みちのくの風の旅人 [ 愛と義の街(上杉家の城下町)から情報を発信中 ]

米沢・山形・東北の自然や文化・風土を季節の便りとして届けています。ホームページ[天空の流れ雲]と合わせてご覧ください。

今年1年を振り返って ~ 7: 大きな自然災害の発生 ~

2014-12-31 13:17:11 | 日記・エッセイ・コラム

 今年も残りあと半日になった。この2・3日は穏やかな日が続いたせいか、一時期1mを越えたこともあった積雪が、現在は70cm弱になっている。午前中は小雨が降っていたが、徐々にみぞれになり、午後には小粒の雪が降ったり止んだりに変わった。

 新年早々、明日あさってにかけて、また寒波が来る予報が出ているので、油断できない。

火山の恐ろしさを目の当たりにした噴火 
今年一年振り返ると、様々な自然災害の多い年だった。その中で
一番衝撃的だったのは、御嶽山の火山噴火である。紅葉シーズンの真っ昼間、大噴火が起こった。その後、日本各地の山で火山性微動が観測されている。近くでは、蔵王のお釜の濁りや、吾妻山の動きが気になるところである。 

⇐ 左の写真:出典blog.goo.ne.jp  火山の恐ろしさを目の当たりにした噴火 

 

 

 7月から10月にかけて梅雨台風の時の水害、川の氾濫や土砂崩れが、広島や兵庫、京都そして山形県内でも、南陽市で2年続きの大水浜松に上陸害が7月上旬に発生した。

 写真:出典www.jiji.  浜松に上陸した台風18号  
               防波堤にぶつかった波しぶき

   関東各地の大雪も記憶に残っている。2月中旬、山梨県や東京の奥多摩などでは1m程の大雪で、停電や道路の雪による遮断で孤立化集落が発生した。

 今年の年末の大雪が新年になっても続きそうなので、1年後は話題になりそうだ。


 以下の2つの記事はWeb上の記事を掲載したものです。(ただし、一部を抜粋または省略しています。)


 naver まとめ                                           更新日: 2014年11月27日
 忘れてはならない2014年に起きた自然災害まとめ

11/22 長野県北部で震度6弱の地震

             これから寒くなる季節に、雪深い地域での地震。
             幸いにも死者が出なかったのは不幸中の幸いだが、そのためか報道は少ない気がする。

 10/14 台風19号が列島を縦断し94人が重軽傷

10/6 台風18号が関東を直撃 静岡では観測史上最大の402ミリの雨

9/27 御嶽山が噴火 57名が犠牲に

  決して大規模とは言えない噴火なのだろうが、大自然の脅威と、それに対する心構えを改めて考えさせられる災害だった。 

8/20 広島市安佐北区で大雨 土砂災害で死者は74人に   土石流の恐ろしさ

   ただでさえ恐ろしい災害が、夜明け前に起きたということと、水に弱い地質だったことが被害を大きくした。

8/10 台風11号 西日本で大雨 四万十川が溢れる

7/7 台風8号が沖縄へ 過去最強クラス最大瞬間風速75m

6/24 東京都三鷹市で大量のヒョウ 道路が冠水

2/8・15 関東甲信地方で大雪

都心の雪は影響が大きい 東京都千代田区大手町で観測史上8位となる最深積雪27cmを記録するなど東京都心でも1994年以来20年ぶりの積雪20cm以上・45年ぶりの積雪25cm以上を記録 
                      
出典  平成26年豪雪 - Wikipedia

14日夕方から15日朝にかけては特に甲信地方の山梨県で記録的な大雪となり、甲府市(1894年観測開始)で114cm、河口湖(1933年観測開始)でも143cmといずれもそれまでの過去最深積雪を大幅に塗り替える積雪を記録した他、関東地方でも秩父市(1926年観測開始)で98cm、前橋市(1896年観測開始)で73cm、熊谷市(1896年観測開始)で62cm、宇都宮市(1890年観測開始)で32cmと過去最深積雪を記録、東京都心でも8日に続いて東京都千代田区大手町で最深積雪27cmを記録。大手町から1キロ離れた北の丸公園試験観測場では大手町を大きく上回る39cmの積雪となった。

 


