みうらクリニックのブログ

統合医療(ホリスティック・自然療法)・食事療法(マクロビオティック)・東洋医学・漢方・オゾン治療・免疫療法

ようこそブログにお越し頂きました!

みうらクリニック院長・三浦直樹です。  当院では、現代医学や漢方治療、最先端の点滴療法などに加え、食事療法をベースとした、薬に頼りすぎず、体に優しい治療を提案させて頂いております。 このブログでは、当院の治療に関する考え方やさまざまな治療方法、生活習慣改善のご提案などをご紹介させていただきます。 また、私個人のセミナーや、イベントの情報、推薦図書なども併せて紹介しています。

オゾン療法が特集されました

2011-11-30 13:55:45 | オゾン療法
今日届いた統合医療専門の月刊誌『統合医療でがんに克つ』に

オゾン療法の特集が組まれています。



オゾン療法の見出しを拡大すると


4つの病院の先生がオゾン療法の効用と、

病院内での症例を発表されています。


オゾン療法は体のなかの免疫力を上げる治療で、

抗がん剤のように直接がん細胞を攻撃する治療ではありませんが、

副作用がほとんどなく、治療時間も20~30分程度と短いので

他の治療との併用もお勧めしています。


当院でも10名近いガン患者様が治療されていますが、

この治療を受けると体調が良くなるというお話はよくお聞きします。


中には入院中の病院から外出許可をとって当院に来られる患者様もおられ、

抗がん剤治療の後に行うと体調が良いのだそうです。


あと、当院で圧倒的に結果が出ているのがアトピー性皮膚炎の患者様です。

今日も5名ほど来院されますが、皆さまそれなりの手ごたえを感じられており、

治療を継続されています。

効果は個人差がありますが、早い方で3回目、通常は5~6回目くらいから

明らかな改善を自覚される方が多い様子です。


なぜ良くなるかという仕組みもきちんと科学的にわかっている治療ですので、

私としても安心して受けていただけます。


あとは慢性疲労、肩こり、冷え症などにも良いようです。

私自身も疲れたときには受けていますが、

私の場合、明らかに疲れは取れます。


最近では当院に見学に来られる医療関係者も増えています。


あと願わくは、健康保険が使えるようになれば良いのですが・・・


………………………………………………………………
■ご予約・お問い合わせ:06-6135-5200
■住  所:大阪市北区東天満1-7 9F
■診療時間:月・木:9:00~13:00 / 14:00~1700
      火・水・金:12:00~15:00/17:00~19:30



皮膚疾患にはオゾン療法

2011-11-18 18:04:39 | オゾン療法
オゾン療法の症例報告です。


家族性良性慢性天疱瘡(かぞくせいりょうせいまんせいてんぽうそう、別名ヘイリー・ヘイリー病)

