蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

別冊チルチンびと 特集「ミツバチがくれる自然の恵みを生かす知恵--蜜ロウワックス誕生の秘話」

2013年08月02日 06時42分37秒 | 国産材啓蒙活動

▲別冊チルチンびと

ミツバチがくれる 自然の恵みを生かす知恵

「未晒し蜜ロウワックス」誕生秘話

発売当初に取材していただいた時の

記事が再編され、掲載されました。

耕太郎さんも「せっかく尾鷲まで取材に来ていただくのなら!」と意気込み

尾鷲ひのきプレカット協同組合様、畑中木工様、速水林業様 他

様々な会社のご案内をさせて頂きました。



▲11年前の記事です。懐かしい!夫婦2人で商いをしていた頃です。若い(笑)

この時、取材に来ていただいたライターさんは保谷野初子さん
取材中の質問がとても素晴らしく
出来上がった記事をみて感動した覚えがあります。
カメラマンは雑誌「山と渓谷」で有名なカメラマン三宅修さんのご子息三宅岳さん。
今思うと・・・素晴らしい方々に尾鷲へ来ていただきました。


▲保谷野初子さんの本
著書『水道がつぶれかかっている』(築地書館)は、
ダムなど過大な公共事業が水道事業を圧迫している
メカニズムを解明し大きな反響を呼びました。
『長野の「脱ダム」、なぜ?』(築地書館)では、
脱ダム政策の背景を解説し新たな水政策を提言されています。
保谷野さんにお会いするまで、「川」「水田」「ダム」などをキーワドにした
環境問題をまったく知りませんでした。



▲三宅修さん、三宅岳さんの本


今、改めて11年前に取材に来ていただいた時を思い起こし
当時の気持ちが蘇ってきました。

コメント   この記事についてブログを書く
« インフォグラフィック | トップ | ご夫婦の腕の太さにプロ意識... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国産材啓蒙活動」カテゴリの最新記事