 2014年日本の10大ニュース   YOMIURI ONLINE  2014年12月27日 12時36分

1位 御嶽山噴火で死者57人、行方不明者6人    
2位 消費税8%スタート 
3位 ノーベル物理学賞に青色LEDを開発した赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏 
4位 全米テニスで錦織圭が準優勝 
5位 「アベノミクス」の評価を問う衆院選 
6位 広島市北部の土砂災害で74人が死亡 
7位 STAP細胞論文に改ざんなど不正
8位 ソチ五輪で日本は金1、銀4、銅3 
9位 世界文化遺産に「富岡製糸場」 
10位 高倉健さん死去

過去5年のトップ3

★2013年 (1)2020年夏季五輪・パラリンピックの開催地が東京に決定
               (2)富士山が世界文化遺産に決定
               (3)参院選で自民、公明両党が過半数獲得、ねじれ解消

★2012年  (1)ノーベル生理学・医学賞に山中教授
               (2)東京スカイツリー開業
               (3)ロンドン五輪、史上最多のメダル38個

★2011年  (1)東日本大震災、死者・不明者約2万人
               (2)サッカー「なでしこジャパン」世界一
               (3)福島第一原発事故で深刻な被害

★2010年   (1)尖閣諸島沖で中国漁船が海保巡視船と衝突、海上保安官が撮影ビデオを流出
               (2)ノーベル化学賞に根岸氏、鈴木氏
               (3)宮崎で「口蹄疫こうていえき」発生

★2009年   (1)衆院選で民主308議席の圧勝、歴史的政権交代で鳩山内閣発足
               (2)日本でも新型インフルエンザ流行
               (3)「裁判員制度」スタート

      ~        

 ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 (*^-^*) 
                   
 
     応援クリック   サイドバーボタン「ポチッ 」と願います。 

  思いがけないブログに出会える楽しみがあります。 

コメント

豪雪の米沢 ~ 積雪100cmを越える ~

2014-12-27 20:35:24 | 米沢の自然と文化

 きのうの26日は一日中酷い雪降りだった。今朝も7時頃までは吹雪模様だったが、8時過ぎにはピタリと収まり、陽が射すようになった。しかし、日中でも気温は低く氷点下の真冬日である。次から次へと寒波がやって来るので、この冬何度目の寒波かは数える(5・6回目?のも嫌になってしまった。

  

  
 1枚目の写真:歩道の雪の壁(高さ2.5~3m)

 2枚目の写真:上杉家御廟所通り

 3枚目の写真:強風で出来た雪庇を切り落としてから、
        幅約2m部分の雪を下しをする直前の
        屋根の上の様子。(高さ8m以上)
 

 4枚目の写真:県道の雪の壁は2mを越えている。
        排雪のダンプカーが引切り無しに通る。

 


 9年前の平成17年以来の12月の豪雪である。あの時は、年が明けてからも大雪が続き平成18年豪雪と命名された。羽越本線の特急列車「いなほ」が、庄内町の余目付近を走行中、強風で脱線転覆事故を起こしたのは、9年前の25日だった。
 今年もあの9年前の豪雪に、とても良く似たパターンで推移している。今日、積雪1m越えをした。


  山形県庁ホームページにある雪情報システムによると、今朝の未明1時現在の米沢は、積雪が100cmになっていた。アメダスの観測点はバイパス東部のオフィスアルカディア地内なので、市内西部の我が家付近は、1m の大台にを確実に超えていると思われる。

 
      ~        

 ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 (*^-^*) 

                                 
   
  応援クリック   「ポチッ 」と願います。          

   ランキング 参加中      にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ    にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

コメント

年末の楽しい出来事 ~ 孫へのクリスマスプレゼント ~

2014-12-26 13:27:14 | 家族(子や孫の成長)

 今年は、ホワイトクリスマスリスにふさわしい銀世界になった。先日、ようやく上のクリスマスプレゼントを渡すことが出来た。1ヶ月以上前に、「南三陸ひとり旅の途中に購入していた、馬の親子の木の置物である。その時に一緒に購入した、狐のカスタネットは、2歳の誕生日プレゼントとして、1週間前に渡している。

