一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

「住宅最大のトラブル転じて福となす」 (1)

2006年12月02日 15時10分10秒 | 住宅最大のトラブル転じて
みなさん、こんにちは。ミタス一級建築士事務所の清水です。

先日2006年11月30日の「住宅最大のトラブル転じて福となす」の実例をお話いたしましょう。

ご主人様が事務所にお越しになり、建替えについてのお話をいていました。ミタス一級建築士事務所の設計監理やその他を依頼ご希望の方や、話を聞ききたいとご希望の方には、土日を含めて時間を予約して頂いて、事務所にお越し頂いています。

一度の話し合いでお決めになる方も多いですが、何度も話し合って決めることもあります。

この方の名前をAさんとしておきましょう。
予算的には通常の2階建て木造でも難しい状況の上に、準防火地区でご要望を満たすためには3階建て、ラーメン構造が必要でした。これであれば、通常の木造2階建てと比べると坪あたり10万円以上はアップします。

普段は、「あといくらくらいないと無理です…」と申し上げるところですが、

Aさんは「すべてお任せします。」「どんな家になっても良い」「内装仕上げが無くてもかまいません。」とまでおっしゃったので、

私も『以前行ったビフォーアンドアフターの建替え版のつもりで楽しんでやってみようか…』という気になってしまいました。(^^;)


スタッフからは、「え~!その金額では無理ですよ」と言われましたが、いつもの品質を確保した上でコストダウンをどこまでできるか試してみたくなりました。

どんなものでも良いとご主人様が言われても、奥様がどう思われているかがわかりません。その次の機会にお話をさせて頂きました。やはりお化粧無しでは抵抗があったようでした。通常の化粧程度はご希望でした…。当たり前ですね…。(^^;)


とにかくお受けし、すべての要望を満たして、さらにミタス一級建築士事務所としてのこだわりの品質は落とさず、床材は厚さ3センチの無垢材、屋根もコロニアルは使いませんので、ガルバニウム鋼板横葺、断熱材もいつも通りこだわり、バルコニーは2階、3階、両方付けて、最上階のペントハウスからはご主人様のご希望の屋上バルコニー、車は家の1階部分に2台止められて、中2階には天井高1.4Mですが大きな納戸、木質ラーメン構造、準防3階建て仕様の設計が完成しました。

一体いくら掛かるのか…、予想金額はありましたが、いよいよ業者からの見積もりを取ることになりました。



次回、その(2)へ続く



神奈川県横浜市  ミタス 一級建築士事務所のホームページ 
http://www.mitasu.com/



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 住宅と横断歩道と師走 | トップ | 住宅の上棟式について(1) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

住宅最大のトラブル転じて」カテゴリの最新記事