蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鋸の革命児~ 長勝さんの研いだ半月鋸②~

2011年09月13日 10時19分08秒 | 新商品_長勝さんノコギリ
昨日のブログでもお伝えしましたが、今日も長勝さんが研いだ(目立て)半月鋸のお話をさせていただきます

▲市販の替え刃式鋸を長勝さんに研いで(目立て)頂きました。両者を並べると、刃の大きさがまったく異なります。






刃と刃の間の長さをピッチと呼びます。
従来の鋸業界の常識
鋸の刃が細かい→ピッチが小さい→挽き終わるまで時間がかかるが、切り口がきれいに仕上がる
鋸の刃が粗い→ピッチが大きい→早く挽き終わるが、切り口が粗い

長勝鋸の場合は、目的に応じて、ピッチを大きくしたほうがキレイに仕上がるとか。
今までの常識や慣習を覆した技術ともいえます。




もう一度、長勝さんの研いだ(目立て)半月鋸をご覧ください。
 

次に市販の替え刃式鋸の目立てをご覧ください。
 





▲長勝さんからレクチャーを受けました。長勝理論「よく切れる鋸とは」



基本的には、このような依頼は受けていないのですが
今回は、実験的に行い研いで頂き、
お客様の要望を引き出すヒアリングを直に聞くことができました。

長勝さんがいつもおっしゃっている
「現実を見ずして、真実はみえてこない」という言葉の深さも良く理解できました。
しかし、今自分が感じている以上に、もっともっと深い言葉なんだろうと思います。


一見、短いように感じたヒアリングでしたが
長勝さんはお客様の声から様々なことを引きだし、
このお客様はどのように研いだら良いのだろうかと整理してから
研ぎ(目立て)をされていたことがよくわかりました。





研ぎなおす(目立て)というより、お客様の要望に合わせ、新たに作り直すと言ったほうが的確なようです。
img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/35/97/d13eefa03ab0be2d31de2c08149205ca.jpg" border="0">詳しくはこのバナーをクリックしてください。web紙芝居長勝研ぎ理論にリンク



この技術、後世までに伝えていく仕組みをつくらなくては。
日本の財産です。
一度鋸をお買い求め頂き、この技術を手にしてみてください。


お弟子さんの須藤さん!厳しい修行を乗り越え、頑張ってくださいね!
小川耕太郎∞百合子社は一同応援しています。
職人さんたちは、切実に応援しています。

長勝鋸ホームページは左のバナーをクリック

長勝鋸商品一覧は左バナーをクリック




長勝鋸の詳細は下記をご覧ください。

長勝鋸~半月鋸~

長勝鋸~縦挽き~

長勝鋸 硬木用

長勝鋸の反響。

長勝さん鋸研ぎ講座 in チェコ イギリス ドイツ
長勝さんが研いだ 廻し挽き鋸+畦挽き鋸。

自分を甘やかさずに、客観的に技術の向上を目指し、社会に貢献できるよう研鑽を積む

長勝さんの研ぐ、腰鉈

長勝さんの研いだ腰鋸

長勝鋸 改良刃(窓鋸)の鋸のご案内①

長勝鋸~縦挽き専用導突鋸~ スーとした力で挽いたほうが美しく切れる。

削ろう会 IN ドイツ ~8ヶ国の職人が集まり、エンジン等の機械を使わず手仕事で鳥居を建てる~

鋸の革命児「長勝さん監修 チップソー」復刻!?~良い大工道具を目指して~

フィンランドから研究論文のため、小川社へ。~長勝さんのノコギリを体験~
長勝さんのノコギリでケヤキを切る。~広葉樹専用ー導突ノコギリ~

帰ってきました。

また凄いものを見つけました。















コメント   この記事についてブログを書く
« 特注長勝鋸 ~半月鋸~ | トップ | 幾何楽堂の小坂さん(チーム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新商品_長勝さんノコギリ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事