mitumine 夢幻庵日記

夢うつつで過ごしている日々、趣味の絵・旅行・写真・ハイキング・読書などを写真を交えて気ままに記しています。

「長いお別れ」 中島京子 著 文藝春秋社 を読んだ

2017-07-12 04:01:30 | 2017 日記

大黒柱である退職中学校長がアルツハイマーになり、10年間の家族の葛藤の物語。自分がもし惚けたらと思うと、身につまされる思い。

この著者が、山田洋次監督の「小さいおうち」の原作者だと初めて知った。黒木華・吉永小百合の演技をいまでも思い出す感動した映画だった。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨夜、月下美人が咲いた | トップ | 昨日、妻とさい劇で「NINAGAW... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017 日記」カテゴリの最新記事