ギャラリー 一間

骨董ルクラシックのギャラリー。京都市下京区突抜2-357。
不定休です。

根来文具箱

2019年01月06日 10時57分59秒 | 骨董

根来硯箱もしくは文具箱
時代を経てさまざまな直しあるいは塗り直しが施されています。
室町・桃山のいわゆる本来の根来ではありませんが、
江戸時代中期の後期~江戸後期くらいはあるかと思われます。
硯箱のスペース、水滴のスペースがあり、
金具も多少ぐらついてはいるものの、
実用できます。
ワタクシ的には好みの盃などを保管しておくのにちょうど良いかと思います。
画像からもおわかりいただけますように、
経年変化による傷みがあります。
約22.5×17.5センチ前後
高さ 約11.5センチ前後












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 伊万里 印判手 蕎麦猪口 | トップ | 李朝白磁馬上盃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

骨董」カテゴリの最新記事