という舌をかみそうな長い名前の難病があります。


家族性とつくことからも遺伝的な皮膚病なのですが、腋や股など皮膚がこすれあう部分に

水ほうができ、それが破れて動くたびに激痛が走るという症状をずっと繰り返す病気なのです。


現代医学では非常に治癒が難しく、ステロイド剤,抗生物質の投与など

対症療法しかないのが現状です。


非常に珍しい病気でもあり、私も15年年以上の経験の中で

診察させていただいたのはたった2例のみ。



今回の患者様は、やはり難知性の皮膚病と言われている

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)の患者様が

当院でオゾン療法を受けられて、かなり改善したという話を聞いて

御相談に来られました。


現代医学的な治療はやりつくしたが、効果が出ないので

ぜひオゾン療法を試したいという強い意思をお持ちでした。


今日で3回目の治療でしたが、初回の治療直後から症状の改善がみられ、

2回目の治療後には、ほぼ症状が消失。

それ以降は全く症状が出ていないということで、

10年以上苦しまれていた症状がウソのようだと話されています。


このまま症状が出なければ、或る意味では症例発表レベルの話ですね。



同じく三重県から週に1度のペースで来られている

20代の重症アトピー性皮膚炎の患者様も

今日で5度目の治療になりますが、かなり改善。

何より体調が良いと喜ばれています。


オゾン療法はドイツでは健康保険が適応されるきちんとした治療です。

知人の先生が今年の夏にドイツのオゾン療法専門クリニックを見学された際には、

一日平均200~300人の患者様が来院されるという様子を見てこられました。

また、ドイツではオゾン治療をする医師が1万人以上いるとも言われています。


やはり現代医学では難しい患者様が多いということでしたが、

予防的に健康維持の一つとして行われていることもあるそうです。


私個人の経験として、2年と3カ月の間に、

約2000回のオゾン治療をさせていただきましたが、

アレルギー性の皮膚疾患には効果が高いと感じています。


関西では、オゾン療法を美肌やアンチエイジングを目的に行われている

美容系の成形外科もあることから、免疫を高め、肌に働きかける力は高いようです。


それに何より副作用がありません。
(点滴なので針を刺すのは痛いですけど・・)


現代医学的な治療でなかなか効果が出にくい方には

ぜひ試してみていただきたい治療です。




それにしても日本の皮膚科の病名は難しい漢字だらけで

覚えるのも大変だし、まず書けないですね<笑>


………………………………………………………………
■ご予約・お問い合わせ:06-6135-5200
■住  所:大阪市北区東天満1-7 9F
■診療時間:月・木:9:00~13:00 / 14:00~1700
      火・水・金:12:00~15:00/17:00~19:30







オゾン療法 研修にきていただきました

2011-10-28 09:56:55 | オゾン療法
昨日は、新たにオゾン療法(血液クレンジングと呼ばれている施設もある)を

始められるクリニックの医師と看護師さんの計3名が当院に研修に来られました。


お陰様で当院では延べ回数で毎月110~120回程度の

オゾン療法をさせていただいています。

これは関西圏では結構症例数が多い方だと思います。

そのため、ご希望があれば治療の見学や研修を行わせていただいています。


昨日は7名の患者様がオゾン療法を受けられました。


何例か治療効果の良い方の例をあげさせて頂くと

①60代女性 ガン患者様 8回目の治療
 毎回治療を受けると7~10日間、とても体調が良い。

②30代女性 アトピー性皮膚炎 11回目の治療
 生まれつきの重症アトピーが、かなり改善。
 言われなければわからない程度に回復

③50代女性 重度の肩こりで、ひどいと吐き気がする
 5回目の治療で肩こりもかなり改善。

④20代男性 アトピー性皮膚炎 2回目の治療
 生まれつきの重度のアトピー性皮膚炎。
 1度めの治療で睡眠状態、疲労感が改善。
 皮膚の状態はまだ変化はないが、本人は手ごたえを感じているとのこと。
 
 三重県から来院されており、13回の回数券を購入され、本腰を入れての治療が
 昨日から始まりました。

などなど。


お一人づつ治療成績をご説明させていただくと
その治療効果にスタッフの皆様も益々やる気を出されたようです。

最初は聞きなれない治療法に戸惑っておられたご様子でしたが、
最後には実際に、お互いを治療されておりました。
(私も最初はそうだったので、よくわかります<笑>)

お一人の看護師さんは、点滴中に早くも鼻づまりが解消されたと、驚かれておりました。


と、言うわけでオゾン療法の良さを体験して下さり、

早速来年からスタートされる予定です。


オゾン療法は、まだ取り入れている施設が少ない分、経験のある医師が少ないのが現状です。

当院では幸い患者様が多いので、学会などの実技指導では習わないちょっとしたコツや

オリジナルのメニューなども試行錯誤の末、いくつか習得いたしました。


反応の良い方には、本当に良い治療だと思いますので、

もっと広がれば患者様のためになると思います。


残念ながら健康保険が使えない自費治療となりますが、

他の治療法でなかなか治らない方は、

試してみる価値のある治療だと思います。


………………………………………………………………
■ご予約・お問い合わせ:06-6135-5200
■住  所:大阪市北区東天満1-7 9F
■診療時間:月・木:9:00~13:00 / 14:00~1700
      火・水・金:12:00~15:00/17:00~19:30



夏バテにはオゾン療法!!

2011-08-24 10:01:33 | オゾン療法
先週末に少し秋の気配が感じられましたが、

今日はまたまた猛暑日。


みなさま、夏バテは大丈夫でしょうか?