 親馬の首の向きは変わらないが、仔馬の首の向きは変えることが出来るつくりになっていた。その事にいち早く気付いたのは孫娘だった。子供は持って生まれた動物的本能なのか、何でも興味のある物を手に取ると、引っ張ったり、伸ばしたり、曲げたり、ねじったりと、色々なことをにチャレンジしてみようとする。大人になると、いつの間にか目を輝かすことが少なくなった。 

  


 

  ※ ⇩ 小さな2枚の写真をクリックすると、それぞれ拡大画像になります。(西部小通り:県道152号線)
                                        (市内西部の古志田地区)バックの山は斜平山<笹野山>  ⇩                      

 今年も残すところ1週間を切った。12月に入ってから、次から次へと寒波がやって来て、積雪が90cmを越えたこともあった。大雪で除雪や排雪が追い付かず、米沢市内の至る所で交通の障害が起きている。

 24日は冬の晴れ間となり、気温も日中は5度以上と暖かだったが、きのう25日はまた寒い冬に逆戻りして、午後からは少し吹雪模様の荒れた天気になった。今朝も昨晩からの新雪が20cm程積もっていた。2日前には積雪が50cm代に減っていたが、いつの間にかまた80cmを越えた(昼の12時現在:山形県雪情報システムによる)。

 2人目の孫は生まれてもう少しで2週間になる。寝る子は育つと言う通りぐっすりと寝ていることが多い。泣き出すと、上の子の2年前よりも声が大きい様である。来年は2人分のプレゼントを用意することになる。


  南三陸ひとり旅[番外編]~ B:道の駅   以下の記事は11月15日に作成したもを引用した。

    ⇧ ⇧ タイトルをクリックすると、オリジナルの記事にリンクしています。


 道の駅 津山  宮城県登米市津山町

 旅の最終日の7日の午前11時過ぎ、気仙沼から石巻に向かう途中に立ち寄った。クラフトショップもくもくハウスには、実用的な木工製品やアクセサリー、子供のおもちゃなどが沢山売っていた。来月2歳になる孫娘の誕生日プレゼントなどを買った。しばらくの間、内緒にして置かなければならないのは、少し心苦しく感じがする。


  

    ~ 

    ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 (*^-^*) 
                  
 

  
       サイドバーのボタン「ポチッ 」と願います。          

   ランキング 参加中         にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

  かねたん() 「ポチッ!」                            

コメント

衆議院議員選挙が終わり1週間 ~ 祭りの後の寂しさ ~

2014-12-22 09:51:04 | ニュース

       何 の た め の 選 挙 だ っ た の か  ? 

  1週間程前の14日、投票日は雪の降る悪天候だったが、県民性が良く出た数値があった。夕方の速報値では第一位、翌日の最終確定値でも、山形県の投票率が全国でベスト3に入る高さだった。

 あれから1週間、事前に全て織り込み済みだったのか、何も無かった様に毎日が過ぎている。内閣の顔ぶれも24日に発表予定だが、自民党の役員人事と同様、選挙前とほとんど変わらないらしい。

 戦後最低の投票率が示す通り、大義なき選挙と言わざるを得ない。
 


  歩道と車道の間には、2mぐらいの雪の壁が出来ている。 (19日撮影) 

 

   国民の一人一人の生活より、

 自分の政党の党利党略を優先せ

 する政治家が身勝手に行った、

 税金約700億円の無駄遣い

 選挙だったかも知れない。 

 

 

 

 


   選挙の翌日15日は、前日までの悪天候が一転して、冬晴れとなった。 (15日撮影) 
 孫の顔を見に行った時に、市内の小学校近くで撮影した。
  
 


