かな?

ドキドキですね~<笑>


放射線線量の測定をしました

2011-04-05 14:02:14 | ホルミシス療法
ホルミシス療法
を受けられている皆様、
ならびに今後、御検討されている皆様へ



震災の影響で、当院のホルミシスルーム内の放射線線量を

お尋ねになられる患者様が増えてまいりました。



もちろん、きちんと測定はしているのですが、

より精密に測定するため、昨日から専門業者に来ていただき

12時間かけて測定を行いました。


それなりの金額がかかり、大変なのですが、

世間全体がこういう事態ですので、お金のことは言っておられません。



きちんとしたデータは、後日に連絡を受ける事になっていますが、

今朝わかった簡易データでも、その安全性と治療効果は

きちんと証明されました。


皆様、どうぞご安心して治療をお受け下さい。


………………………………………………………………
■ご予約・お問い合わせ:06-6135-5200
■住  所:大阪市北区東天満1-7 9F
■診療時間:月・木:9:00~13:00 / 14:00~1700
      火・水・金:12:00~15:00/17:00~19:30




院長



花粉症とホルミシス療法

2011-03-08 10:37:11 | ホルミシス療法
今年に入ってから始めた『ホルミシス療法』

現在はガンの方を中心に、腰痛や冷え症、アトピー性皮膚炎、不妊症の方などが
ご利用されています。


そのガン患者様の中に、毎年この季節には外に全く出られない程の
重症の花粉症の方がおられます。

神戸から来院されるので、約1時間くらいかけて通院されていますが、
今年は現在のところ、全く花粉症が出ていないとのこと。

数年ぶりのことに、かなり驚かれています。

もうおひとり、60才代の女性のガン患者さまですが、
この方もずっとあった慢性副鼻腔炎が解消し、
いつも詰まりっぱなしだった鼻がとおり、呼吸が楽になったと
お話されています。

この方も毎年2月初旬から出る花粉症が
今年は全く出ていないとのこと。

ホルミシス療法は、微量の放射線とラドンガスの働きで
白血球のなかにある免疫細胞を活性化させることがわかっています。
(つまり、過剰な炎症反応がおさまります)

上のお二人は、ガンの治療として行う中で、結果的に花粉症がおさまっていますが、
花粉症がおさまるということは、乱れていた免疫機能が回復しているわけですので、
もちろんガンの治療も、良い方向に向かっていることに間違いありません。


一般的な病院では、ガンならガン、花粉症なら花粉症と、
それぞれの疾患をそれぞれの診療科で治療しますが、
当院で行っている治療は、身体全体の免疫力を高めることを目指していますので、
良くなる時には、いろんな病気が同時進行で良くなって行かれます。

これは東洋医学や統合医療を取り入れているからこその結果だと思います。

昨日、来院された卵巣がんの患者様が、

『内科で婦人科の病気が診れるんですか?』と、

お尋ねになりましたが、

『当院では、あんまり病名や病気の場所は関係ないんです。
 とにかく身体全体が元気になるようにアドバイスさせていただきますので』

とお答えさせていただきました。

もちろん患部やその病気特有の症状には対処させていただきますが、
目指すのは、からだ全体が元気になることです。

したがいまして、当院では花粉症でもガンの方でも、
生活全体へのアドバイスはほぼ同じなのです。

花粉症でお困りの方がおられましたら、一度試してみてはいかがでしょうか?

オゾン療法との併用ができれば、さらに高い効果も見込めますよ~!


………………………………………………………………
■ご予約・お問い合わせ:06-6135-5200
■住  所:大阪市北区東天満1-7 9F
■診療時間:月・木:9:00~13:00 / 14:00~1700
      火・水・金:12:00~15:00/17:00~19:30



ホルミシスルーム、さらにパワーアップ!!

2011-02-28 08:31:17 | ホルミシス療法
今週末はホルミシスルームのさらなるパワーアップ工事が完成!

私がインタビューVTRビデオにださしていただいたお礼も兼ねてと、
メーカーさんのご厚意で、パワーアップ工事が行われました。

さらに約60kgのホルミシス・ストーンを漆喰に混ぜて、
ホルミシスルームの壁に塗って下さいました。

これで、今までの1.5倍くらいのラジウム濃度になるはずです。
(ラドンガス濃度は、現在測定中です。)

ラドンガス濃度の測定には、約50時間かかるため
明日の夜にしか結果は出ませんが、メーカーさんも
かなり期待している様子なので、とても楽しみです。

微量に出る放射能レベルも、もちろん少し上昇します。

放射線と言うと、被曝を思い浮かべる方が多いと思いますが、
当院のホルミシスルームは、仮に24時間×365日という期間を
室内で過ごしても、医療用レントゲン1回の被ばく量より少ないので、
安心して入っていただけます。

現在でも充分、治療効果の認められる濃度ですので、
さらなる効果が期待できて、非常に楽しみですね~。

ホルミシス治療の体験は、初回のみですが、
当院に通院されている患者さまは無料、
その他の皆様は通常45分6,000円のところ、
3、000円で体験できますので、ご興味のある方は1度ご来院下さい。

もちろん、見学のみなら無料で行わせていただきます。

尚、診察の都合上、必ずご予約はお願いします

現在までの面白い症例としては、ガンの患者様なのですが、
毎年起きる花粉症が起きていない方もおられます。

腰痛やむくみ、冷え症の方も、かなり改善がみられています。

不妊症の方も入られているので、結果が楽しみですね。