私自身が疲れを感じた時に行うのがオゾン療法。

私には非常にあっているようで、比較的短時間で疲労回復が実感できます。


私だけでなく、多くの患者様もそう感じられているのか、

夏場にはオゾン療法の治療を受けられる患者様が増えます。


当院ではオゾン療法の治療回数が毎月約90~100回程度なのですが、7月は111回。


今月も同じくらいの回数になりそうです。


夏バテや疲労以外にも、ある乳がん患者様がドイツで行われているガン治療と同じ

プロトコール(治療指針)どおりに、週に2回のオゾン療法を5週間続けられ、

腫瘍マーカーが急下降された症例もありました。


昨日は体操選手も体力維持にと来院されました。


まだまだ一般的には知られていない治療法ですが、

かなり可能性を感じる治療法のひとつだと実感しています。


疲れがたまりきって、病気になる前に一度お試しいただけたらと思います。


やっぱりすごい、オゾン療法!!

2011-06-27 09:03:33 | オゾン療法
先週は色んな調べ物が多く、パソコンの前には座っていたものの

ずっと医学情報を検索しており、あまりブログをアップできませんでした<泣>

とはいえ、先週もいくつかの勉強会に参加。


昨日は西宮市・杉原医院にてオゾン療法の症例検討会。

オゾン療法を行っている医師や関係者のみが集まり、
治療効果や治療法の検討会を行いました。

私は2月の学会に引き続き、アトピー性皮膚炎の改善例をご紹介。

今回は患者様の承諾も得て、写真付きでした。


治療前の写真を撮らせていただいていないので評価が難しいかもしれませんが、

この方は元々、典型的な重度のアトピー性皮膚炎の方で、

ひじの内側も皮膚が堅くなり、かなりの色素沈着が見られていました。


来院時はステロイドの塗り薬(10g)を2日に1本、全身に使用されていました。


オゾン療法(大量自家血療法)を4~5回行ったころから劇的な改善がみられ、

現在は本当にきれいになりました。


かゆみや色素沈着もおさまり、ステロイド軟膏も1ヶ月に2本程度でOK。


もうすぐこちらも中止できそうです。

ちなみに現在の写真はこちら。




幼少時から30年近くアトピー性皮膚炎の治療を行われていたため、

かなり色素沈着もきつかったのですが、いまは本当にきれいです。


治療に来られた金曜日には

『今から婚活(こんかつ)に行ってきます!』と、

張り切っておられました。


はやく素敵なダーリンが見つかると良いですね<笑>



ちなみに、たまに起きていた喘息の発作も、

オゾン治療開始後、1度も起きていないそうです。
(喘息発作がなくなった方は他にも数名おられます)



その他、昨日は他の先生方からも、オゾンガスの皮下注射で転移性のガンが消えたというお話や

キューバのオゾン療法施設の見学報告など、とても充実した内容でした。


新たな治療法も教わり、こちらも徐々に試してみたいと思います。


難知性のアレルギー疾患や自己免疫疾患(アトピー性皮膚炎・尋常性乾癬・リウマチ・膠原病など)には

現在の点滴によるオゾン療法に加え、自分の血液を2~3ccだけ取り、オゾンガスと反応させた後、

再び自分に筋肉注射で戻すという少量自家血療法も有効なようです。


また、大腸や肛門の病気だけでなく、前立腺や女性器の病気にも

肛門から直接オゾンガスを注入するオゾンガス注腸療法も有効だそうです。

この方法で前立腺ガンが良くなった患者様の症例も報告されていました。


まだまだ色んな可能性がある治療ですので、

これからもしっかりと研究を続けたいと思います。


来月には東京理科大で低放射線ホルミシス療法の学会も開かれます。


難病と言われても出来る治療はたくさんあり、

改善例の報告も増えています。


現代医学におけるガンの3大療法(抗ガン剤、手術、放射線)以外の治療法に

御関心がございましたら、クリニックまでお問い合わせください。


尚、当院での治療はすべて一般的な病院での治療と併用可能です。



………………………………………………………………
■ご予約・お問い合わせ:06-6135-5200
■住  所:大阪市北区東天満1-7 9F
■診療時間:月・木:9:00~13:00 / 14:00~1700
      火・水・金:12:00~15:00/17:00~19:30