  総選挙大勝でも“やりたい政策”実現は茨の道 安倍首相を取り巻く「意外な状況」
                   
   ダイヤモンド・オンライン    12月18日(木)8時0分配信   

  第47回衆議院議員総選挙の投開票が行われ、自民党が291議席、公明党が35議席を獲得し、連立与党で合計326議席となった。公示前勢力とほぼ横ばいながら、衆院で法案再可決が可能な3分の2の議席数を超えた。一方の野党側は、民主党が73議席となり公示勢力から11議席増やしたものの、目標としていた100議席からは遠く及ばず、二大政党の一角という地位を回復できなかった。維新の党は横ばいの41議席にとどまり、共産党は議席を倍増させて21議席を獲得したが、次世代の党、生活の党、社民党は壊滅的な結果となった。結局、ほぼ公示前勢力通りの議席配分となり、「誰も勝者がない」選挙となった。選挙戦は盛り上がりを欠き、投票率は戦後最低の52%台にとどまった。
● 安倍首相のペースに乗って惨敗した野党: 「将来の日本」を逃げずに議論すべきだった
 昨年の本連載最終回(第73回を参照のこと)では、「2014年は『アベノミクス退潮』と『新たな改革派』に注目」と論じていた。アベノミクス退潮はその通りだったが、安倍晋三首相は、江田憲司氏と民主党の保守系が合同する形の「新たな改革派」が姿を現わす前に、電撃的な解散総選挙に踏み切った。準備不足の野党側はなすすべがなく、まさに安倍首相の作戦勝ちであった。
 選挙結果自体は、特に驚くべきことではない。安倍首相が「アベノミクスの是非」を事実上の単一争点に据えた時点で、勝負はついていた。アベノミクスは、瞬間的に過ぎなかったとはいえ、「失われた20年」の長期経済停滞に苦しむ国民にとりあえず一息つかせたという事実があったからだ。


                           ダイヤモンド・オンライン    12月17日(水)8時0分配信  

 第47回衆議院議員総選挙の結果は、自由民主党が総議席(475)の61%に相当する291議席を得て完勝した。その一方で、選挙戦は盛り上がりに欠け投票率は52.66%と過去最低を記録した。政党支持率が最もよくあらわれる比例代表区の得票率を見ると、自由民主党は33.11%であったので、自由民主党は有権者の17.44%の支持により、61%の議席を得たという計算になる。メディアでは棄権は既成政党に対する不信(ノー)の表れだ、等という論評が見られるが、棄権は当コラムでも述べたように結果的には比較第1党(今回なら自由民主党)に投票したのと全く同じ効果を持つということを忘れてはなるまい。


              ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 (*^-^*) 
                         
 
          応援クリック   「ポチッ 」と願います。    ランキング 参加中 ★ → ⇒   

            にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ               

コメント

今年1年を振り返って ~ 6: お気に入りの夜景写真(花火や月) ~

2014-12-21 09:45:28 | 日記・エッセイ・コラム

 4月からは自由な時間が増えたので、デジカメ写真の枚数が大変多くなった。9月に「gooブログ」に移行してからは、写真の登録が容易になった。デジカメ画像に6月頃から小さな灰色の斑点が写るようになったので、10月下旬にデジカメを買い替えた。メーカーは同じカシオのEx-ZR100からZR1100に性能がUPした。まだまだ、使いこなすのには時間がかかりそうだ。

Cimg4311 きのう20日の午後は雨降りだった。気温が氷点下ではなく、2・3度に上昇し、さらに雨が重なると、道路の圧雪はぬかるんで、酷い状態になる。市内の大通りの主な道路は除雪が進んでいたが、自宅近くの県道等には行き届かず、午後買い物に出掛けたら渋滞に巻き込まれた。市内の小さな道路は、道路の幅が狭くなると共に、車の車輪のわだちが出来てノロノロ運転が続いている。
 今朝まだ暗い6時頃、近くの県道(
西部小学校・愛宕小学校・米沢第二中学校・山形大学工学部に至る)をロータリー除雪車が通って行った。切り立った雪の壁が出来たが、道幅が3m以上広がった。これで今日の日中、自宅付近ではきのうの様な買い物客の車の渋滞は無くなることだろう。

 ⇐ 昨シーズンの雪灯ろう(上杉神社近くで撮影)

 年内からの大雪には、沢山の人達がウンザリしているが、2月に毎年開催されている雪灯ろう祭りの関係者にとっては、恵みの雪である。暖冬で雪不足の年には、遠くの山々の麓から、ダンプカーで大量の雪を運んでいる。今シーズンはその心配をする必要が無い。


◆ 7月30日米沢の花火大会。8月1日愛宕の火祭り。10月8日皆既月食

         いずれも、会心の写真を撮ることが出来た。

   小さな(サムネイル)画像をクリックすると拡大画像を見ることが出来ます

     

