みちのくの風の旅人 [ 愛と義の街(上杉の城下町)から情報を発信中 ]

米沢・山形・東北の自然や文化・風土を季節の便りとして届けています。HP[新・天空の流れ雲]と合わせてご覧ください。

みちのくの夏(3)2012 : 残暑厳しい夏

2012-08-31 21:11:00 | 米沢の自然と文化

 7月半ばから、ほとんどまとまったが降っていない。お盆を過ぎても連日30℃以上の日が続いている。時々夕立もあるが、降ったかと思うと、直ぐ止んでしまい、焼け石に水の状態である。このまま9月半ばまで続きそうである。

 2年前も、猛暑だったが今年も同レベルになった。今年7月上旬は過ごしやすく、まさかこんなに暑さが続くとは予想出来なかった。

 暑すぎるせいか、蝉の鳴き声が極端に少ない。例年の1/4~1/5程度かも知れない。

 また、何故か蚊も少なく、一度も蚊取り線香を使うことがなかった。

 ※ 8/1 古志田付近から見た吾妻連峰
  8/15 長井市森地内 出穂期を迎えた稲穂
  いずれも写真は圧縮版です。

Cimg1526_2

Cimg1596_2

20120909ー9

コメント   この記事についてブログを書く
« 新車購入 | トップ | まだ暑さの残る秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

米沢の自然と文化」カテゴリの最新記事