徒然なるままに

日常を取り留めなく書きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダメ人間に秋風がふく

2006-09-24 10:34:47 | 

休日の朝、やわらかな日差しに包まれながら、起床した。
快適な目覚めのはずだが、何故か突然猛烈な不安感がどこからかやってきて、ぼくの心を支配してしまった。
心臓の鼓動がドクドクと早まり、冷たい嫌な汗があふれてくる。
何かよくわからないものがぼくを攻撃する。
ぼくはされるがままに傷ついて、もう、何もかもどうでもよくなってしまう。
―わかったよ。
―ぼくが悪かったんだ、ごめんなさい。
ぼくはひたすら何かに謝り、はやくこの不安がどこかへ言ってくれるのを祈った。
ぼくはどうしようもなくなって、昨日の夜飲んでいた焼酎をストレートで飲んだ。
一口、二口、・・・本格芋焼酎さつまはあっというまに空になった。
ぼくはふらふらした足取りでアパートをでると、コンビニに向かった。
コンビニでビールと焼酎を買って、飲みながらアパートに戻った。
ようやく落ち着いてきた。時間は朝9時。こんな時間から結構酔っ払ってしまった。
気分が落ち着いたので、パチンコでも行こうかななどと考えている。
秋風が酔った体を気持ちよく通り抜けていく。ぼくはふらふらとしながらパチンコ屋に向かう。
みごとなダメ人間っぷりである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 秋の足音が聞こえる | トップ | 手紙 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こりゃまた・・・ (kachan)
2006-09-26 23:26:35
こりゃこりゃ、見事なダメ人間っぷりだなぁ(苦笑)。。。



俺のバヤイ、最近、普通に飲んでも、お腹や、頭が痛くなるって・・もうトシなのかぁぁ・・・。

昼間の酒 (mitiida)
2006-09-27 22:56:54
まだ日があるうちに飲む酒はなんかうまい。

いけないことをしているのだという後ろめたい気持ちが何故か心地よい。

それも慣れてきた。まあ飲酒運転は気をつけよう!

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事