ギャラリー 一間

骨董ルクラシックのギャラリー。京都市下京区突抜2-357。
不定休です。

越前焼壺

2018年09月24日 14時38分11秒 | 骨董

越前焼壺。

紐造りによる成型で、室町時代ころのものです。

全体に刷毛で鉄釉が塗ってあります。

口はやや玉縁、経年の汚れやシミ等はありますが、

もれはありません。

口径 約16.4センチ前後

胴最大径 約22センチ前後

高さ 約26.5センチ前後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 李朝初期白磁塩笥 | トップ | 煎茶器筒盃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

骨董」カテゴリの最新記事