水川青話 by Yuko Kato

時事ネタやエンタテインメントなどの話題を。タイトルは勝海舟の「氷川清話」のもじりです。

・これはおすすめ「七緒別冊 『着物まわり』おたすけ帖」

2009-06-14 13:16:27 | きものばなし
久しぶりに着物のことを。 着物の雑誌を買うのは、もうもう止めよう。ほんとうにもうキリがないから……と自らをずっと戒めていたのですが、本屋でさんざん眺めたおした末に、「これはいいかも」とお買い上げしたのが表題の雑誌「七緒別冊 『着物まわり』おたすけ帖」。というかムック。さいきんキモノに目覚めつつある友人に貸すのが当面の目的だけども、自分が読んでも楽しい。ほしいものもいくつかあるし(木製の着物ハンガ . . . Read more

・なかなかむつかしいのう 着物のTPO

2007-04-06 23:16:21 | きものばなし
最近はつとめて着物関係の雑誌を買わないようにしてます(キリがないので)。 しかし先日、「収納大作戦」という特集タイトルに心引かれて購入したキモノ雑誌がありました。これはもともと「浴衣を夏のおしゃれ着に!」とか「木綿の着物でおでかけ!」とか、そういう、まあ何て言うか、「若い」人向けのキモノ雑誌なので、今まで立ち読みすることはあっても、買うことはなく(おでかけ、と言っても色々だしね。まあとりあえず、 . . . Read more

・きはだやさんの絹唐棧、そして

2006-11-22 23:55:20 | きものばなし
きものばなしを書くのはちょっと久しぶりです。そして今までほとんどめったに、お気に入りの呉服屋さんを固有名詞で書いてこなかったと思うのだけど(当のお店がネット展開にあまり熱心でないこともあり)、ちょっと例外的に。今日うかがったお店が、期間限定でしか東京にいらっしゃらないのと、良心的過ぎるお値段に感動したので、ちょっと例外的に。 日本橋三越で26日までやってる「新潟展」に、十日町の染織工房「きはだや . . . Read more

・4日連続キモノ着用の新記録

2006-08-09 22:04:35 | きものばなし
去年までウチでは、家を猫だけにして開けるときは、熱中症が怖いのでエアコンをつけてました。そして、電気代に大汗をかく、と。 今年は(なんで今までなかったんだという)扇風機を導入。7月がやや涼しかったのもあって、今年の我が家は、まだほとんど冷房をつけてません。 そのせいで暑さに体が慣れたからなのかなんなのか、周りが「暑い暑い」というそばで私は「そーかー? まだまだこんなもんやあらへんのとちゃう?」 . . . Read more

・夏だ日本だ着物を着よう

2006-07-03 22:53:20 | きものばなし
悲しい話をずっとトップにしたくないと書いた矢先に、橋本元首相の訃報。なので、日常のどうでもいい話でトップ変えます(フットボールの話をしても、「あーイングランドがーなんでまたーまたーレッドカードで負けるかーーーーーー」という短調な話になってしまうので、それも避ける)。 七月になりましたっ! 着物人間にとっては、何のためらいも迷いもなく、夏の着物を着てれば誰にも文句言われない季節になりましたっ!(浴 . . . Read more

・なんだこの肩パッドは

2005-10-30 14:51:12 | きものばなし
洋服・着物ばなしです。 ふと思いたち、クローゼットの奥からしばらくご無沙汰だったジャケットとかスーツを取り出してみる。 まったくもう。 10年前のものはもちろん、7年前のスーツやらジャケットが、下手したら5年前のものでも、シルエットがぜんぜん今と違ってて全く使えない。なんなのこの肩パッドは!  (一度着たものは二度と着ないとか、去年のものを今年着るなんてとんでもないとかお考えの方には、理解 . . . Read more

・そしてまた ひとえの季節に

2005-08-31 13:56:53 | きものばなし
團十郎さん再入院の報に気を揉む今日この頃、8月が終わり往きます。 そして着物を着る人間にとっては、薄物の季節が終わる、と。カレンダーに縛られる衣替えの、この面倒くささと潔さ。これが着物の醍醐味のひとつかな、と。 よっぽど残暑が厳しいなら、まだ9月前半くらいまでは薄物でも(くだけた場なら)いいのかなと思うけど、さてどうでしょう。でも9月になって、水色と白のさわやか~な色目の絹紅梅とか、さすがに着 . . . Read more

