ギャラリー 一間

骨董ルクラシックのギャラリー。京都市下京区突抜2-357。
不定休です。

李朝徳利

2018年10月13日 09時40分48秒 | 骨董

李朝徳利

高さ 約12.4センチ前後

容量は正確に計っていませんが、約1合〜1合半くらいかと思います。

なかなか手にすることのできないサイズです。

高麗末〜李朝初期のものですが、

どちらかというと高麗の姿に近いです。

おそらくは草木土灰釉的な釉だと思います。

透明度が高く、全体に貫入があります。

腰にひっつきを剥がした跡、

口縁に丁寧な金直し、

総釉のベタ高台にひっつきがありますが、

李朝とくりのなかでも鶏龍山に匹敵するものと捉えています。

高台かたつきます。

おそらく数年に一度手にできるかどうかの逸品です。

当方で現在毎晩使用していますので、かすかに酒の匂いが残っていることはご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 李朝徳利と萩筒盃 | トップ | 李朝塩笥 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

骨董」カテゴリの最新記事