おいしいしあわせ

しあわせは 
いつもあたたかなキッチンから・・

買ってしまった。

2019年07月05日 | その他
先週末、
ずっと楽しみにしていたこのドラマが最終回を終えました。
 
西島さんも、内野さんも好きな俳優さんであったことは、
間違いないけれど、時々は小さな変化や事件も起こるけれども、基本的には、緩やかに、穏やかに流れる日常の中にあるごはんに魅せられたドラマでした。
 
この本は放送されている間何度も手に取り、
本当に必要かなぁ、と迷って買わなかったもの。
一応30年近く主婦をやっているから、
この中のレシピを忠実に再現することもないかもしれない。
 
でも、たぶん放送が終わって、
きのう何食べた?ロスなんだと思います。
まだまだ続きが観たい。
 
先週、立ち寄った書店の平積みが目に入り、
とうとう買ってしまいました。
 
ごはんが繋ぐ人と人との気持ち。
 
おいしいものを食べたら、みんな笑顔。
仲直りだってできる。
 
そんなところが好きだったのかもしれません。
 
続編、期待しています。
 
 
 
 
 
 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 紫陽花 | トップ | 夕張メロン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も (hirorin)
2019-10-30 15:34:34
この本買おうかなって思ってます。あのドラマ好きでした。何気ない日常と彼らならではの色々があって。お母さんの梶芽衣子さんも優しいお母さんで。
私もどちらも好きな俳優さんですが、もっと好きになってしまいました。

同じく主婦歴30年以上ですから、レシピ通りにはしないとは思いますが、やっぱりね。あの世界観がいいんですもの。

mittenさんのお仕事、お教室をされてるんですね。
ステキ!
Unknown (mitten4181)
2019-10-30 19:10:35
hirorin さん、こんばんは。
あのドラマ、よかったですよね。
わたしは、今も動画配信で何度も観ています。

気持ちが穏やかになるというか、和みます。レシピ通りではなくても、あの世界観を思い出しながら作ったり、パラパラとページをめくるだけでも、あったかい気持ちになります。オススメです。

わたしの仕事、子供が小さい頃は自宅でパン教室を開いていました。
家を空けなくてもできる仕事をと、
好きだったこともあり習いながら資格をとって。
下の子が中学生になってからは、
外で働くようになりました。
20年ぶりに仕事を持つようになり、初日の夜はめまいがしたのを懐かしく思い出します。(笑)
今も料理すること、習う事がすきなのは変わらず、料理教室に通っています。

コメントを投稿