今日は何をしようかな?

いつの間にやら10年経ちました。
いろいろ忘れないように、書き留めておきます by nori    

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お気に入りの写真

2007年11月16日 15時11分49秒 | おでかけ
今回の沖縄旅行でお気に入りの写真です。(↑黒いのが私)

大人気なく8時半開館なのに8時に美ら海水族館へ行きバックヤード見学を申し込みました。上から見たジンベイ鮫↓

       

とにかく大きかったです。
サイドのカフェでお茶を飲みながら、いっしょに

         

水族館へ行くなら早い時間がお勧め
少し遅くなると、修学旅行生や団体さんがワンサカでゆっくり出来ませんでした。


おまけ
糸巻きエイもド迫力

          

入館料は1800円、コンビニなどの前売りは1割引き、
道の駅許田では1550円で売っていました。

コメント (10)

『歓喜の歌』完成披露試写会

2007年11月16日 10時07分10秒 | 映画のこと
今日は
急に冬のような風が吹き始め、ダウンコートを着ている人もチラホラ。

昨日は先日当選していた『歓喜の歌』の試写会へ行って来ました。
5:40分に会社を出て、渋谷C.C.Lemonホールへ6時15分に到着。

完成披露試写会だったらしく、一般の当選者は皆2階席へ。
2階席も一番前の列は、招待客用に用意されていて、中段真ん中の端っこ席。

6時半から梶原しげるさん司会でシネカノン代表の挨拶、コーラス隊57名の紹介があり、その後立川志の輔・小林薫・松岡監督がコメント。
続いて安田成美・由紀さおり・藤田弓子・浅田美代子さんのコメント。
浅田美代子さんはキュートなワンピースとブーティ-がとってもチャーミングで、画面で見るよりずっとほっそりとした方でした。
その後、新聞社やテレビ局向けの写真撮影が行われ、終わると1階会場の最前列がガランとして、ちょっともったいないな~。

映画の内容は立川志の輔氏の落語が元になっているため、小林薫さんの高座を聞きにいったような気分になりましたが、後半になると周りですすり泣きが聞こえたので、人によるかも知れません。

詳しい内容はコチラ→『歓喜の歌 公式サイト』
2時間弱の映画でしたが、いろいろな要素が含まれているので短く感じました。

キャストが豪華
立川談志師匠の友情出演ならぬ『無料出演』はじめ、片桐はいりさん、でんでん、筒井道隆、渡辺美佐子、塩見三省、根岸季衣、etc
もちろん志の輔師匠も参加しています。

エンディングは『あの鐘を鳴らすのはあなた』で、てっきり和田アキ子さんの声が流れるのかと思っていたら男声でビックリ。(クレージーケンバンドでした。)

『有頂天ホテル』ほどのドタバタではありませんが、最後は拍手で会場が包まれ終了。

外に出るとNHKホールでも何か催されていたらしく、年配の方が駅のほうへ向かって歩いていて、ちょうど私の前を歩いていた小さいおばあちゃんのリュックには氷川きよしのピンバッチが付いていて、可愛らしい感じ。

何となくホノボノしながら帰途につき10時過ぎには帰宅できたので、たまには夜の渋谷の喧騒もいいな~と新鮮でした。

コメント (4)   トラックバック (1)