ウォークラリー

夕方の押しかけ法話まで、天王寺動物園、茶臼山、一心寺を巡って大阪城へ。天守閣は8階だが、一気にのぼるエレベーターは長蛇の列。階段でのぼったのだが「8階まで上ってから下りながら、各階の展示をごらんください」だって!できない相談である。一階ずつ上って展示を見て、8階の天守閣から一気におりた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


年づけ

浪曲で旅した場所を節をつけて唸るのを道中づけと言います。二泊三日の大阪ツアーのために新幹線の中で聞いていた浪曲の中に、1年が過ぎていく様子を唸る個所があったので、私流にアレンジ。「いつか散りゆく八重桜、傘に五月雨受けながし、浴びる夏の日蝉時雨、頭(こうべ)を垂れる稲穂の向こう、山の雪だと見たのはしばし、いつの間ニやら雪の山、百八煩悩叩いて見るは、一富士ニ鷹三なすび、虎のパンツに福豆打てば、香りほころぶ梅の花」ーーお粗末でございました。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


巨大フワフワ長靴の効用。

大きさがわかるように横にスマホを置いて撮ってみた。フワフワ長靴である。残念ながら片方の足の分しかない。昨年の冬からソックスを履いて寝るようになった私(それまでは考えられないことだ)に家内が買ってくれた、今日初めて使ってみた。もちろん両足をこの中に入れて使うのである。汗をかくほど暖かいのだが、一つ欠点があることに気がついた。トイレや台所に行ったりする時にここから出ると、汗が冷えて足がとても冷たくなるのだ。だからと言って、これに両足をつっこんだままヒョンピョン跳ねて家の中を移動するのは人間業(ワザ)ではない。だいいち怪我をする。いっそのこともう一つ買って両足につけたら・・・。ぶはは。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


覚悟は一回すればいい

10代のころからの習性なのだが、何か緊張してやらなければならないことがあると、「あと●時間後には終わっている。緊張を解いていい時間になる」と思う。すると、不思議なことに覚悟が決まる。緊張の時間がスタートするまでそれを何度も思うことはない。一回でいいのだ。覚悟とはそういうものだと思う。今日も9時・10時・11時からお経で、8時の時点で「あと四時間後には肩の荷がおりる」と思っただけで覚悟が決まり、やるべきことをやれた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


「期限なし」はかえって困るのだ

すでに書き始めたG社の本の編集者と打ち合わせをして「で、発行はいつ頃を予定しているんですか」と聞いたら、「特に決まっていません」との答え。あはは。まるで終点がない電車みたいだ。こんな呑気な答えは初めて聞いた。「お布施はいくらでも結構です」と言われているような気になった(この一文に対するコメントはご遠慮ください。ぐはは)。残念ながら、その先二冊の予定があるので、自分で締め切りを12月末日と決めて書くことにした。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


受け皿企画

明日27日は月に一回やっている、14時から「読経の庭」という名前の、お経を読む会。せめて般若心経をくらい唱えられるようにしたい・・・そんなライトな感覚でもご参加いただける20分。その後お茶を飲みながら15時には終わる会ですから、夕飯の買い物もできるし、夕飯の支度にも差し支えありません。あはは。お誘い合わせの上どうぞ。檀家になるのはどうもねぇ、巡拝も信心がないし、ご詠歌はむずかしそうだし、手先が不器用だから写仏はどうも・・・、法話の会は自己否定されそうだしその後のフリートークも何を話していいかわからないし・・・こうして次々に受け坂を考えた結果が「読経の会」なんです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


色気を払拭する時期

木更津の名刹の客殿の二階から外を眺めると、葉を落とした柿の木にきれいに色づいた実がたわわに実っている。30人の方々のご詠歌のお唱えを聞かせてもらうと、「教えるためのご詠歌」を唱えている自分がいやになる。ぐはは。たぶん私は今以上にご詠歌は上手くなることはない。これからはその力を踏まえて、柿の木が葉っぱを落としたように、余計な色気を払拭していこうと思った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


隙間

今日は大学で授業--といえばアカデミックな感じがするがそうではない。私にすれば、これからお坊さんになる(かつての私)に、仏教やご詠歌の面白さをシェアする時間である。大学からの肩書も何もないし、いらない。後期6回はすでに伝えた曲を一曲と、新曲をそれぞれやっていくことにした。今日のメニューは追弔和讃と十善和讃。宗派が檀家さんに薦めている十善戒を、大学では基本以前として教えてくれることはない。その隙間を私が埋めようという魂胆である。ぐはは。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


箒風

今月31日(火曜)は、16時から17時の一時間、大阪天王寺区にある高野山真言宗の興徳寺さんで”押しかけトークライブ”をやらせていただきますhttp://www.kotokuji-sanadamaru.com/。参加灯明料1000円。懇親会も予定しています(3000円予定)。お時間があれば、本ではなくベランメェの法話を聞きにいらっしゃいませんか?お申し込みは密蔵院のHPのトップページにあるメッセージフォーム、もしくはフェイスブックのメッセージからどうぞ。

台風でお寺の前の歩道は葉っぱだらけ。風が強すぎて掃除を後回しにして夕方出てみたら、風が葉っぱを掃除してくれていました。勝手に箒風(ほうきかぜ)と命名。あはは。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ブース

今日はかつてPTA会長を努めた小学校のバザー。雨天のために校舎内での開催となった。15年以上「お名前拝借あいうえお作文(無料)」で参加させてくれている。結構人気のあるブースで開始から15分で40名の枠が一杯になった。開催時間中には書き切れない分をお寺に戻ってきてから書いている。お受けできなかった皆さん、ごめんなさい。申し込んだ方でまだ受け取っていない方は、お寺に取りにきてくだせぇ。ぐはは。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