言うは易し、行うは靖

三浦 靖の成幸者をめざす

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

議会報告

2009年06月18日 | Weblog
 今議会より、一般質問のみではありますがケーブルテレビで放映されることになりました。傍聴者だけではなく、広く市民に本会議の様子がわかっていただけるなら喜ばしいことです。これにより、質問の内容や質問者(質・技術)が良くなっていくことを望みます。来月下旬から放送されるそうですのでご期待(!?)ください。

 今回の目玉は、何と言っても「三瓶観光」関連ではなかったでしょうか。「さんべ荘」等の設置・管理条例や「三瓶温泉」の泉源に関する条例、そして「さんべ荘」「リフト」「ミラドールさんべ」「西の原レストラン」を大田市保養施設管理公社から大田市が財産取得しました。
 これらの件については、議員誰しも諸手を上げて賛成はできませんでした。公社の解散や債務負担、資産の取得など多額の市費を投じなければなりません。ましてや、今まで、市長が理事長、議会から3人もの理事を選出していながら、理由はどうあれ解散せざるを得ないような苦しい財務体質であったこと自体許されるものではありません。しかし、これ以上先延ばしをすれば、状況は悪化するばかりで、できる限り市財政に負担をかけないような処理をするには今しかないと判断し、断腸の思いで整理・処分の決定をしていました。

 さて、この議案についてですが、共産党の議員は常任委員会での採決には賛成しておきながら、本会議では反対をしています。全く理解できません。議会の場をどう考えているのかわかりません。もう少し常識的な行動をしていただきたいと思います。議会を愚弄するようなことを続けるならば、長い間公社の理事をしていた同党の先輩議員を参考人として招致しますよ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 6月定例議会閉会 | トップ | 議会報告2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事