蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

草木灰藍染越前生漉奉書

2014年08月12日 13時04分09秒 | 草木灰越前生漉奉書
インター生に「草木灰越前生漉奉書を海外に売り込め」という指令を出し、
桂離宮、岩野市兵衛さんの工房、藍染の雅織工房の見学をして、
さあどういう風に表現していこうかと打ち合わせを重ねていたら、


あら不思議


先ほど、「桂離宮のようなふすまを作りたいのですが、市兵衛さんの奉書の在庫はありますか?」という
メールが届いた。


弊社では、こういうことがたびたび起こるのです。
どうにかしたいと重い扉を押していると、今まで何度も動かそうとして駄目だったのに、
突然、前触れもなく、すーっと扉が開き始める。


あきらめずにやり続けることが大事なんですね。


そうすると、絶対に動かすことのできないようなに大きな岩も動いてしまう。


そして、一旦動き始めると、今までがうそのようにどんどん動いていく。


今回もその流れになると確信しました。


うれしいので、桂離宮・松琴亭の写真5連発。(写真も上手になってきたでしょ。)











コメント   この記事についてブログを書く
« 桂離宮 | トップ | 九代目岩野市兵衛が漉く「草... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

草木灰越前生漉奉書」カテゴリの最新記事