言うは易し、行うは靖

三浦 靖の成幸者をめざす

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

行政視察その4

2010年11月01日 | Weblog
夕張市の財政破綻による市民生活への影響と再建に向けた取組みについて。

夕張市は平成18年に「財政再建計画」を策定し、巨額の赤字を解消するため徹底した行政のスリム化と事務事業の抜本的な見直しを図るとともに、市民生活に必要な最小限の事務事業以外は原則廃止となりました。また、税率の見直しによる市税の増収図るとともに受益者(市民)負担の見直しによる収入の増加を見込むことになりました。

具体的には、市民税が個人均等割3,000円から3,500円に、所得割6%から6.5%に、固定資産税が1.4%から1.45%に、軽自動車税が現行税率の1.5倍(7200円から10800円)に増額、入湯税宿泊150円、日帰り50円も新設されました。また、ごみ処理は一律有料化、施設使用料も5割増、下水道使用料が10 m3あたり1,470円から2,440円に値上げ、各種交付手数料は150~200円の引上げを行い、市民の負担は非常に大きくなりました。
一方、行政側は、職員数を新規職員採用凍結や早期退職勧告により大幅に削減し、平成18年に309人いた職員が定年と自己都合を合わせ全職員の約半数が退職し、現在では145人になっています。早期退職者は、役職者が約7割を占め、部長・次長職は全員が、課長職は32人中29人、主幹職は12人中9人、係長・主査職は76人中45人、一般職の166人中46人が辞め、急な退職で市政の滞り・疲弊等が心配されていながらも、引き続きこの早期退職により人員削減計画の前倒しを実行するそうです。
給与についても、一般職平均30%の削減を行い、特別職は、市長が70%、副市長は64%、教育長は59%、議員は42%の削減となっています。

このような血の滲むような努力の結果、平成18年~20年の3年間で計画通りの31億円の赤字を解消し、平成21年から41年までの財政再生計画を策定し、再生振替特例債の借り入れなどを駆使して平成38年度までに322億円の償還を行う予定となっており、平成25年からは毎年約25億円(元金20億プラス利子)を返済することになっています。
再生計画の中では、①高齢者・子育て、教育②市民生活の安全安心・基盤整備③地域活性化・まちづくりについては懸案事項として限られた予算でありながらも、必要性・緊急性を十分に配慮することになっているようです。

時代の流れ、社会情勢の変化とはいえ、過去の失政が現代の人々を混乱させ、人口流出を防ぐための施策が結果として人口減少に拍車をかけてしまいました。
石見銀山と三瓶山の観光振興に力を入れている大田市は、夕張市の二の舞にならぬよう「行財政改革プラン」を着実に実行していかなければなりません。大田市議会は、チェックを怠らず、プランの実行に対してしっかり提言していくべきではないでしょうか。そんな中、行革特別委員長の手腕が試されていると思います。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 行政視察その3 | トップ | 行政視察その5 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (匿名さん)
2010-11-06 07:55:13
観光振興に力を入れるのは市の仕事をしているのなら、当たり前のことです。それより大田市を第2の夕張にしないように、いかに支出を減らすことだと思います、まず市の内部(議員数や給与の削減)から市は身内に甘いようなのでぜひしてほしいものです。そういう態度を示せば市民もついていくと思います。
Unknown (市民A)
2010-11-06 19:33:21
今、議会には本当のチェック機能が求められていると思います。道の駅ロード銀山の前を通るたびに、市民として胸が痛みます。3セクから無理やり活用策を見出しました!みたいな行政を市民は静かに見ています。お金がかかっているとか、いないとかの問題では無いのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事