ギャラリー 一間

骨董ルクラシックのギャラリー。京都市下京区突抜2-357。
不定休です。

白天目

2018年12月30日 08時02分04秒 | 骨董

白天目。

桃山〜江戸初期、16世紀後半から17世紀初頭。

段付のこのタイプが発掘されたのは美濃の大平と元屋敷窯だそうです。

画像にある通り、口縁には直しやホツがありますが、

完品ででることはほぼなく、逆に完品の白天目があればまず疑って良いかと思います。

コレクター氏が所持しておられたものを先輩業者さんを通して譲っていただいたもので、

誂え箱と仕覆が付属しています。

当方でも何度も使用しておりますが、手取りよく、志野独特のこのやわらかい釉肌が本当に手になじみます。

ニュウがありますので、数年後にはとめたほうが良いかもしれません。

径 約11.6センチ前後

高さ 約7.8センチ前後

骨董ルクラシックで販売しますが、

カード決済ご希望のかたは、ルクラシックの実店舗であるギャラリー一間が入っている、

イトノワさんのオンライン「itonowa ONLINE STORE」にてお求めください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 李朝のぐいのみ | トップ | 明代裂銀欄袋物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

骨董」カテゴリの最新記事