鎮守の杜から
葛木御歳神社神職が、神道についてや、日々感じたことなどを思いつくままに綴った私的なページです。
 



今日ははーもにーさんとお出かけしてきました。
橿原考古学研究所博物館で開催している「葛城氏の実像」を見てきました。こちらの研究所の方とちょっと知り合いなので、いらっしゃるかなあと受付で尋ねましたら、出てきてくださって丁寧に展示の解説をしてくださいました。すっごく得した気分。ゆっくり見せていただいて、少しだけ「実像」を垣間見た気がしました。その学芸員の方も仰せでしたが、大半は御所市教育委員会が持っているのに、展示するところがないので普段は公開されていないそうです。これってもったいない!貴重な考古学的資料に親しむ事が出来れば、「葛城」にもっと興味を持ってくださる方が増えるはずなのに。これは地元の私たちが強く働きかけないとなあと、思いました。




それから、明日香行こうか、と車を走らせて、どこ行く?稲淵いこうか?加夜奈留美命神社いきたい!と男綱・女綱も見て、加夜奈留美命神社へ。
ずっと行きたかったところです。
ようやく来られました。いいところでした。
横に飛鳥川の源流が流れていますが、水が冷たくて水量が多いのです。
もう少し遡ってみようか?と水の好きな二人で川沿いに歩きました。
暑い日でしたが、川からの冷気が気持ちよかったです。
所々が小さな滝になっています。
滝のそばに下りてしばらくぼーっとしていました。
マイナスイオンいっぱいで気持ちいい!
素足になって川へ入りたい衝動に駆られましたが、
今日は自重して、滝のしぶきを体中に浴びている様子を夢想しながら、滝からの空気を楽しみました。

夏になったら、行きたいね。
うん♪行こう、行こう!とお約束しました。


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




このところ、とんでもなく多忙な毎日です。
今日は、先日地鎮祭をしましたお宅が完成しましたので、神棚を遷す神事と新宅清め祓いの神事をしてきました。日曜日にお電話頂いて今日が日がいいからとのご希望。昨日は夕方まで大阪でしたので、帰ってから祝詞を作って練習して今朝から榊を取ってきて執り行いました。昔からの神様のおふだがたくさんお祭りされていて、どうしましょうかとのご相談でしたが、今まで一緒にお祭りしてきた神様ですから、引き続きお祭りされては如何でしょうかとお話させて頂きました。そして、神様の御名がわかるおふだは、出来るだけ、古いおふだを持ってその神社に詣でられて、新しいおふだを頂いてこられるのが良いことだとお話させて頂きました。

よく、「たくさん一緒にお祭りして喧嘩されませんか?」と尋ねられますが、「大丈夫ですよ」とお答えします。ありがたいことに日本の神様は八百万の神様というだけあってたくさんおいでになられます。その神様が色々な役割をお持ちで、ある意味役割を分担されているようにあられます。ですので、それぞれ大切にお祭りすれば、大丈夫なのです。遠くの神様にお願いしたい時もどうしてもそちらへ参詣できない時は、地元の神社に詣でて、産土の神様にお願いすれば、取り次いで下さるとも言います。ありがたいですよね。

今日は先代からお祭りしていてどちらにおわす神様なのかわからない神様もおいででしたが、ずっとここでご家族をお守りしてこられた神様ですので、そのまま御遷座いただきました。それもステキな事だなあと思いました。もうなくなられたご祖父様が大切にされてきた神様です。きっとお祖父様と一緒に家族をお守りくださることでしょう。

祝詞はその都度作ります。お家の事情やお気持ちをお伺いして心を込めて作成します。今日のために作った祝詞は、依頼主のお気持ちにピッタリ重なっていて、とても気持ちよく祭典をさせて頂きました。こういう日は本当に嬉しくなります。いつまでもお守りくださいますように。。。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は雨の予報。で、あ~あ!と思っていました。
今日、老人会で神社のお掃除に来てくださることになっていたのです。
雨なら中止だなあと思っていましたら、なんとかお天気がもって、綺麗にお掃除していただきました。老人会のみなさまと、神様に感謝!!

今、神職の二つめの資格のために橿原神宮へ実習に行っています。仕事の無い日はほぼ行っているので、神社のお掃除がままならない。この季節、葉っぱがすごいのです。秋だけでなく春に落葉する種類も随分あります。葉っぱ一杯だなあ…と思いながらも、お掃除する日がなくて、今日は特別助かりました。

朝一番のお掃除を済ませて、午後からの仕事の前に、「今日しか行ける日が無い!」とキトラ古墳の公開の「白虎」に会いに行ってきました。

すごく良かったです。天気が今ひとつだったせいか、思ったほど混んでいなくて、すんなり見られました。

やっぱり本物は違う!
美術展ですごい人を掻き分けていくよりテレビで見たほうがよく見えた、なんてこともよくありますが、この「白虎」ぜひ実物を見ていただきたいです。

ああ!いにしえからの息遣いが聞こえる…なんて浸っていました。
「白虎」ですが、龍の描き方に似ています。陶芸家の夫は、李朝時代の壷の龍の模様にそっくりだなあと話していました。
右が頭なのは、下絵は写し絵だから。原画は左頭だったとか。
筆使いが見えるような絵に感激でした。

週末は混むかもしれませんが、
ぜひ皆さん、行かれて見てはいかがでしょうか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





今日は御田祭りでした。
これ以上ない晴天で、気持ちの良い日になりました。

御歳神社の背後の御神体の御歳山も光に満ちていました。

春先は天候不順でしたが、秋の実りが豊かでありますように。。。
穏やかな季節がめぐりますように。。。



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )