みちのくの風の旅人 [ 愛と義の街(上杉の城下町)から情報を発信中 ]

米沢・山形・東北の自然や文化・風土を季節の便りとして届けています。HP[新・天空の流れ雲]と合わせてご覧ください。

みちのくの夏・24時間テレビ

2011-08-21 22:15:42 | 米沢の自然と文化
   今年も24時間テレビを見た。今年は東日本大震災、原発事故もあり、辛い特別な年となった。「千の風になって(秋川雅史)」の歌が心に浸みてくる。家族で暖かい会津そば(8月9日道の駅裏磐梯で購入)と、福島の桃を食べた。徳光和夫さんが無事武道館ゴールした。チャリティーマラソン63km。
  今日は冷たい雨の1日だった。最高気温は20度。数日前の最低気温と同じ。真夏から一気に秋に、半袖では寒い。午前中伯母の49日、墓参りに飯豊に出かけた。帰りの車ではつい暖房を入れた。明日は大鹿村騒動記を見に行こか。 
愛宕の火祭り                 愛宕山
Cimg5290_3  Cimg5287_2
第43回熊野神社交通安全盆踊り大会
コメント

みちのくの暑い夏

2011-08-07 20:35:58 | 東日本大震災に寄せる想い
 
  2011第72回東北花火大会が7月30日、松川河川敷で盛大に今年も開催されました。8月5日には第50回納涼水上花火大会も松が岬公園で行われました。
 自宅の2階からも大変良い眺めでした。
 

  きのう6日は、第66回広島原爆の日、そして高校野球開幕、今年も暑い夏がやって来た。原爆被爆者の映像証言を見ると、たまたま防空壕の中に居たために命は助かったが、地獄の惨状と放射能の大量被曝に今でも苦しめられているとのことでした。

 東京電力福島第一原発事故から5ヶ月、放射能汚染がいまだに収束していません。福島さらに東北全体が風評被害を受けています。放射能の数値にあまりに過敏に反応しすぎているのが、気がかりです。66年前の広島・長崎は見事に復興しました。今でもその傷が癒えてない人達から見れば、当時の被爆レベルの数千分の一で右往左往するのは奇異に映っているように思います。原発建て屋内で作業している人については、十分に気を配る必要がありますが、それ以外の人達は冷静に対応して欲しいものです。

 今年の夏は昨年の猛暑に比べ、、今のところ寝苦しい夜が少ない様に思います。蝉の鳴き声が例年になく遅く、ようやく響きわたるようになりましたが、鳴き声の賑わいは昨年よりトーンダウンしているようです。

Cimg1061tr50_2

今から5年前、米沢市陸上競技場付近で撮影した会心の写真を編集したものです。

コメント