今日は何をしようかな?

いつの間にやら10年経ちました。
いろいろ忘れないように、書き留めておきます by nori    

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊豆へ行ってきました。(河津七滝編)

2011年12月02日 09時13分57秒 | おでかけ
今日は

今年一番の寒さだそうです。
私は11月の後半、変に寒くて風邪をひきそうでしたが、その時と比べてそんなに寒く感じません。
身体の芯が冷えていたのかな。
皆さんもお気をつけ下さい。

そのせいか急に温泉に行きたくなって、じゃらんで前日予約し、まだ行った事が無かった伊豆稲取温泉へ

11月12日、踊り子号の指定席は満席でした。
ダメもとで自由席に行くとガラガラで


大島を眺めたりしながら、2時間半ちょっとで河津駅です。


目的は河津七滝
伊豆の踊子で有名な天城峠の近くです。
読み方は『カワヅナナダル』
てっきり『ナナタキ』だと思っていました

河津駅からバスに乗ろうと思ったらこんなポスターが・・・



7つの内3つしか見られないみたい
あの台風の影響がこんなところに出ているとは知りませんでした。
バスの車窓から河津桜で有名な川沿いを走り目的地へ。





のどかなところですが11月下旬からはもみじまつりが始まるので、混む事でしょう。
遊歩道にはやはり伊豆の踊子が居ました。




遊歩道沿いに『大岩成就』という場所がありました。
『大岩』と『大願』をかけているのかな。

3個の石を投げて大岩の上に1つでも乗れば願いが叶うそうで、若い女性グループがチャレンジしていました。
3個の『願い石』代が100円とは、結構商売上手
ロートルは『願いがかなったら、お礼にこないといけないのは面倒くさい。』ので通り過ぎます。



その先に見えるのが『初景滝』



ここにも踊り子が居ました。
こちらはブロンズ像です。



水が綺麗で、気持ちよく、大滝を見る事が出来ずに残念!
今度はこちらをメインに泊りにこようかな~などと思いました。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 神代植物園のバラ | トップ | 伊豆稲取 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
“水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本! (大滝(おおだる)温泉天城荘)
2012-07-11 07:15:45
 こんにちは。
 こちらは、映画『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』のロケ地、伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘でございます。お世話になっております。
 昨年(2011年)9月の台風被害復旧が捗らず(※主に私有地内に町が施工管理する大滝一般見学者のための遊歩道)、余儀なく約半年間の休館をいただきながら独自に再開への備えを進めてまいりました。おかげさまで、大勢の皆さまからの応援とご協力によりこのゴールデンウィークに大滝(おおだる)温泉天城荘の営業を再開できました。多くの皆さまにまたおもてなしをさせていただけるようになりましたこと、ご当地の文化・経済・観光等に社会貢献できますこと、本当に感謝でございます。
 再スタートによって明確になった新たな課題や台風被害復旧の継続作業部分等もあります。真摯に、今後もコツコツ個性に磨きをかけて、一人でも多くの皆さまの健康と幸福のお役に立ちたいと存じます。
 これからも『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』ともども伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘、名勝河津七滝(かわづななだる)、国指定重要文化財天城山隧道、河津桜まつり等、何卒宜しくお願いします。
 皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。
 “水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!
☆ 突然で驚かれましたよね。このご縁、この思いが届けられればと願っております ♪
水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!様へ (nori)
2012-07-12 18:16:05
無事の復旧、おめでとうございます。
温泉好きなので、いつか伺いたいと思っています。
益々のご繁栄をお祈り申し上げます。
完全復活はまだまだですが、がんばります♪ (大滝(おおだる)温泉天城荘)
2012-07-21 20:30:56
nori 様へ

伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘です。
コメントをありがとうございます。
映画でご覧いただいているのは、名勝河津七滝で最大かつ伊豆最大級の大滝(おおだる)と河津川、そして河原の湯(滝見風呂)でございます。両方とも敷地15万坪の大滝温泉天城荘の私有地にあります。秘境天城の大自然の中、パワースポット大滝と新鮮な100%源泉かけ流し、桁違いのNatureな混浴絶景露天風呂群(水着着用)が自慢です。
“湯の国ニッポン♪”自然の恵と命の繋がりと出合に感謝です。
☆ この映画での盛り上がりが一時的なものでなく、古き良き“湯の国ニッポン”文化、“平たい顔族の素晴らしき風呂”文化として、秘境天城の大自然とともに、ず~っと大切に共有できればと願っております。皆さまのために「たまには温泉でも」で『温泉の三養』を永遠にご提供させていただけますように ♪
☆ 思いを汲んでいただきました。nori様、本当にありがとうございます。nori様に良いこといっぱい有りますように ☆
☆ 世界に広がれ“温泉パワー♪”ともに頑張ろう“湯の国ニッポン♪”

コメントを投稿

おでかけ」カテゴリの最新記事