鎮守の杜から
葛木御歳神社神職が、神道についてや、日々感じたことなどを思いつくままに綴った私的なページです。
 



28日、あまりに良い天気だったので、思い立ったが吉日で和佐羅の滝へ出かけました。
東吉野の丹生川上中社の先のやはた温泉から5km程のことろです。

ここ、MY滝なんです^^
特別な思い入れのある場所です。

山の中を歩いて、道なき斜面を滑り降りたところに、立派な滝が突如現れます。
少し、秘境の趣です。

ちょっと区切りもつけたいし、禊装束を持参して行きました。
人がいなければ川へ入ろうと^^
禊の時は、基本一人で行きます。

最初に行った時はこわごわでした。
二回目もまだ怖さがあったかな。
今回は三回目ですが、怖さは全然なかったです。

4月ですが、お日さまがきらきらしていて、本当に暖かい。
水浴び日和です^^
軽い山歩きで汗をかいて、体は温まっています。
滝の水量も丁度よい感じ。
水は滝なので結構流れがありますが、心地よく身体を通り抜けて行きます。

前回は10月でしたが、同じくらいの気温かな~。
この時期だと、水から上がると体がかえってぽかぽかします。
とても軽くなって、重たかったパソコンの要らないファイルを削除したような軽快さ。

体を拭いて着替えていると、川の中の平べったい大きな岩が陽だまりになっています。
滝に向かって正座すると背中から太陽を受けて実に心地よい。

思い立って、鎮魂行法をやりました。

滝の轟音以外、何も聞こえません。
目の前の岩の水たまりで小さな鳥が水浴びをしています。

時々目を閉じて音の中に酔います。
目を開けると、風景が強いコントラストで飛び込んできます。

気持ちの赴くままに、30分くらい座ってました。

今回は誰にも邪魔されず、自然の中に一人入り込んでいました。
こういう時の心地よさは他に比べるもの無しですね。

時々は行かないとなあ~と思いました。

でも、少し反省です。
やはり、センシティブになるのかなあ。
現実とのギャップに対処できない。
その夜、現実の中の難しさがとても異物となって、洪水のように感じてしまった。
でも、それこそが現実であり、対処すべき問題でもあります。

自然の中では、自己の存在はあまりにも小さくて、
自然は畏敬すべき絶対者のような存在に思えます。
ですので、自分の自己のプライドも自意識もあってなきもの思えます。
なので、悩むことはないわけです。
すべて受け入れることができるわけです。

人と人の関わりでは、優位性に絶対的なものがないから、
主張した者勝ちのようになります。
あるいは主張した者が、集団の中で袋叩きに遭うこともあり得ますが。。。
どちらにしても、自己の優位性を保とうと思うのは、人間の本能のようなものです。
そのために、当然理屈を捏ね回すわけです。
なんとも醜いですが、それが人間の性でもあります。

私も人間ですから、醜い部分は当然持っています。
それが、どっと異物となって違和感となって襲いかかってくることがあります。
瞬間、食細胞が己の細胞を喰らうように
耐えがたい痛みとなって蝕まれていくような恐怖を感じることがあります。

さてさて。どう対処するかですね。
これがなかなか面白い。
どこかに冷静な自分がいて、面白がっているわけです。
当然最初は余裕がないですが、これも経験ですね。
悩むことも必要ですが、時には傲慢さも必要なのかも?とも思います。
落とし所を見つけないと精神が持たないですから^^

どうなのかなあ~
そんなことを超越してしまっている人もいるのでしょうけれど。。。
精神の揺れは色々悪影響をもたらします。
ならば、揺れない自分を確立するべきなのかなあ~

ふふふっ^^
相変わらず面白いですわ。
今回は一晩で解決。
前向きに次回のお祭りの準備をがんばりましょう^^


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月18日に崇敬会総会を終えました。
総会では結構熱い議論をしました。
皆さんがとても真剣だからこそです。
新たな黎明期に入った御歳神社は、
これから続く長い歴史の基礎固めの時期です。
だからこそ、熱も入りますし、とても大切な時期なのだと思います。
10年後に懐かしく思い出せるように、
今、真剣に事に当たりたいなあと思っています。
きっと、きっと、大丈夫。
輪の中心には御歳神社の神さまがいらっしゃいますものね^^

