machanの万歩計

健康長寿で 元気に楽しく
野越え山越えてくてく歩きたい

冬将軍

2017-11-18 18:36:28 | 日記
一雨ごとに冬になります
冬将軍のやって来る季節になりました
我が家にも冬将軍と一緒にクリスマスになりました
コメント

七五三

2017-11-18 14:39:29 | 日記
11月は何処の神社も七五三の案内です


平日の町の青渭神社は静かです


山茶花は次々に咲きだし


椿は咲く用意が整いました
いよいよ冬ですね
コメント

藤沢宿3枚の絵葉書

2017-11-18 13:04:30 | 日記
絵葉書を3枚並べると1枚の絵のように見えます


二代歌川広重画
江の島金亀山遠景之図(江の島貝ひろい)
江島神社蔵3枚組です
3枚100円でした
コメント

都会の駅

2017-11-18 10:55:16 | 日記
駅のホームの自販機です
下の方で小さく緑色に光っているのはスイカをかざす所です
電車もバスもタクシーもコンビニも
カード一枚でス〰〰イス〰〰イです


修学旅行の専用乗車口?
へえ!
懐かしい
machanが東京へ修学旅行で行った時は
大阪駅から40~50両編成の団体専用列車に乗って夜通し走りました
徳島では最高7両位だったので
ホーム走って走って数えたけれど数えきれませんでした


ハヤクナイ?
ホームの端の停車位置に
ハヤクナイ?
運転手が見て確認しているのかな?
何が早すぎるのかな?
コメント

楽しい楽しい食事会

2017-11-18 10:32:51 | 日記
美味しい中華料理屋さんを調べて下さって
楽しい食事会の始まりです


先ずは
お料理の材料などを一つひとつ説明して下さって


一品ずつ運ばれて来るので


何処かのご馳走は???
いつの間にかデザートになっていました
本当に楽しい1日を有り難うございました
いつかまた逢える日を楽しみに家路につきました
有り難うございました
コメント

遊行寺(ゆぎょうじ)

2017-11-18 10:02:27 | 日記
本堂


御番方
関東大震災で倒壊後再建し
行事とうの正式な玄関ですが
姿形が美しいです


「生類憐みの令」に際し
金魚、銀魚の放流命令があったと伝わる
放生池


俣野大権現社の山茶花は満開です


俣野五郎景平の寄進により
1325年に創建されました


小栗判官照手姫の墓や開運・金運上昇のご利益があるという宇賀神社
敵味方供養塔ほか色々と広い境内にはいっぱいあります


踊り念仏の一遍上人様
今も行われているのかしら


藤の花房の絵の町かと思ったら
美しい松の絵です
コメント

中雀門(ちゅうじゃくもん)

2017-11-18 09:04:15 | 日記
京都には朱雀門は「すざくもん」
藤沢宿の遊行寺には中雀門「ちゅうじゃくもん」
雀も「ざく」になったり「じゃく」になったり忙しい


徳川家によって建てられ
藤沢宿の大火災の焼失も免れ
関東大震災に倒壊したのを引き起こし再建した
中雀門


大棟には菊の御紋が輝き


下り棟瓦の鬼瓦には葵の御紋が輝いています
コメント

遊行寺総門から

2017-11-18 07:52:30 | 日記
遊行寺総門は仁王門や山門とは違った
見慣れぬ形の 大きな黒い冠木門です


総門の前には一対の青銅製の灯籠があります


総門を入ると
「いろは坂」と呼ばれる48段の大石段の参道があります
48とはご本尊阿弥陀如来様の本願の数で
ご本願を念じながら石段を上がり参拝するのです


樹齢700年ともいわれる
大銀杏の先に
藤澤山無量光院清浄光寺と号す遊行寺の本堂が見えます


宗祖一遍上人の像です
コメント

遊行寺目指して

2017-11-18 05:44:47 | 日記
庚申?堂から藤沢橋への
遊行通り


やがて藤沢橋
藤沢橋をやり過ごし


その上手に遊行橋があり


遊行橋を渡りました


高札場跡も遊行寺橋のたもとにあったらしい


高札場跡の近くに初代広重画の藤沢宿の風景にある
江の島1の鳥居跡があったそう


3代広重画の風景


橋を渡れば正面に遊行寺があることに


やがて ふじさわ宿交流館につきました


時宗総本山遊行寺の総門が見えてきました


菊の花が薫る宿場町 門前町です
コメント

江の島弁財天への道しるべ

2017-11-18 05:13:32 | 日記
庚申?堂の近くの
江の島弁財天道標


絵地図を見ればアチコチにあります


道標の3方に文字が彫られています


ふじさわ宿交流館で頂いた絵地図が
次の観光ウォーキングの強い見方になりそうです

コメント

ハテナ御堂?

2017-11-18 04:59:20 | 日記
道中に気になる御堂
名前が見当たりませんが
庚申堂?


眼を凝らしても読み取れません
次の御開帳は2040年はハッキリ見えます
それまでは門は開かないのかな


狭い境内ですが由緒謂れが有りそうな雰囲気ですが
2040年まで待ちましょうか?
コメント