みうらクリニックのブログ

統合医療(ホリスティック・自然療法)・食事療法(マクロビオティック)・東洋医学・漢方・オゾン治療・免疫療法

ようこそブログにお越し頂きました!

みうらクリニック院長・三浦直樹です。  当院では、現代医学や漢方治療、最先端の点滴療法などに加え、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎず、体に優しい治療を提案させて頂いております。 このブログでは、当院の治療に関する考え方やさまざまな治療方法、生活習慣改善のご提案などをご紹介させていただきます。 また、私個人のセミナーや、イベントの情報、推薦図書なども併せて紹介しています。

がんをのりこえる生き方

2018-03-12 13:04:55 | めざせ! 根本治癒への道

【がんをのりこえる生き方】出版記念講演会のお知らせ

日程が迫っておりますが、特別企画講演会のお知らせです。

ガンだけでなく、様々な病でお困りの方、そのご家族、そしてセラピストさんに、

ぜひぜひ聴いていただきたい医療ジャーナリスト・小原田先生のお話。

小原田先生の新刊はこちら



Amazon→https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%81%8C%E3%82%93%E3%80%8D%E3%82%92%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%81%93%E3%81%88%E3%81%9F%E4%BA%BA%E3%81%8C%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%8F7%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8-%E5%B0%8F%E5%8E%9F%E7%94%B0%E6%B3%B0%E4%B9%85/dp/4763136704/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1520827561&sr=1-1&keywords=%E5%B0%8F%E5%8E%9F%E7%94%B0%E6%B3%B0%E4%B9%85


がんや医療問題に関するご著書を多数、出版されている小原田先生のご講演。

当院の患者さんだけでなく、多くの方に、ぜひ聴いていただきたいお話しです。

きっと、しっかり生きていくためのヒントがたくさん得られると思います。

本には書けない「ここだけ話し」も、たくさんお伺い出来るかも?です。

第二部は、和歌山・西本クリニックの西本真司先生、そして私の3人での対談コーナーもあり、とても濃い?話になると思います。

私自身、とても楽しみにしています。

ご興味がございましたら、是非、ご参加下さい(^○^)


詳細・お申込みはこちらですhttp://kokucheese.com/s/event/index/512255/


今日は漢方相談の日

2017-11-08 12:38:03 | めざせ! 根本治癒への道

今日は月に1度の中国人医師・ショウキ先生による漢方相談の日。

大人気で、たくさんの患者さんが来られますので、待合室は普段のソファー以外にパイプ椅子を並べて対応。

漢方も的確に診断していただくと、体質改善や症状の改善に非常に有効です。

...

ショウキ先生のご相談は、保険適応で行っていますので、決して高額な治療ではありません。

ご興味がございましたら、直接クリニックまでお問い合わせください。



*******************************************
みうらクリニック 電話06-6135-5200


受付・診察時間(予約制)
•木:9:00〜13:00/14:00〜17:00
•月・火・水・金:12:00〜15:00/16:30〜19:00

※ご予約の受付時間は、診察時間と同じです。

交通
•JR「大阪天満宮」駅2番出口より徒歩2分
•地下鉄「南森町」駅と地下でつながっているJR2番出口より徒歩2分


医師が伝える【がんの学校】

2016-06-16 09:21:51 | めざせ! 根本治癒への道

【ガンの学校】

おはようございます(^O^)/


週末の杉浦孝之君とのガンをテーマにしたイベントの際には、ある程度の内容が発表できると思うのですが、


当院でも増え続けているガンの方からのご相談に、より具体的に効率よくお応えできる勉強会を企画しております。

テーマは

『ガンの学校~ガンをつくる生き方・ガンを治す生き方』(仮題)

内容は


1.ガンとは何か?がんの正体を考える



2.ガンの食事療法・栄養療法の考え方(体質や症状による判断法)


3.具体的な食材の選び方・調理の仕方



4.砂糖や添加物を使わない調理の実習(デモンストレーション)

  重ね煮や蒸し煮などの実習



5.さまざまなガン治療の解説
 
  西洋医学・代替医療・先端医療の解説と、その選び方について。

 病院との上手な付き合い方など



6.家庭でできる健康法の実習

  簡単な運動法・気功法、呼吸法、瞑想・イメージ療法、温熱療法、お手当て法などのご紹介と実習


以上のような内容を1日かけてお伝えさせていただきます。




クリニックでは、長くてもお一人30分~1時間くらいしか患者さんとお話しできません。そこで、お一人にお話しさせていただくより、


何人かに来ていただき、ある程度の時間、しっかりとお話しさせていただいた方が色んな事をお伝えできるのではないかと考えております。



ガンの方や、そのご家族だけでなく、多くの方に知っておいていただきたい内容です。



また詳細が決まりましたら、お知らせさせていただきたいと思いますね。



『ガンの学校』『望診法』『お手当て法』など、より根本的な治療や病気の予防法についてお伝えしたい内容が多く、

セミナーのスケジュールもタイトになってまいりました。



テキストの締め切りも迫っておりますので、さらに気合いを入れてがんばります!!

花粉症におススメのお茶

2015-03-11 12:20:02 | めざせ! 根本治癒への道

今年も、花粉症の季節となりました。


今日も診察に、花粉症や黄砂、PM2.5などの影響でアレルギー症状が出てきて、眼が真っ赤に充血した患者さんが来られました。



春は東洋医学では肝(西洋医学の肝臓とは少し異なる概念)の働きが高まる季節とされており、



その老廃物を排泄する働きから、過剰に反応するとアレルギー疾患が現れやすくなる季節です。



その中でも、のぼせや目の充血など、体に熱を持って、さらに氣が上にあがっている方に良くお勧めするのが、桑菊茶(そうぎくちゃ)です。




桑も菊も熱をとり、氣を下げる働きがあるので、冷え性の方は控えてください。



漢方薬局などでも販売されていますが、自分で煎じるなら、桑葉3g、菊花茶6グラム、生甘草2グラム、水2.5カップを用意します。




水から生甘草を15分くらい煎じ、そこへ桑葉、菊葉を加えて、沸騰したら火を止めて5分くらい蒸らします。



お茶を濾して、2~3回に分けて飲用します。



菊も桑も、肝と肺に作用しますので、アレルギー全般に作用します。



甘草は、その甘みで胃脾を整えてくれます。



この時期、花粉症で冷え性のあまり強くない方は、お茶代わりにどうぞ。



私は菊花茶を単独でも、眼疾患の方によくお勧めします。