会員の皆様に会則等の文書を送付しました。
以下はその時に書いた文章です。
-------------------

崇敬会会員のみなさまへ

ようやく気候も安定の兆しを見せて、若葉が目に美しい季節となって参りました。皆さまにおかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 
 さて、第二回崇敬会大祭・総会も明るい日差しが降り注ぐ中、無事滞りなく終えることができました。これから十年、二十年、三十年と続くであろう崇敬会の礎を皆さまの真摯なお心で真剣に築いていけることを嬉しく思っております。遠くは北海道や九州、山口からも会員になってくださる方もいらして、遠くからも近くからも広く御歳神社の輪が幾重にも広がっていることを何よりありがたく思います。

 今年は10月30日に平城遷都1300年祭記念イベントの一環として「御歳神社の奥山登拝と、能葛城顕彰の会」を御歳神社で開催いたします。皆さまのご協力、ご支援を頂ければ幸いです。
 昨年9月に発足いたしました「おとしだまの森倶楽部」での奥山整備活動も10月のイベントに向けて登拝路の整備に力を注ぎたいと思っております。
 昨年、5月3日の御田祭りではお田植え神事が数十年ぶりに復活しました。少しずつ充実させてよりよいお祭りにしていきたいと思っています。今年は御田祭りの際に宮司就任報告祭を行います。
 御歳神社がお年玉の起源に関わる神社だということも、少しずつ浸透しつつあります。「トシ」の持つ意味、意義を今後も掘り下げて御歳神さまの御神威をもっと知って頂けるようにしたいなあと思っています。

崇敬会の輪と重なるようにして、氏子さんの輪、「おとしだまの森倶楽部」の輪、「葛城顕彰会」の輪、地域を良くしていこうという地域の方々の輪、ネットを通して全国から御歳神社に熱い視線を注いでくださる方々の輪…など様々な輪が優しい響きで響きあって取り囲んでいるその中心に御歳神社の神さまが居てくださる…微笑みながらご覧になってくださっている…だからこそ、特別な空間であり、特別な御神域は、さらに清らかな光を発しながら保たれているのでしょう。

人一人の小さな力がたくさん合わさって何かができるのだと、この場所に居ると実感いたします。皆さまにもその心地よさを感じて頂けたら嬉しいです。今後とも、良いご縁が広がりますように念じております。どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

平成二十二年四月二十日         
葛木御歳神社 宮司 東川優子


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




4月24日はおとしだまの森倶楽部の作業日。

やっと助成金での道具が手に入って、いよいよ本格的な作業。

今日の目標!杭100本、横木50本!
の隊長の声に、無理でしょ?!と思いましたが、
なんと5人で余裕で出来ました^^すごい!!


杭2本に横木を渡して、土を盛ると、階段ができます^^
今日は道幅がない池の上部に試しに階段を作ってみました♪

「おおぉぉー!良い感じやん♪」

土を固める道具は先日NHKドラマ「大仏開眼」でも使っていたものを手作り^^
木槌も手作りしましたが、使い心地抜群です!






無事、良い形で作業を終えて、満足満足~~~!
この快感が良いんですよね~
楽しかったです^^

銀龍草も咲いていましたよ^^




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




おとしだまの森倶楽部のキャラクターミトシちゃんの作者から
素敵なメッセージを頂いたので、
勝手に載せさせて頂きます^^

「どうぞ末永くよろしくお願い致します♪
ミトシちゃんは少し怖がりやさんで、大きな声が苦手です。
でも楽しいことが大好きです♪
みんなが楽しんでいるとどこからか現れて、肩のあたりで踊っています。
普段は15センチほどですが大きさ、姿を自由に変化させます。
みとしの森で、珍しい人がお手伝いしにきたら、
その人はミトシちゃんかもしれません。
いつもの仲間のように、声をかけてください♪」

ミトシちゃんは、三次元の世界へ行きたがっているそうです^^
なので、そのうち、横顔バージョンや、後ろ姿もお目見えするかもしれません^^

眺めていると、色々語りかけてくれます^^
そのうち絵本の世界にデビューもありかも?!

ミトシちゃんが、小さな羽で、これからどんな世界に羽ばたいてくれるか、
本当に楽しみです♪

土曜日はようやく、新品の整備道具が届いての作業になる予定です^^
楽しみ♪楽しみ~♪
参加したいなあという方は大歓迎です^^
ぜひメールをくださいね^^

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月のおとしだまの森倶楽部の作業日は
4月24日(土)10時頃からです。(午後4時には終了予定です)
どなたでも参加頂けます。
保険の関係上、4月22日までにご連絡くださいね。

さてさて!
写真の通り、おとしだまの森倶楽部のロゴマークができました!!
「デザインスタジオきゅう」の九ちゃんが、厚意で作ってくださいました^^

ロゴマークと森にすむ精霊のミトシちゃんです♪
どうぞよろしくです♪

色々な場面で使いたいなあと思っています。
九ちゃん、ありがとうございました!!