・日本の夏 着物の夏

2005-06-26 22:48:59 | きものばなし
7月になれば、本格的に夏着物の季節です。わーい。夏の着物とは薄物、つまり透ける着物のこと(まずここが浴衣と違う。本来の浴衣は原則、透けない)。素材は絹、麻、芭蕉布(あこがれ……)、木綿などなど。 帯は先取りOKといわれるので、6月も20日を過ぎたあたりから、すでに帯は夏帯(これも透け感のあるもの)にしてるのだけど、着物があの透けるうすーいかるーいものに代わると、「夏っ!」って感じがします。 と . . . Read more

・やっぱり土方ってちょっと変わってると思ったこと

2005-04-21 12:33:24 | きものばなし
死装束で街を歩いてしまった己が恥を雪ぐべく、これでもかと用事を作ってはキモノを(正しい打ち合わせで)着ている今日この頃。 そういえばこないだ、へえ~と思ったことあり。 とある日曜日、どーーーーしても午前中に着物を着なきゃいけない(じゃない。「着たい」)イベントがあった。そしてその日の午後は、どーーーーーーしても出社して働く必要があった。午前と午後の間、帰宅して着替えてる時間は、微妙にない。つま . . . Read more

・左か右か 続

2005-04-12 22:25:53 | きものばなし
つい先日、「はやく単衣が着た~いい!」と騒いでいた自分が嘘のような、今日の東京のおお寒い。 なぜ着物は、襟のあわせが正面から見て「y」の形になる着方が正しいとされ、なぜこれを「右前」と呼ぶのか。話題を続けます。 善きサマリアびとの友人に引き続き、親切な人たちにいろいろと教えてもらってホクホクしてるので。 まず友達が、昨年9月24日付「週刊朝日」の記事を送ってくれた。題名は「着物の左前、なぜそ . . . Read more

・左か右か

2005-04-11 09:59:57 | きものばなし
自分にとってあまりに衝撃的に嗤える事件だったので、まだひきずります。左前事件。夢の中でも迷ってましたから。うーん、この着方は合ってるんだろうか、間違ってるんだろうか……って。 正しい着物の着方は(冷静になれば)分かってるつもりなので、それは横において。 どうして自分が、「左前」が正しい着方の呼び方だと思い込んでいたのか、考えてみる。 それは自分にとってはっきりしていて(思いこみが激しい粗忽者 . . . Read more

・地獄の淵から生還 「右前は死装束」? (しかしそれすらも間違ってをり)

2005-04-10 16:10:02 | きものばなし
大訂正。善きサマリア人から、親切なご指摘をいただきました。あまりの自分の愚かしさに頭かかえます。 「左前」こそが「死装束」なんですって! うわあああ…………あああ……あああ……いとしいしとぉぉぉ……(フェードアウト)。 つまり私はずっと、「左前」がどういう状態を差すのか、取り違えていた、と。正しくは、着物の前身ごろの左側が下、右側が上にくる着方が「左前」つまり「死装束」ですと。 生きてる人間 . . . Read more

・安いものを高く売っては…… そこには商魂しかない

2005-04-04 13:06:17 | きものばなし
ヨハネ・パウロ2世の死去が意外なほど自分の中にいろいろな思いをかきたてている今日この頃、全く無関係なことをひとまず走り書きます。 いや、着物のことですがね。 私が着物を着ていく場面は、歌舞伎座だったりなんだったりと、若干カシコマリ系が多かったため、今までずっと白足袋オンリーで通してきました。でも着物を着はじめてそろそろ1年、ラフな普段着おしゃれコーディネートもしてみよう、だったら色足袋・柄足袋 . . . Read more

・着る前に切るのがしつけ糸

2005-03-21 23:12:18 | きものばなし
本日の銀座・松屋8階にて。一緒にぶらついていた友人が「ちょ……ちょっとあれは……」と慌てている。 何事かと思えば要するにあれだ。髪を可愛らしく結い上げ、はやりの長羽織にアンティーク着物(なのかな)を着たお嬢さん(だと思う。顔はよく見えなかったので)の裾と、両の袖口に、生成りの木綿糸がぐるぐるっ……っと。 おやあうわあ……と驚きつつも、「言ってあげる?」「いやそれは……」「余計なお世話って恨まれ . . . Read more

・きものばなし ついにカテゴリ独立

2005-03-17 12:36:30 | きものばなし
開き直って、カテゴリ独立。 きもの熱に冒されてそろそろ1年。まだ1年にならないってのが、ちょっと信じられない気もするけど、あれは去年の5月だったから……(遠い目)。 桜待雨(こんな言葉はないと思う)の降りそぼつ折、そろそろ単衣や夏物のことを考えはじめているので、気分はぐるり1年を一巡した感じ。こないだ分不相応の大きな買い物をしてしまったせいもあって、ちょっと来し方行く末を振り返りたく。 ・着 . . . Read more