2018-01-11 07:49:41

2018-01-11 07:49:41 | 日記
水戸卓夫
コメント

ミゾレ

2018-01-11 05:26:38 | 日記

 

 昨夜から大粒の湿気の多い重い雪が降って来た。公衆浴場帰りに重い雪で一晩降り続ければ果樹の枝折れ等の雪害を心配しながら帰途につく。真夜中に強い風の音で目が覚めて床の中で外の様子に耳をそばたてる。

時折吹く風で予報のような大荒れ模様ではないようで安心また寝入る。何時ものように床の中で枕元の音量を下げてラジオを聞きながら朝刊配達人が来るのを待っている。2社の朝刊毎朝4時前と後にそれぞれ配達してくれる。

1日の始まりは朝刊読みからで休刊日は気抜けしたような朝の始まりで習慣とは不思議。大まかな記事に目と通うして朝食後再度詳細ついて読んでいる。積雪が多く朝仕事が出来ない冬場はのんびりして読んでいられる。雪解けが始まり農作物が活動が始まって来ると忙しくなって夕食後になってしまう。

近年テレビ番組は歳の精もあるだろうが面白みが無くNHKのニュース番組程度になって来た。後はパソコンを開いて様々の情報を得ている。家内は天気が悪くても経理担当なので忙しく帳簿整理を始めている。

降雪確率は高く、気温も高い1日の予報しかもで重い雪で剪定するに濡れてしまう。正月明けで様々な用件が溜まっていたので家の中でゆっくりしながら農休日。夕方から公衆浴場で簡単なストレッチ運動すると何時もは痛い膝、肩の関節も軽くなる。せめて日長の短い、悪天候の冬場くらいは体を休めながらの誰にも気がねしないで農作業をしている。

コメント