      

       

  ~        


     応援クリック  サイドバーのボタン「ポチッ 」と願います。          

  ランキング 参加中         にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ    

 

コメント

冬の晴れ間 ~ 12/19 ~

2014-12-20 11:11:35 | 米沢の自然と文化

 今日20日は薄い霧が発生して、午前11時になっても遠くの山々が、きのうの様にくっきりと見ることが出来ない。午後からは小雨が降る予報になっている。近くの県道は、排雪のダンプカーや買物の車で交通量が大変増えている。

  きのうの19日は、18日までの大雪が嘘の様な良い天気だった。そこで自宅周辺で、大雪の名残りのある写真を撮影 した。 


 1~4枚目の写真 自宅付近で撮影したものです。

 

 

 


 5・6枚目の写真 愛宕神社(斜平山)の眺めと、残り柿を近所で撮影したものです。

 

 

 

   



     応援クリック  サイドバーのボタン
          
「ポチッ 」と
願います。          

  ランキング 参加中    
 
    にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

 

コメント

豪雪の米沢 ~ 積雪90cmを越える ~

2014-12-18 14:30:17 | 米沢の自然と文化

 きのうの17日は一日中酷い雪降りだった。今朝も2日続きの大雪になったが、昼頃からは薄日が差したり、少し降ったりと、大雪の峠は越した。この冬3度目の寒波は、一番風も強く雪も多かった。


  ところで、天気予報で前もって今回の寒波を予測出来たので、16日の午前中に今年1回目の母屋の雪下ろしをした。60から70cmあったので、表面が少し硬めの層になっている下から20~30cm程度を残して下ろした。 


  山形県庁ホームページにある雪情報システムによると、今日の18日10時現在の米沢は、積雪が90cmになっている。アメダスの観測点はバイパス東部のオフィスアルカディア地内なので、市内西部の我が家付近は、1m の大台に近い状態だと思われる。


 16日ブログ12月にこの様な豪雪になるのは、9年前の平成17年以来の事である。あの時は、年が明けてからも大雪が続き平成18年豪雪と命名された。同じようなことにならないことを、天に祈るのみである。』 と書いたが、この数日の気象状況からすると、一歩一歩、着実に9年前の豪雪に近づいている。

      ~        

 ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 (*^-^*) 

                                 
   
  応援クリック   「ポチッ 」と願います。          

   ランキング 参加中      にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ    にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

コメント

今年1年を振り返って ~ 5:小さな旅(花と紅葉)他 ~

2014-12-16 15:15:37 | 旅行記

 一泊や日帰り旅行ドライブには、県内外を問わず色々な所に出掛けることが出来た。                                              


◆ 4月 みちのくの春シリーズ  山形県南部の桜の名所はもちろんのこと、今年は福島の花見山、新潟の
     新発田市、会津の桜も眺めに出掛けた。

    ⇩ ⇩  下の小さな画像をクリックすると拡大画像になります。ただし、オリジナル画像は
 
    ⇩ ⇩  サイズ き過ぎるため200~300kB程度に圧縮しています。

     


 ◆ 5月  19日、国宝「縄文の女神」発掘現場の近くの舟形町歴史民俗資料館を見学に出掛けた。
      
(3・4枚目の写真、5枚目は資料館駐車場からの鳥海山) 

    


◆ 6月  長井のあやめ、2・3枚目は天元台(タケノコ採り)、斜平山と米坂線の電車、最後は
      市内南部の李山にあるトトロの森。

     


 ◆ 7月 12日高校の同級会に参加するため、田町駅近くの芝浦のホテルに一泊した。その直前、山形県南部に2年続きの豪雨被害が発生した(後ろ2枚:吉野川の氾濫)。

      


 ◆ 9月 上旬に長井のまち巡り美術館に出掛けた。

      

     


 ◆ 10月 中旬に白布温泉から西吾妻スカイバレーを通り、裏磐梯高原の檜原湖に出掛けた。

      

     

 


  

                 ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 (*^-^*) 
                         
 
          応援クリック   「ポチッ 」と願います。    ランキング 参加中 ★ → ⇒   

            にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ              

コメント

年末の楽しい出来事 ~ 孫の誕生 ~

2014-12-14 08:46:18 | 家族(子や孫の成長)

