蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マニアックな一枚板。

2012年01月30日 11時06分21秒 | 一枚板
日曜日のお昼前、伊勢の萩原建設様がお施主様と一緒に一枚板を見に来てくれました。
お施主様は森林組合にお勤めの方で、大黒柱や梁などはご自身の所有林から切り出した材を使っています。
建築中の写真を拝見しましたが、平屋で大きなタイコ梁が見える天井の高い素敵な家でした。


カウンター材(約420cm×60cm)と食卓テーブル材(120cm×85cm)を探しているとのことでしたので
タモ材、クルミ材、ケヤキ材などを提案していました。


すると、奥様が奥に立てかけてあった超レア材を見つけ、
ご夫婦でじっと見つめています。


12月13日のブログでご紹介した「物凄い杉」です。



すぐに、この杉の説明をしました。

「高知県大栃というところで取れた杉で、1,000年近く立っていたと思われる材です。
 展示会の朝礼の際、奥でキラキラ光っている材を見つけ、そっくり買ってきました。
 まだ乾いていないので割れなどが生じる恐れがあります。」


こちらの盤も見ていただきました。






お二人とも「これを半分に切ってつなぎ合わせて食卓テーブルにしたい。」とおっしゃる。
下の写真の一番左側。



マニアックな中でも一番の極みです。
「割れや反りが出たら、再度削り直すから。」とのこと。


萩原さんも良いのではないかということになって、
この板に決まりました。


カウンター材はおとなしくしようということで
ヒノキ柾目積層材になりました。


いや~、分かってくれる方がいるのですね。
私がこの盤を見つけた時と同じような興奮状態でした。


私もドキドキです。
どうか素敵なテーブルになりますように。


近々、萩原さんが取りに来て加工されます。
出来上がったテーブルの写真をくださいとお願いしたので、
完成した家に収まった写真が届いたら、またご紹介します。


コメント   この記事についてブログを書く
« 長勝監修チップソー 英訳バ... | トップ | 幾何楽堂の小坂さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一枚板」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事