みちのくの風の旅人 [ 愛と義の街(上杉の城下町)から情報を発信中 ]

米沢・山形・東北の自然や文化・風土を季節の便りとして届けています。HP[新・天空の流れ雲]と合わせてご覧ください。

米沢市窪田の千眼寺(せんげんじ)訪問記

2016-06-15 10:10:41 | 米沢の自然と文化

 熊本地震から2ヶ月、14日米沢温故会の例会が、今回はいつもの会場(法音寺)ではなく、窪田の千眼寺で早朝の6時半から開催された。会場には車で6時前には到着したが、既に会員5・6名は来ていた。

 上杉家の重鎮色部家の菩提寺であることから、色部家の話を住職から聞いた。50名近い会員が朝早くから集まった。

  

 戊辰戦争末期の新潟方面での戦いで活躍した、色部長門久長(いろべながとひさなが)という方の新潟と米沢(上杉伯爵邸内)にある、追念碑や記念碑の碑文について詳しく解説していただいた。

 

 

 法話のあとは、色部家の墓や保呂羽堂など境内を案内していただいた。

 

    色部家の墓   ↓             住職の説明を聞く会員  ↑

 

                     長門久長の偉業を偲びの旧家臣127名が建立した酬恩碑   ↑

 

 

 

 


 

  米沢市のホームページに「城下町ふらり歴史探訪」という、特集記事があります。

  その中に色部氏の記事もありますので、下のURLをクリックしてみて下さい。  

 色部長門追念碑 http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/1164.htm

 

  他にも様々な記事がありますので、参考にご覧下さい。

 色部氏と菩提寺千眼寺  http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/1163.htm

 保呂羽堂  http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/1121.htm

 


 

 ↓  米沢日報デジタルの昨年末の記事です。 http://www.yonezawa-np.jp/html/news/2013/201312103.html

保呂羽堂・千眼寺で裸餅つき 12月10日

 

 米沢市窪田町窪田の保呂羽堂・千眼寺で恒例の歳越し餅つきが4日行われた。寒さが凍てつくなか、さらしを巻いた保呂羽堂餅つき有志会ら25人が煉歌・搗歌・揚歌を歌いながら裸餅つきを披露。最後の一番に天井へと餅を突きあげると、観衆からは大きな歓声があがっていた。

  早朝5時から始まり、この日つかれた餅は約700キロ。地域住民らが納豆餅やあんこ餅、雑煮にし、県内外から訪れた人々に振る舞われた。訪れた人たちは「天井につきあげ、迫力があった。お餅もおいしい」と話し、大きな口で味わっていた。

  毎年恒例の同行事が始まったのは300年以上前の寛永18年。虫害による大凶作にみまわれた際、保呂羽堂の砂を撒いたところ豊作になり、その秋から感謝と祈りを込めて、新年の豊作を願って行われている。

 

  ~ ~ 

        ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 (*^-^*)    

      ★ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ にほんブログ村         ブログランキング 

           「ポチッ!」        思いがけないブログに巡り合うことが出来ます。         「ポチッ!」   

 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ホームページ「天空の流れ雲... | トップ | 今年もまた十五日会 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
当家菩提寺曹洞宗天正寺と餅つきを見て千眼寺を比べて (真田伸一)
2016-12-04 21:40:55
当家に葬式立て込む時期に成り今年は慰霊祭を見に行って来ましたが千眼寺も御本尊千手観音じゃ観音寺ですネ!当家菩提寺天正寺も檀家の人たちの集いとして餅つきなど有れば良いんでしょうが六道講見た所で浄土宗も六道講行ってた寺TVにて見ましたが事実創価学会に入信してたの両親に怒られ抵抗してたの過ち迄犯したの破門されずに行ってたのも有り地蔵尊仏画に南妙法蓮華経より始まる供養経に南妙法蓮華経題目三唱行ってお焼香しました!何故怒られて過ち犯してたか?がすっきりした感じでした!真田伸一

コメントを投稿

米沢の自然と文化」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事