◆ 2人目の孫娘の誕生

 きのうの13日昼過に、約3200grの少し大きめな女児   を無事出産したとの一報が入った。母子共に健康状態に問題なしとのことだったので、一安心した。2年振りに2人目の孫娘の誕生である。


◆ 孫娘との初対面

 モンテディオ山形の試合も終わり、きのう夕方からは雪が少しづつ強くなって来た。陽も短くなり、結局暗くなってから、ようやく生まれたばかりの孫の顔を見に出掛けることが出来た。ガラス越しに元気な赤ちゃんに初めて対面した。
 

◆ 今年2度目の寒波    14日 午前8時 現在 積雪約40cm





 2・3日前から天気予報では、しきりにこの週末の大雪への警戒を報道していた。きのう午後から強くなった雪が、今朝も降り続き新雪が約20cm弱、積雪は40cm前後に増えた。朝早くから、8時近くまで雪かきに追われた。それでも、1週間前よりは新雪が3割以上少なく、寒さのせいで雪も軽かったので除雪は少し楽だった。

 今日1日ずっと雪が降るらしいので、これからも2・3時間おきに雪との格闘をしなければならない。山形県雪情報システム(写真)を見ると、米沢は一日中雪降りにの予報になっている。

 
  ~   ~ 
                   
 

       サイドバーのボタン「ポチッ 」と願います。          

  ランキング 参加中         にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

 かねたん() 「ポチッ!」                           

コメント

モンテディオ山形 天皇杯準優勝

2014-12-13 22:19:42 | スポーツ

  サッカー天皇杯決勝戦 

  今年のモンテディオ山形の活躍には目を見張るものがあった。7日東京の味の素スタジアムでJ1昇格を賭けたプレーオフ決勝に勝利して、きのう13日の午後、第94回天皇杯決勝戦を残すのみとなっていた。

  モンテディオは前半4分台と22分台に2点を奪われたもののその後よく頑張った。後半も粘り強く戦い17分台には1点を返した。しかし、負傷者がモンテディオに出て一人少なくなった矢先、さすがにJ1チャンピオンガンバ大阪だった、40分決勝点とも言える3点目を奪った。

  横浜市の日産スタジアムは、熱く燃えていた。モンテディオ山形の健闘を称えてあげたい。私は特に、サッカーファンと言うことではないが、山形県のチームが活躍するのは、何となく喜ばしい。

 


  天皇杯サッカー、モンテが準V  ~やまがたニュースオンラインより~       2014年12月13日 20:35 


 〈山形―G大阪〉競り合うFW山崎雅人(左端)=横浜市・日産スタジアム サッカーの第94回天皇杯全日本選手権の決勝が13日、横浜市の日産スタジアムで行われ、J2・モンテディオ山形がJ1王者のG大阪に1-3で敗れた。クラブ初のタイトルには届かなかったものの、日本一を決めるトーナメントの決勝で戦い、本県サッカー界に新たな歴史を刻んだ。

 試合は序盤、山形が素早い攻めでシュートを放つなど攻勢を見せたが、4分にG大阪のFW宇佐美貴史に先制を許し、22分には追加点を奪われた。山形の反撃が実ったのは後半17分。FWロメロ・フランクがゴールネットを揺らし、約1万5千人の山形サポーターから大歓声が上がった。その後に駄目押しの3点目を入れられた。表彰式では、堂々の戦いを見せた山形の選手にも温かい拍手が送られた。

 山形は今季の天皇杯で、初戦の2回戦からJ2熊本、JFLソニー仙台、J1鳥栖、J2北九州に勝利し、クラブ初の4強に進出。千葉との準決勝を3-2点で制し、決勝に進出した。山形は、7日に行われた昇格プレーオフ決勝で千葉に勝っており、来季はJ1で戦う。

 G大阪はJ1、ヤマザキナビスコ・カップに続いての優勝で、3冠を達成した。

 
    ※ 写真 〈山形―G大阪〉競り合うFW山崎雅人(左端)=横浜市・日産スタジアム
 

    ~        


     応援クリック  サイドバーのボタン「ポチッ 」と願います。          

  ランキング 参加中         にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

 

 
 
コメント