デザイナー九ちゃんからのメッセージを掲載しておきます^^

「どうぞ末永くよろしくお願い致します。
ミトシちゃんは少し怖がりやさんで、大きな声が苦手です。
でも楽しいことが大好きです♪
みんなが楽しんでいるとどこからか現れて、肩のあたりで踊っています。
普段は15センチほどですが大きさ、姿を自由に変化させます。
みとしの森で、珍しい人がお手伝いしにきたら、
その人はミトシちゃんかもしれません。
いつもの仲間のように、声をかけてください♪」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


祈る  


NHKドラマ「大仏開眼」は面白かったです。
前編のラストで藤原仲麻呂を華奢な真備が「理」で追い詰めるシーンは圧巻でした。後編では、とうとう武力衝突します。
その戦いの前に、吉備真備は大仏に手を合わせます。

「一度だけ戦をいたします。お許しください。長くは戦いません。国を疲弊させる戦にはいたしませぬ。…どうか、私の戦に間違いがありませぬよう。」

吉備真備ならきっとこう言ったのだろうと思えます。
このセリフが勝利させてくださいと祈ったなら、興ざめです。
許しと導きとを祈ったわけです。


神や仏に祈るとき、私にとって、神は、「理ーことわり」なのだと思う。
自然の摂理。この世が自ら動くその動きのそのもの。

私たちは、その「理」に従っていきたいと思います。
そう思うからこそ、迷うときは苦しいのです。
「理」に従って動かなければ、うまくいくはずがないと思っています。
それが、私にとって、神を信じるということなのかもしれません。

「理」を曲げて勝利しても、それは本当の勝利ではなく、
一時の現象に過ぎません。
その現象が、どのくらいの長さ続くのかはわかりませんが、
「理」を曲げて事を成したいとは思いません。
それはきっと私の信仰、信条の類かもしれませんが。

決断は、自ら下さなければなりません。
考えて考えて、自分としては正しいと思って決断します。
でも、それが正しいのかどうか、本当のところはわかりません。
対立する考えの人が居れば、なおさらです。

でも、自分で納得できないことは、所詮出来ません。
だから祈るのかもしれませんね。

「私の決断に間違いがありませんように」と。

もし、間違っていれば、敗れても良いのです。
その方がずっと良い。

自然にも人にも自浄能力があると思っています。
それは、人一人の人生の中にも、修正が可能だということですし、
大きなマクロの流れの中で、多くの人の人生すべてを賭けての修正もあるのでしょう。

歴史を見たとき、殆どの人はよりよく生きることを欲して
それぞれに信じて生きて行くのだと思います。
そのすべてが尊く、そのすべてが、
自然の摂理の中で動いていくのかもしれません。

出来ることなら、淘汰される存在ではなく、
「理」に適った存在として生きていきたい。
もちろん、淘汰さえも、自然の摂理の中で
その時、存在するべきものだったということなのでしょうけれど。

考えて考えて、悩んで悩んで、
生きていけることを何より神さまに感謝しています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現状の瑣末なことばかりではなく、長い目で大局を見たいものです。
それこそ、神さま目線^^

御歳神社を十年後、二十年後、百年後、千年後、どうしていきたいかです。

常に、そのビジョンを持って進んでいきたいです。

百年後、私たちは確実にいません。
でも、神社は残す必要があります。
そのために、何が必要かです。

御歳神さまが、何を望まれているのかを察して動くのが、
私たちの仕事です。

御歳神社に心を寄せる優しい方たちが、
御歳神社に参拝して、ああ、心が洗われた!気持ちが良かった!
という神社にしなくては、何のために努力しているのか、わかりません。


百年後。
春、シイノキの若葉によって金色に光り輝く鎮守の森が金剛山から見えます。
そこに、お優しい御歳神さまがご鎮座なさっているのです。
人々は、美しい自然と、清浄な空気を求めて、
この場所に参拝に来るのです。

千年後。
連綿と続く神祭りが、千年後も変わりなく行われているのです。
「ここは三千年、神祭りの斎庭なんですよ。
神さまの御神気に満ちていますね。」

などと語り合いながら。。。。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )