徒然なるままに

日常を取り留めなく書きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぽきっとな

2008-09-29 19:35:59 | Weblog
よっぱらっていたのでよく覚えていないが、アパートの階段でこけたような気がする。
いや、自販機に思いっきり右フックをたたきつけたような記憶もある。
とにかく、朝起きたら、右手の甲がパンパンに腫れていて痛い。
病院でレントゲンとったら、折れてますだって。
1ヶ月のギプス生活となった。
不便だ。
マウスを左手で操作することにした。
箸が使えない。どうしよう。
ボクシングのトレーニングもできない。
健康ランドに行けない。
スロットできない。
麻雀大会あるじゃん。
あぁ、困ったなぁ。
コメント (3)

フィンランド

2008-09-28 21:10:11 | 健康ランド
愛知県一宮にある「サウナフィンランド」に行ってきた。
http://www.138-net.com/finland/index.html
以前はホモの巣窟だったらしいが、最近改装されてきれいになって、ホモもいなくなったらしい。
ビル型のサウナ。4F建て。エレベータなし。
インターネットができる個室に泊まることにした。
一泊3300円だった。いつも行っているサウナイーグルと同じ値段。
すべてがこじんまりしている。
客はほとんどいない。
一瞬風呂場にいるのが自分だけになった。
露天風呂―。一人用の風呂桶があるだけ。今までみた健康ランドで最小の露天風呂だ。
食堂も客がほとんどいない。値段はちょっと高めかな。味はいまいち。
漫画ルーム、古い漫画が多い。いまいち。
ゲームコーナー、スロット2台のみ。
インターネット個室、快適。10部屋ほどあったが、利用しているのはぼくだけだった。ひさしびりに健康ランドで快眠した。
都会のカプセルホテルほどではないけど、ちょっと狭いな。
個室は快適だったので、気が向いたらまた行こう。
それにしても、なぜフィンランドなのか?
コメント (2)

おやじファイト

2008-09-21 22:26:31 | ボクシング
年老いたおやじでも舞台に上がれるかも。
http://www.oyaji-fight.jp/
チャンピオン目指すか!
元狩人のお兄さん、歌手加藤久仁彦さんもデビューしたという。(判定負け)
レベルはかなり高そうだな。
なんかわくわくしてきたよ。
コメント (1)

9月の雨の月曜日

2008-09-19 22:42:25 | 思い出
確か9月の雨の月曜の朝だった。
あんたは自ら死を選んだ。
ぼくは、いろんなことをあきらめて、自由はどこかに置き忘れて、ただ、醜態をさらしながら生きているよ。
爆弾かかえて、どきどきしながら生きているよ。
もう40だぜ。
なのに自分が幸せかどうかなんて、わからない。
笑っちゃうよ。これが人生か?
そっちはどうだい?
楽になったかい?
酒でも飲みながら、いろいろと話をしようか?
じゃあ、待ってるよ。
コメント

天国からのメッセージ

2008-09-19 05:56:07 | Weblog
2008年の僕へ。
元気ですか?2008年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
僕は78歳で、つまり西暦2046年に、寿命を全うして生涯を終えます。良い事ばかりでは無かったけれど、それなりに楽しい人生だったと思います。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは 2015年のある暑い日の出来事です、僕はなんとも説明のつかない事情で、フランスのブルゴーニュへ旅行に出かけることになります。そこで人生感を変える大変な出来事が起こるのです。 怖がることではありません。楽しみにしていてください。
最後にひと言、78年間生きてみて思ったのは「何事もなせば成る」ってこと。
では、またいつか会いましょう。
これから先の人生を精一杯たのしんでください。
http://www.uremon.com/heaven/
コメント

最悪のシナリオ

2008-09-15 21:56:11 | Weblog
今日の会社での話題。
「予言、はずれたね」
「でも土曜日、市内の飲食店とか、ガラガラだったよ」
「逃げた人もいるらしいね」
おいおい、いったい何の話?
米9・11テロやスマトラ沖地震についての予知を的中させたとされるブラジルの予知能力者、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏が
「08年9月13日には東海地方の愛知県岡崎市でM8・6の地震が発生し、3万人が被災し、600人以上の死者が出る」と予言していたらしい。
そんなこと、知らなかったよ。
まあ、知っていたとしても、気にしなかったが。
世の中に何万人の予言者がいるか知らないが、10回連続でまぐれ当たりする人はたくさんいるだろう。
世界には67億人もいるのだ。
67億分の1の確率で起こる奇跡も、ほぼ毎日どこかで起こっている。
何人もの科学者が30年以上も前から予測している「駿河湾沖地震」も未だに起こっていない。

少なくてもジュセリーノ氏の予言よりは信頼性が高いと思うのが、これだ。↓
http://wiredvision.jp/news/200809/2008091123.html

欧州にある『大型ハドロン衝突型加速器』(LHC)によるビッグバン理論の検証。

最高のシナリオ:
LHCの『ALICE』実験によって、クォーク・グルーオンプラズマ (理論上はビッグバン後に数ミリ秒間だけ存在したとされる物質)が作成される。
太陽の10万倍以上の温度を作り出せれば、この粒子が冷えて、既知の粒子に膨張する様子を観察できると期待されている。これによって、陽子や中性子が構成要素のクオークの100倍重い理由が解明できるかもしれない。

最悪のシナリオ:
誤って極小のブラックホールが作成され、一瞬のうちに地球が消える。

数週間後に地球が消滅しちゃうかも?
宇宙の謎の解明も大変だな。
コメント (3)

書道

2008-09-14 22:35:56 | 思い出
習い事シリーズ・第1話
「書道塾」

小さいころ、家の近所に書道塾があり、幼稚園のころから通わされた。
大体近所の子供はみんな行っていた。
先生は公務員で、半ドンの土曜日の午後が習字の日だった。
基本的に午後は何時に行ってもいい。ただ、あまり遅くなると中学生や大人が多くなり、友達がいないので寂しい。
小学生のころは、半紙1枚に4文字くらい。
先生のお手本を見ながら1ヶ月くらい同じ字を習う。
塾のメニューは、例えばお手本が「明るい光」だった場合、まず「明」を半紙に何回も書く。
そのうち先生が、「みっちゃん、明、よろしい」と言うので、次は「る」を先生が良しというまで、半紙に何回も書く。
その頃、近所には子供が多く、生徒は常時30人くらいいた。
先生は教室を動き回って生徒の作品をチェックしていた。
おっ、これはなかなか上手くかけたな。たぶん「よろしい」だろうと思い、先生が来るのを待っていて、「よろしい」と言われないとがっくりくる。
あまりにも下手だと、「みっちゃん、光の猛練習!」と言われて、何枚も書くことになる。
4文字すべて「よろしい」と言われると、今度は4文字すべて半紙に書く。
それが「よろしい」と言われると、次は名前の練習。名前の練習が終わると、ようやく清書。
清書は4文字に名前を追加したものを3枚書く。それでようやく稽古終了。何だかんだで1時間くらいかな。
ぼくは、自分で言うのもなんだが、結構書道の才能があったみたいで、あっという間に進級して、小学校中学年のころには、6段になった。県や市の大会でも何度か入選した。
しかし、基本的に字を書くのは嫌いだったので、練習はしなかった。
小学校6年のころになると、漢文みたいな字を習うようになった。半紙に20文字くらい。
これが苦痛だった。ぼくは、一撃でズバッと書くタイプ。整った字ではなく、味のある字だったらしい。
中学に入ると部活もあるので、習字はやめてしまった。
中学3年のころ、書き初め大会があり、ぼくが優勝した。この時も県の何とか賞をもらった。
でも書いたのはたった2枚。そのうちの1枚が選ばれた。60枚も書いて選にもれた友人は「納得できん」と言っていた。
ぼくはノートに鉛筆で書く字は下手。今でも自分でメモしたものを読めない。だからメモをとってもあまり意味がない。ぼくにとって、筆で字を書くというのは、「描く」に近い。
ちなみにその書道塾に、別の学区から親に車で送り迎えをしてもらって通っていた男の兄弟がいた。
高校生のころ、全国優勝した東海第一サッカー部のインタビューを見ていたら、兄の方が写っていた。
こいつ、どっかで見たことがあるな、おっ、そういえば小学生のころ、習字の塾で先生にさんざん怒られていた、あのサッカー兄弟の兄じゃないか。
のちにその兄はプロでも活躍し、日本代表となった。習字の塾の親戚だったらしい。
コメント

スパワールド再び

2008-09-14 15:18:02 | 健康ランド
大阪の巨大健康ランド、スパワールドが入場料1000円のキャンペーン中だったので、行ってみた。
今月は男湯がアジアゾーンだ。前回行ったときはヨーロッパゾーンだったので、ちょうどいいやと思い、土曜の朝、出発。
昼過ぎにスパワールドに到着。駐車場は満車だったので、となりの施設の駐車場にとめた。1時間600円!スパワールド利用の人は割引がきくとのこと。
入場し、風呂に行く。アジアゾーンは6F。
ぼくは健康ランドではまずサウナに入る。スチームではない方だ。
風呂場に入るとイスラムのモスクの中庭ような湯船。
その他、ペルシャやバリと名づけられた豪華な風呂がある。スチームサウナはすぐに見つかったが、普通のサウナがどこにあるのか?
風呂場の中を歩き回ってやっと見つけた。これほど広いと探すのも大変である。
サウナ2ラウンド。塩サウナ1ラウンド。スチームサウナ1ラウンド。
そして体を洗い、あとは風呂を堪能する。
露天風呂が良い。温度のことなる3つの岩風呂。ぼくは低温の風呂にしばらく浸かった。
そして、アジアとはまったく関係ないが、ドクター・スパという風呂。
炭酸、水素、酸素の3種類に入ったが、違いはよくわからなかった。
日本の巨大ヒノキ風呂やバリのリゾート感あるれる風呂に次々と入り、へとへとになってしまった。
風呂のあとは、3Fのフードコーナーで大阪名物の串かつでビールを飲んだ。
その後、1Fのレストルームで横になり、深夜0時ちょっと前にスパワールドを出て帰ってきた。
施設の規模、とくに風呂の多さは日本一だろう。
気になる点は、
・靴箱の鍵、ロッカーの鍵、リストバンドと3つの鍵を持たなければならない。
・施設の規模に比べてレストルームが狭い。
・ガキが多くて落ち着けない。10人くらいの団体小学生、うるさいよ。
・漫画コーナーがない。
・駐車場料金が高い。割引があったが、8時間で2000円取られた。
まあ、全体的にセカセカしていて、ゆったりとくつろげるような雰囲気ではない。
その点については田舎の健康ランドが優れている。
深夜0時ころ、大阪を出発して、1時間55分後に自宅についた。
これはすごい。駿河健康ランドに行くのより早い。
かなりのハイペースで運転したのと、ETCのおかげかな。
おまけに高速料金がETC割引のためかなり安かった。
まあ、たまに行くにはいいかな。宿泊してくつろぐところではなく、日帰りで風呂を楽しむところだろう。
コメント

パスワード

2008-09-13 06:53:04 | 働く
最近、セキュリティの面でいろいろと厳しくなって、会社でもパスワードは3ヶ月に1回変更するようにと言われている。
みんなどのようなパスワードをつけているのだろう?
まったく意味のない、英数字の組み合わせでは、すぐに忘れてしまうのではないか。おそらく当人にとっては何か意味のある文字列だと思う。
でも推測されやすいのはダメ。
誕生日とか従業員番号とか電話番号とか。会社では少なくてもWindows、ポータル、メールと3つのパスワードが必要。そうなると3ヶ月に1回、それらのパスワードを変更して、さらに記憶しておくのはちょっと面倒ではないか。
そこでまわりの人に聞いた。
「2つのパスワードを記憶していて、それを交互に使い分けている。Windows、メール、ポータルすべて同じパスワード」というのが多かった。まあ、そんなもんだろうな。
先日、休日に会社から電話があり、何かのテストをしたい、ぼくのユーザIDを使いたい。パスワードを教えてくれませんか?と、独身女性からのお願いがあった。
基本的に会社で利用している機器なので、会社の所有物。ぼくのプライバシーはないのだから、教えなくてはならないのだろう。
しかし、ぼくは教えられなかった。
適当な文字列を2、3言った。
「パスワードが違うみたいなんですけど…」
「あれ、そう。えーとこの前変更したんだけど忘れちゃった。誰か他の人のIDでテストしてくれませんか」
実はその時のパスワードは人に言えないほど恥ずかしいものだった。
とくに女性がその言葉がぼくのパスワードだと知ったら、ぼくは軽蔑され、ただでさえ低いぼくの株が大暴落してしまう、そんな文字列だった。
ここまで書けばどんな文字列だったか、ある程度、想像はできるでしょう。
こんなこともあるので、会社で利用するパスワードに変なのつけちゃダメだな。反省。
コメント

プリズン・ブレイク

2008-09-09 23:44:58 | Weblog
プリズン・ブレイクという海外ドラマが面白くて、レンタルして見ている。
話は脱獄もの。よくあるといえばあるが、脚本がすばらしく、飽きさせない。
キャスティングも巧妙。
ぼくは外人の顔や名前を覚えるのが苦手だが、このドラマにでてくるキャラクタは個性があり、すうっと感情移入できた。
今はシーズン2の6話までみた。これからどのように話が発展していくか、楽しみである。
先が見たくて、ついつい夜更かししてしまう。
今日も仕事中に爆睡していた。
コメント