蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝日新聞にチーム日光の活動+小川耕太郎∞百合子社の活動が掲載されました。

2012年03月31日 14時47分33秒 | 東日本大震災復興支援活動


朝日新聞に

ボランティアチーム「チーム日光」の取り組みが掲載されました。

記事の中に、小川耕太郎∞百合子社が取り組む

東日本大震災復興支援の活動
も載っています。




話が変わりますが・・・・・・。

この前レストランで食事をした時に耳にした話ですが、東日本大震災以降エシカルを意識した層が増えたそうです。

本来、エシカル(ethical)という言葉は「道徳上の」とか「倫理的な」などを意味する形容詞だとか。

ところが近年、この言葉が、英語圏において少し踏み込んだ意味を持つようになり、環境や社会に配慮している様子を表しています。

例として、エシカルインベストメント(倫理的投資)やエシカルコンシューマー(倫理的消費者)などの語は、

環境保全や社会貢献に寄与する投資や消費者を表します。

フランスでおこなわれたファッションショーでは

生産過程でも製造過程でも論理的につくられている洋服というブランドだけの

ファッションショーがあり大盛況だったそうです。見たかったなぁ~。

発展途上国では、子ども達が宝石の岩石を採掘するまでの労働、繊維工場での労働、綿を育てるまでの労働 他 子どもたちの過酷な労働が問題になっています。

世界の貧困問題は見てみぬふり、わかってはいるけど問題が深すぎてどうしようも出来ない など

それらの問題対し積極的に取り組むことのは一部の団体だけだったように思います。

社会問題を少しでも改善する生産体制をPRすることで

新たな消費を生み出していくというファッション業界。

ファッションというとデザインが一番大切なように思いますが

「デザイナーがおこなう社会貢献や哲学を消費者が着る」という新たなお洒落の価値感を生み出しているような気がします。

この取り組みが流行や新たな広告効果というだけでなく

新しい産業の流れになっていくことを期待しています。




コメント   この記事についてブログを書く
« 蜜ロウ ミストデワックスで... | トップ | 2人の孫に囲まれ掃除ごっこ。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東日本大震災復興支援活動」カテゴリの最新記事