永田満徳

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

Haiku Column 「今月の秀句」❾

2017-11-17 09:04:44 | 月刊誌「くまがわ春秋」
今月の秀句(くまがわ春秋11月号)

〜俳句大学 Haiku Column 「今月の秀句」❾〜

◆『くまがわ春秋』11月号が発行されました。
◆俳句大学 Haiku Column 「今月の秀句」❾が掲載されています。
◆これまでの三行書きで散文的な国際俳句が標準になっていることに危惧を覚えて、俳句の型である「切れ」と「取り合わせ」を取り入れた二行俳句を提唱して行きます。
◆7月にフランス語圏、イタリア語圏、英語圏の55人が参加する機関紙「HAIKU」を発行できました。12月20日発行する機関紙「HAIKU」二号では91人が参加します。
◆最近では華文圏に広がりを見せてます。
◆どうぞご理解ご支援をお願いします。
●選句:永田満徳/直訳:向瀬美音

November aout de [Kumagawa shunnjuuくまがわ春秋」!
〜Haikus du mois de Haiku Colum de Haiku Universite〜
◆Le November de aout de Kumagawa春秋 vient d'etre publie.
◆il contient les meilleurs haikus du mois selectionnes par M. Nagata.
◆Selon ce plan nous allons continuer a publier des haikus en deux lignes avec kire et toriawase.

The November issue of 「Kumagawa shunnjuuくまがわ春秋」!
〜Haiku Colum of Haiku University [Monthly best Haikus]〜
◆the November issue of Kumagawa春秋 has just been published.
◆It contains the best haikus of the month sekected by M. Nagata.
◆according to the plan, we will continue to publish 2 lines haikus with kire and toriawase.
●Selected and Commented by Mitsunori NAGATA/Translated by Mine MUKOSE

今月の秀句【11月】
1.
Nadine Leon

fleurs de topinambour
sous terre la mémoire de la guerre
〔Commentaire de M. Nagata〕
Aux endroits où il y a eu des batailles historiques pendant les guerres, le sang a coulé, on y cultive maintenant les fleurs de topinambour. Réflexion pénétrante.
【美音訳】
菊芋の花
土の下には戦争の歴史
〔永田満徳評〕
かつては血を血で争う戦地であり、戦争の歴史が埋もれているところに食用の菊芋が栽培されているという認識は鋭い。


Danièle Duteil

réunion de travail
la porte baille
〔Commentaire de M. Nagata〕
Là où l’on discute d’une accumulation de problèmes liés au travail, on pense que cela peut durer longtemps. L’atmosphère stérile et ennuyeuse est personnifiée par la porte qui baille. C’est très intéressant.
【美音訳】
労働集会
ドアはあくびをする
〔永田満徳評〕
課題山積の労働問題を話し合う集会。延々と続くかに見える、その不毛で退屈な様を「ドア」で擬人化したところが面白い。

3.
Anne-Marie Joubert-Gaillard

Roman
Le rythme de son coeur ralentit
〔Commentaire de M. Nagata〕
Le cours du temps passe tranquillement quand on lit un Roman, elle a senti le rythme du cœur qui ralentit, on éprouve parfaitement de la sympathie pour elle.
【美音訳】
長編小説
彼の心臓のリズムはゆっくり
〔永田満徳評〕
心ゆくまで長編小説を読み進めている時の、ゆったりとした時間の流れを心臓の刻むリズムに感じたところは共感できる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Haiku Column 「今月の秀句」❽ | トップ | 第21号【三島由紀夫と神風連】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

月刊誌「くまがわ春秋」」カテゴリの最新記事